メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「かりゆしウェア沖縄物語」検索結果。

かりゆしウェア沖縄物語の商品検索結果全35件中1~35件目

送料無料
【送料無料】かりゆしウェア 沖縄物語 アダン柄|シャツ|アロハシャツ|かりゆし[日用品・雑貨 日用品 かりゆしウェア]

沖縄特産品本舗 楽天市場店

6,480

【送料無料】かりゆしウェア 沖縄物語 アダン柄|シャツ|アロハシャツ|かりゆし[日用品・雑貨 日用品 かりゆしウェア]

商品説明 沖縄生まれのかりゆしウェアをもっと身近に、もっと気軽にそんな想いから生まれたブランドです。 お召し上がり方 0 名称 かりゆしウェア 原材料 綿100% 原産地 沖縄県 内容量 0 賞味期限 0 保存方法 0 寸法 サイズ表は商品画像に記載 JANコード 0 発売元または製造元 パイプニット株式会社 かりゆしウェア 沖縄物語 アダン柄【送料無料】区分:日用品・雑貨 日用品 かりゆしウェア製造:パイプニット株式会社検索:かりゆし・ウェア・かりゆしウェア・カリユシウェア・アロハシャツ・クールビズ・COOLビズ・国産シャツ・シャツ・沖縄・シャツ・アロハシャツ・かりゆし販売:沖縄のお土産・お取り寄せ・通販なら沖縄特産品本舗かりゆしウェア 沖縄物語 アダン柄 沖縄生まれのかりゆしウェアをもっと身近に、もっと気軽にそんな想いから生まれたブランドです。かりゆしウェア 沖縄物語 アダン柄|送料無料|1枚あたり6480円(かりゆし・ウェア・かりゆしウェア・カリユシウェア・アロハシャツ・クールビズ・COOLビズ・国産シャツ・シャツ・沖縄・シャツ・アロハシャツ・かりゆし)

こちらの関連商品はいかがですか?

遠州綿紬・多色織りシャツ/富士の彩り 和の匠 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

14,040

遠州綿紬・多色織りシャツ/富士の彩り 和の匠 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

富士山の美しさを階調で表現富士山と聞いてまず頭に浮かぶのは、末広がりのシルエット。その中でも三河・泉州と並んで綿の3大産地として栄えた静岡県遠州地方から望む富士は、頂上付近の冠雪の神々しいまでの白さが印象的。ご紹介するのは、白から藍色に移ろう富士の山肌を遠州綿紬のグラデーションでストライプ調に表現したシャツです。遠州綿紬の始まりは江戸時代。遠州地方の温暖な気候と豊かな土壌は綿の栽培に適しており、農家の冬仕事として発展、明治時代には庶民的な織物として定着しました。現在、機屋は数少なくなったものの、遠州綿紬は独特の柄行きと優しい風合いで注目を集めています。こちらのシャツは緯糸に1色、経糸に4色の色糸を用いて山頂から裾野にかけての色の移り変わりを表現。緯糸はカラー「昼富士」に白練、「夜富士」に漆黒を、経糸にはいずれも紺青、納戸、瓶覗、月白と、十二単の襲に用いられる和の伝統色を採用し、昼と夜の異なる表情を上品な色合いでまとめています。遠州の熟練職人が昔ながらの低速織機で丁寧に織った生地の、ふっくらと優しい風合いも魅力。遠州地方から見る気高く美しい富士の姿を当地伝統の織技で味わう。これ以上の贅沢はないでしょう。

パイナップル柄のカジュアルシャツ ロック 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

17,820

パイナップル柄のカジュアルシャツ ロック 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

個性的な夏柄が魅力のシャツメンズシャツの老舗として知られる東京・上野の〈ロック〉は、熟練職人の手による丁寧な仕立てで、多くの紳士から絶大な支持を得ています。季節に合わせた素材選び、ことに夏物のシャツにおいては、薄くデリケートな生地の特性を見極めながら、裁断・縫製、仕上げまでを一貫して自社で行うことで、素材の持ち味を活かした美しい一枚に仕上げ好評を博しています。ご紹介するのは近年人気のパイナップル柄をモチーフに取り入れた夏らしさが漂うシャツ。パイナップルの表面や葉まで繊細に表現されており、国内プリントならではの高い技術が見て取れます。表面加工を施したサッカー調の生地は、凹凸によって豊かな表情が生まれ、涼しげな風合いも魅力です。デザインはワイドカラーの襟先にボタンを配したボタンダウン仕様。柄の雰囲気に合わせ、木彫り風の味わいのあるボタンを採用しました。裾部分はゆるやかな弧を描いており、ウエストインでも裾を出しても洒脱に着こなせます。イエロー系をベースにした優しい色合いは、着ると顔映りがよく、夏の普段着としてぴったり。軽やかな印象なのでリゾートでの装いにもお薦めです。

春色上品ウインドーペーンシャツ ロック 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

22,680

春色上品ウインドーペーンシャツ ロック 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

尾州の毛織物の妙味と職人の手仕事紳士淑女の“理想"とも言えるシャツを手がけている、東京・上野にある〈ロック〉。創業60年余の同ブランドは、扱う生地の特性を見極めながら、裁断、縫製、仕上げまでの工程を一貫して自社で行っており、熟練職人の丁寧な手仕事により作られるシャツは、当社でも支持を集めています。「手作業の工程が多いため大量には作れませんが、それだけに職人が磨き上げてきた技術が、一枚のシャツに結集されています。妥協せず“本当によいもの"を作る……。いつの時代も変わらない私たちの思いです」と語るのは代表の岩本一成さん。ご紹介するのは、岩本さんが尾州の織元に依頼した生地で仕立てたウール100%のシャツ。うっとりするような柔らかな風合いは、ウールの加工や織りにおいて高い技術を持つ尾州の毛織物ならではの妙味があります。さらに、ウォッシャブル加工を施しているので、ウールでありながらご家庭の洗濯機で手軽に洗えるのもポイントです。「職人魂に火が付く」格子柄の紳士シャツ。こちらは、大きめの格子柄が大人の雰囲気を醸し出す「春色上品ウインドーペーンシャツ」。昔ながらのションヘル織機でゆっくり織り上げた生地は、原糸に60番双糸の上質なメリノウールを使用し、滑らかな質感と優しい肌触りが心地よい。よく見ると無地部分は細やかなヘリンボーンの織り柄で、シンプルさの中にもさりげないこだわりが光ります。「チェックの柄合わせは職人魂に火が付くのです」という岩本さんの言葉通り、肩ヨークの切り替え部分や剣ボロ、ポケットなどの細部まで見事な柄合わせを実現しています。

細番手コットン・プリント半袖シャツ シュウメンズ 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

15,120

細番手コットン・プリント半袖シャツ シュウメンズ 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

着心地で選ぶ夏の洒落シャツ「地球に優しい服は、人に優しい服」をコンセプトに、品格と遊び心を備えた紳士のためのウェアを手がけるブランド〈シュウメンズ〉。上質な素材や着心地のよさにこだわり、オーソドックスながら多彩な糸使いや編みを駆使して生み出されるウェアは、他にはない趣向を凝らしたデザインで、常に紳士たちの熱い注目を集めています。ご紹介するのは、向日葵が咲いたような柄が夏らしいシャツ。素材には、ドレスシャツにも用いられるような細番手の綿糸を100%使用しています。ほのかな艶を湛えた生地にシワ加工を施し、ポコポコとした凹凸のある独特な表情に仕上げました。これにより肌に触れる面積が少なくなり、サラリとした爽やかな着心地が味わえます。深みのあるブラウン系のベースに、一面にちりばめた変形ドットプリントがどこか懐かしさを感じさせ、レトロシックな魅力を漂わせています。〈シュウメンズ〉ならではのセンスと大人の遊び心に満ちた意匠です。デザインはシンプルな開襟シャツ。一枚ですっきり着るだけでなく、Tシャツなどに羽織る着こなしもお薦め。淡い色のボトムスと合わせて、紳士の休日ならではの小粋な装いを愉しんでみてはいかがでしょうか。

吸汗速乾・台襟付ポロシャツ 林田 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

11,880

吸汗速乾・台襟付ポロシャツ 林田 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

機能素材で快適に。暑い季節に愉しむ長袖スタイル。カジュアルスタイルの定番ともいえるポロシャツ。デニムにもスラックスにも合わせやすい便利なアイテムのため、色違いで何枚か揃えている方も多いことでしょう。こちらは、「ひと味違うポロシャツが欲しい」と思う男性の洒落心に火を点けること必至の一着。車中やレストランなど「夏なのに肌寒い」という場面は意外とあるもの。暑い季節でも快適に着られる長袖シャツは、持っていると重宝するものです。まず目を引くのは、襟と前立てにシャツ風の布帛生地を配したデザイン。実はカフス裏もストライプになっており、長袖では暑い、という時に袖をまくった姿も実に洒落ています。もちろん、カフス部分のみを折り返してもよいでしょう。また、身生地には、素肌に心地よい肌触りの綿に加え、高い吸汗・速乾性を持つ機能素材、セオ・アルファ®を採用。汗をかいた時の快適さにもしっかり配慮しました。袖をまくるだけでなく、襟を立てて着ても決まり、前立ても長めで脱ぎ着しやすいのも嬉しいです。上品さがあるのでシーンを選ばず着ていただけます。

伝統工芸・阿波藍染めしじら織のシャツ 長尾藤太郎 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

21,168

伝統工芸・阿波藍染めしじら織のシャツ 長尾藤太郎 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

シボが快適なしじら織シャツ暑い時期に着る半袖シャツのよし悪しは、袖を通した瞬間にわかるものです。汗をかいても素肌に張りつきにくい肌触り、自然素材ならではの爽やかさ、さらには目にも涼しく、雰囲気も粋であるなら申し分ありません。ご紹介する「伝統工芸・阿波藍染めしじら織のシャツ」は、そのすべてを兼ね備えた贅沢で手の込んだ一枚です。阿波正藍しじら織は、国指定の伝統的工芸品ですが、その由来は蜂須賀旧藩主の時代に、一般市民が絹を着ることを禁じられたことから始まりました。そのために商人は木綿織物で外見を美しく見せるために工夫を凝らしました。古くから伝えられていたタタエ縞を参考に改良を加え、阿波特産の藍染料を使用し縞織物を製織しました。それを乾燥させるために戸外に干したところ、突然の雨に見舞われて濡らしてしまいます。そして晴れた後に日光のもとで乾かしたところ、布面に凹凸が生じたのだといいます。それにヒントを得て夏場に最適な衣料として大きな需要をあげ、明治2年「しじら」と命名されました。その逸話の通り、しじら織には独特のシボがあり、肌に触れる面積が少ないので清涼感のある肌触りが得られます。ご紹介するのは、阿波しじら織の巨匠で平成10年に黄綬褒章を、16年に旭日双光章を受章した長尾藤太郎さんが手がけた逸品。しじら織に「絣柄」「菊紋柄」を施した2趣。裾の両脇はスリット入りで動きやすく、左胸のポケットも便利で粋なシャツです。

尾州職人も驚かせた奇跡の45色ストライプシャツ ロック 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

28,620

尾州職人も驚かせた奇跡の45色ストライプシャツ ロック 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

職人技が実現させた奇跡のストライプ。色鮮やかなストライプが目を引くシャツ。何と45色もの色糸を使用しているという驚きの一着です。手がけたのは、東京・上野の〈ロック〉。熟練職人の手による丁寧な仕立てで、多くの紳士から絶大な支持を得ているメンズシャツの老舗です。生地の特性を見極めながら、裁断・縫製・仕上げまでを一貫して自社で仕立てたシャツには定評があります。こちらのシャツは、古くからウールと深い関わりを持ち、加工や織りにおいて高い技術を誇る尾州の織元に生地を依頼。当社創業45周年を記念し、45色のストライプを企画。さすがのベテラン職人たちもこの色数には唸ったそうです。一般的にひと柄に用いる経糸の本数は200~300本ですが、このシャツには何と、およそ十倍の2,350本を使用。経糸の整経工程に1週間から10日を要するだけでなく、45色もの色糸の入れ替えにも手間暇をかけました。さらに柄の乱れのないよう細心の注意を払って織り上げています。素材はしなやかで光沢があり、発色にも優れた80番サイロスパンを使用。細かいロットで糸染めした後、グレー系、赤系、ブルー系、パープル系など8つに分け、ブロックごとにグラデーションになるように構成しました。緯糸には黒を用いるとともに、縞はひとつ置きにチャコールグレーを配しているので、派手にならずに装えます。暖色と寒色を左右で対比させたデザインが秀逸。一枚で着るのはもちろん、ジャケットと合わせてさりげなく配色を覗かせるのもお洒落です。

快適素材の七分袖ラガーシャツ オールドフォレスター 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

16,200

快適素材の七分袖ラガーシャツ オールドフォレスター 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

体温を快適に保ち、七分袖も軽快。1960年代に一世を風靡したアイビースタイルの代表的なアイテム、ラガーシャツ。〈オールドフォレスター〉の一着。カジュアルになりすぎず、お洒落に着られると人気なのが、〈オールドフォレスター〉ならではの品のよいデザインです。上品な比翼仕立ての前立てに加え、襟には台襟が付き、隠しボタンダウンになっているので、一枚で着るのはもちろんのこと、ジャケットにも合うのが魅力。生地に使用したのはサーモクール®と呼ばれる快適素材。中空断面のファイバーと雲形断面のファイバーを組み合わせたもので、中空断面は衣服内の空気を閉じ込めて体温を保ち、雲形断面は吸湿・速乾性に優れ、そのために常に快適な着心地を作り出してくれます。こうした機能性を備えながらも生地に綿を合わせているので、肌触りがよいのもポイント。袖は七分丈なので冷えやすい肘や二の腕をエアコンの風から守ってくれます。また半袖ほどラフにならず、軽快さを残しながらも洗練された印象があり、大人のカジュアルスタイルを粋に演出してくれそうです。

尾州職人の総釣ジャカード絵画シャツ ロック 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

34,560

尾州職人の総釣ジャカード絵画シャツ ロック 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

職人技が実現した絵画のような一着まるで芸術家がキャンバスに描いた抽象画のように躍動感のある柄に目を奪われるシャツ。この美しい意匠が、なんとプリントではなくジャカード織りによって表現されているというから驚きです。手がけたのは、東京・上野の老舗シャツメーカー〈ロック〉。熟練職人が生地の特性を見極めながら、裁断・縫製・仕上げまでを一貫して自社で仕立てたシャツには定評があり、多くの紳士から絶大な支持を得ています。こちらのシャツは、古くからウールと深い関わりを持ち、加工や織りにおいて高い技術を誇る尾州の織元に生地を依頼。「入魂の逸品をジャカード織地で作ってほしい」という〈ロック〉のオーダーに、熟練職人がクリエイティビティを発揮して応えたものです。一般的なシャツの柄は同じ模様を繰り返すものが多いですが、今回は総釣りのジャカード織機を使うことにより、まるで一枚の絵画のような柄の生地を作り上げました。柄が大きいうえに配色も複雑であるため、紋紙の設計には試行錯誤を重ねたといいます。素材はしなやかで温かみのあるウール100%。多色使いながら上品なブルーとワインカラーを基調としたシックな配色でまとめているため、派手にならずに装えます。紳士用はシャツの基本を活かしたベーシックなスタイルで、左胸のポケットの柄合わせも美しい。ジャケットに合わせてさりげなく柄を覗かせるのもお洒落です。

老舗の三子撚りスビン綿・五分袖ポロシャツ IKIJI 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

16,200

老舗の三子撚りスビン綿・五分袖ポロシャツ IKIJI 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

世界屈指の高級素材と三子撚り糸が生み出した、その着心地、まるで“羽衣""ものづくりの街"として栄え、今もなお職人たちの手仕事が受け継がれている東京・墨田。この地で昭和25年に創業し、カットソー専業メーカーとして国内外の名だたるブランドの製品作りも手がけているのが「精巧」です。ご紹介するのは、同社が中心となり立ち上げたブランド〈IKIJI(イキジ)〉による一着です。〈IKIJI〉は"江戸の粋・職人の心意気"をコンセプトに掲げ、江戸の文化、日本人の美意識を現代に活かす"和のモダン化"を提案。墨田が誇る確かな技術力に裏打ちされた、オリジナル製品を生み出しています。「精巧」の代表・近江誠さんは、ブランド設立のきっかけについてこう語っています。「江戸時代、町人はつつましい生活を送っていましたが、そこには人情があり、人々は知恵を絞って愉しく暮らしていました。そんな心の豊かさを、墨田の歴史・文化を通して伝えたかったのです」。高級スビン綿のよさを最大限に引き出す“三子撚り糸"。「精巧」が長い年月をかけて開発に取り組んできたのが「日本人に似合う最高のポロシャツ」です。今回のポロシャツには「最高級の素材と製法を駆使してよそにはないものを創る」という意気込みのもと、素材に世界屈指の高級素材、インド産スビン綿を採用。この稀少な綿のよさを最大限に引き出すため、3本の糸を撚り合わせた“三子撚り糸"に仕上げ、柔らかくふっくらとした上品な風合いの生地を完成させました。「撚り合わせた糸の断面が綺麗な円形になるよう、糸の番手から撚る回数まで細かく指定し、試行錯誤を重ねました。この美しい風合いは、スビン綿のように繊維が長く細い糸でなければ生み出せないものなのです」。試編みを繰り返し3年越しで、完成した“22ゲージ"の編地。生地のゲージ数(編み目の大きさ)にもこだわり...

スポンサーリンク
スポンサーリンク