メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「アウトドアアウター」検索結果。

アウトドアアウターの商品検索結果全18件中1~18件目

撥水ウール・プレミュールダウンコート ムーレー (MOORER) アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

255,960

撥水ウール・プレミュールダウンコート ムーレー (MOORER) アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

撥水シベリア産ダウンの格別な温もりと、ロロピアーナ社製生地の品格を兼備。アウトドアで使われるダウンウェアとは一線を画す、スタイリッシュでハイクオリティな製品を手がける〈ムーレー〉。1999年にイタリアのヴェローナで創業以来、ラグジュアリーなコレクションを次々と発表し、今や世界の注目を浴びる高級ダウンメーカーとして名を馳せています。こちらのコートは、プレミュールダウンと名付けられた高品質なシベリア産ホワイトグースダウンを採用。イタリア政府の規定に従い、イタリア国内で殺菌洗浄するなど徹底して品質にこだわったもので、別格の暖かさを満喫していただけます。表地はイタリアの名門服地メーカー、ロロピアーナ社が自信を持って送り出したウール混の素材。カシミヤを加えて滑らかな風合いと上質な表情を際立たせたうえ、撥水性を持たせているので多少の雨にも対応します。襟にはレッキスラビットファーを配して保温性を高めると共に豪華さも演出。裏地の端にはゴールドのパイピングを施すなど隅々まで同社の美学とこだわりが息づく一着です。

こちらの関連商品はいかがですか?

フーデッドシュプールダウンコート ゴールドウイン アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

108,000

フーデッドシュプールダウンコート ゴールドウイン アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

防水 透湿〈ゴールドウイン〉の技と英知を結集。「快適」を追求した日本製防水ダウンコート。高機能なスキーウェアの研究・開発で培った、〈ゴールドウイン〉ならではの技術をさらに高度に昇華させるべく、富山の自社工場で大切に作り上げたプレミアムな一着です。遠赤外線輻射効果で格別な暖かさをもたらす光電子(R)ファイバー入りのダウンと、防水・透湿性に優れたゴアテックス(R)との強力なコンビネーション。その効果をさらに高めるべく、ダウンの偏りを抑える独自に開発したダウンバッフル構造を採用。全身をくまなく温める格別な着心地を実現しながら、寒さに敏感な背中と胸まわりはダウンの封入量を多く、またスマートなシルエットを保つために裾は少なくと、有効的に配分しています。接着バッフル構造なのでコールドポイントが少なく、しなやかかつ自然な着用感も秀逸。さらに動きやすさも徹底的に追求され、パターン設計やディテールにまでこだわり抜いたテクニカルな作りも圧巻です。白銀のシュプールをイメージした流れるような切り替えラインは、まさにスキーとともに歩んできた〈ゴールドウイン〉ならではのデザインです。

ライトウェイト・ブルゾン ストゥッテルハイム アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

21,600

ライトウェイト・ブルゾン ストゥッテルハイム アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

伝統的アウターをモダンにした軽やかに羽織れるブルゾン。〈ストゥッテルハイム〉は、2010年創業のスウェーデン発のアウターコートブランド。確固としたもの作りへの信念と創造性のもと、スウェーデンで愛されてきた伝統的なアウターコートを、モダンに進化させてきました。ご紹介するブルゾンは、同ブランドのセールスディレクターを務めるジョン・ラスター氏も愛用。氏にその魅力を伺いました。 「このブルゾンは、ラバーコーティングのフィッシャーマンズコートをベースに、街着として使えるよう、軽やかな着心地に仕立てました。生地は耐水性を備え、背面や脇にはベンチレーションを配し通気性を確保するなど、機能的に作り込んでいます。私はこのコートをさまざまなシーンで着ています。雨の時はもちろん、朝晩の冷え込む時などですね。ストックホルムは海に面しているので、海風がとても強い。そんな時にもウィンドブレーカーとして使えます。スウェーデンのことわざで“悪天候と呼ばれるものは無い。洋服の選択が悪いだけ"というのがあります。これは雨や雪が降っていてもそれに対応できるような服を着ていれば、天候も楽しめるという意味。それができるのがこの一着といえます」

大人の自転車散策ブルゾン マッセルバラ アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

31,320

大人の自転車散策ブルゾン マッセルバラ アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

吸汗・速乾自転車散策を想定した大人のための軽快ブルゾン。春の兆しを探しに、自転車で気の向くままに散策。そんな気楽なサイクリングや散歩に相応しいブルゾンを、〈マッセルバラ〉デザイナーの金田さんが考案。自身も自転車での散策時に愛用しているという、こだわりの一着です。「私は週末はウォーキング代わりに自転車散策を楽しんでいます。距離は3マイル(約4.8km)程度。自転車に乗りやすいことはもちろん、タウンウェアとしても着用できるのも大切ですね」とお気に入りの金田さん。自転車に乗るのに丁度いい短めの着丈で、第5ボタンを外すと裾さばきがさらに楽になります。裾のサイドにのみゴムを配することで締めつけ感を軽減し、適度な通気性も確保。襟付きなので軽快になりすぎず、大人が着るに相応しい仕上がりです。コットンと吸汗・速乾素材クールマックス(R)を組み合わせた生地を採用し、汗をかいてもサラッとした肌ざわりをキープ。袖にはロールアップ用のタブを備え、暑くなった際に、腕まくりをして着用できます。脱いだ際も、付属の収納袋にコンパクトに収納し、自転車の籠やバッグにポンと入れられて便利。明るいトーンの色合いは春の装いに合わせやすく、若々しい印象で着こなせます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク