メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ちきりや」検索結果。

ちきりやの商品検索結果全3件中1~3件目

(ちきりや) CHIKIRIYA 綿注染手拭い(てぬぐい) 『鳳凰ひな兎』

Amazon

1,575

(ちきりや) CHIKIRIYA 綿注染手拭い(てぬぐい) 『鳳凰ひな兎』

平成29年 干支の酉(とり)年 ちきりやの手拭いの新作です。 ちきりや手拭いシリーズ!「鳳凰ひな兎」です。 ~鳳凰鳥の親と子の組み合わせで、 完成した物と新しく産まれるものの混ざり合う世界に、 チキリヤの兎が遊びにやって来た。~ 『混沌も森羅万象の理、せめぎ合いも付き物、 濁合わせて見晴らし良く、しなやかに生きてみよう。』 鳳凰とそのひな鳥、それに私共ちきりやの顔である『ちきり兎』を合わせ、 私共CHIKIRIYAからの願いも込めて『酉年の縁起物の手拭い』の絵図としました。 平成29年2016年が皆さまはもちろんのこと、 大切なご家族やご友人など、日々支えられている回りの方々も伸ばして、 皆関係者が幸せな年となりますように。 [参考] 酉(とり)年でも、2017年は「丁酉(ひのととり)」の年です。 「丁」には、「安定する」という意味があり、 植物が成長し一定の大きさに達して(安定して)きた状態を意味し、 「酉」は、果実が成熟の極限に達した状態を指すそうです。 ~手拭いは、とても便利で、昔の日本人の知恵が沢山つまっています。 拭いたり、巻いたり、飾ったり、包んだり、 食べる時や暮らしの中でいろいろな使い方があるので、 ぜひ自分ならではの使い方を見つけてみてはいかがでしょうか?~ ※ちきりやの手拭いは、江戸時代から続く伝統的な注染手拭いです。 表から見ても、裏から見ても同じように見え、 一般的なプリントと呼ばれる手法とは大きく異なります。 [お取り扱いのご注意] 注染は手染めのため、使い始めは、色落ちがございます。 お洗濯の際は、単独でたっぷりの水で手洗いをお願い致します。 また、お使いはじめに汗や摩擦により、色がうつることがありますのでご注意下さい。 使い込んでいくことで、独特な風合いをお楽しみいただけます。 ちきりやの手拭いは...

こちらの関連商品はいかがですか?

フリスクケース スワロフスキー クリスタル デコ 『Crystal Snow Stage2』 スワロフスキークリスタル ミントケース (シルバー台) ロング&トップセラー

Amazon

9,180

フリスクケース スワロフスキー クリスタル デコ 『Crystal Snow Stage2』 スワロフスキークリスタル ミントケース (シルバー台) ロング&トップセラー

【ロング&TOP人気フリスクケース】クリスタルデコが人気の理由♪~自分仕様が魅力のフリスクケース~エチケットもリフレッシュもタブレットにおまかせ 世界最高峰のクリスタルカッティング技術を誇るスワロフスキー社クリスタル使用ケース エチケットや気分転換の必需品・・・ミントタブレット。 キラキラケースで携帯。 クリスタルでデコレーションされたリッチデザインが魅力のクリスタルデコケース。 【デザイン】降りおちる雪をクリスタルにみたて、雪の結晶がクールにイメージされたデザイン ロング&トップセール人気にしていただいているデザインでもあります。。。 クリア・ブラックダイア・マットブラックや半透明カラー等も使用されています。 聖夜に広がり続けるスノークリスタル。。。 スワロフスキーの輝き艶やかにクールビューティーな印象。。。 クリスタル小物はリュクス感も大切。 アマラスラグジェが夜空に舞う煌きを紳士淑女達に贈ります。。。 (同シリーズの1st.デザインよりクリアとブラックのカラーコントラストが強くなっています。 それでもオパールストーン使いがクールな中にもエレガントさをキープしている艶デザイン☆) ========== 持っているだけで気持ちがあがる定評人気アイテム。 中身だけフリスク以外のタブレットやサプリに入れ替えられる方も♪ 記念日のギフトやイベントプレゼントにも喜ばれています。

おかげ手ぬぐい 七五三飾り 紅藤 (式年遷宮記念色) ◇伊勢木綿×伊勢型紙×注染め◇

Amazon

1,620

おかげ手ぬぐい 七五三飾り 紅藤 (式年遷宮記念色) ◇伊勢木綿×伊勢型紙×注染め◇

七五三飾り Shimekazari 万葉集には、「標縄(しめなは)」、古事記の中には、「尻久米縄(しりくめなわ)」という言葉が見られます。 一般的に「注連飾り」と呼ばれることが多く、一定の間隔で、藁を「三・五・七本」と垂らすため「七五三飾り」とも表記されます。 伊勢路の家々では、1年を通して玄関口に七五三飾り(しめかざり)を付け悪疫退散、厄除開運、家内安全の守護札として、また縁起物として飾られます。 所以は、数千年前の車のない時代、お嫁探しの旅で疲れ果て、伊勢にたどり着いた「すさのおの尊」を温かくもてなした「そみんしょうらい」。尊はめでたくお嫁さんを見つけて帰り、数年後に再度伊勢へ帰ってきて名を名のり、あの時のお礼にと茅輪を家にかけて厄災を退け、この男に子孫末代まで幸福を与えます。 そんな伝説がある「蘇民将来子孫家門」の七五三飾り、今も伊勢路の家々では、一年を通して玄関口に悪疫退散、厄除開運、家内安全の守護札として、また縁起物として飾られ、「蘇民の杜」、「晴明の森」と呼ばれる二見町の松下社では、「すさのおの尊」、「そみんしょうらい」をまつり、今も年末になるとシメ飾りが頒布されています

スポンサーリンク
スポンサーリンク