メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「コート紳士」検索結果。

コート紳士の商品検索結果全20,400件中1~60件目

旅に便利なコンパクトダウンハーフコート ザンター 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

42,120

旅に便利なコンパクトダウンハーフコート ザンター 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

楽に持ち運びでき、軽やかに羽織れる一着裁断から仕上げまで国内一貫生産にこだわり、品質の高さをキープしているダウンウェア専門メーカー〈ザンター〉。ご紹介するのは軽くて持ち運びに便利な、淑女のためのダウンコートです。中わたに採用したのは、イギリス産のホワイトダックダウン。寒く厳しい環境にあるチェリーバレーで、栄養豊富な飼料により育てられたホワイトダックの羽毛は、柔らかくハリがあって空気を多く含み、保温性に優れているのが特徴です。この上質な羽毛を国内で再度洗浄し、塵や汚れを取り除いて使用。中袋を使わず軽量特殊高密度素材の生地を裏地側に配し、羽毛を充填して直接表地と縫い合わせることで袋状に仕立てました。表地には東洋紡の軽量素材、「シルファイン®」を採用。羽毛の飛び出しにも配慮し、約300g(Mサイズ)という軽さを実現。立体的なキルトパターンになっているので着た時に身体に優しく沿い、すっきりとした印象になるよう仕上げています。襟元のフェイクファーは取り外し可能。気候や着こなしに合わせて使い分けできます。背裏下部のファスナーポケットにコート自体をコンパクトに収納でき、楽に持ち運べて旅にも重宝します。

<サージュデクレ>コットンナイロン・ノンカラーモッズコート アウター

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

22,464

<サージュデクレ>コットンナイロン・ノンカラーモッズコート アウター

トラディショナル、ワーク、ミリタリーをベースにしたコレクションを展開する〈サージュデクレ〉。素材となる生地にこだわり、様々な染色や加工によって独自の世界観をつくり出す人気のブランドです。今回お届けするのは、襟先とフードのないノンカラー仕様のモッズコートです。生地はコットンとナイロンの細番手の糸を限界まで打ち込んだ超高密度のタイプライタークロスを使用。2回にわたり製品染めを施し、コットンとナイロンという異なる糸の発色を統一させています。ハリと美しい光沢感、深みのある色出しなど、〈サージュデクレ〉らしいこだわりのアイテムに仕上がっています。軽い一重仕立て、フロントはボタン&ジップのダブルクローズ仕様で、背面ウエスト部分にはシルエットをきれいに見せるためのゴムギャザーが入っています。モッズコートのフィッシュテール&ドローコード、アジャスタブル用スナップボタンも付いています。 ミリタリーコートの定番であるM-51は、かつてモッズに愛用されていたことから通称「モッズコート」とも呼ばれています。見慣れたデザインもフードを取り、襟をノーカラーにすることで、新鮮な印象になっています。カラーは落ち着いた雰囲気のあるネイビーをご用意しました。

<MOORER>ステンカラーコート/TARIK アウター

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

77,760

<MOORER>ステンカラーコート/TARIK アウター

エレガントな雰囲気とスタイリッシュなデザインで人気の〈MOORER〉から、スプリングコートとしても使えるステンカラーコート「TARIK」が到着しました。ダウンウェアと同様にステンカラーもタイトなシルエットになっています。マットな光沢感のポリエステルを表地に使用。襟の裏にはスナップボタンのチンフラップが隠されています。内側は、滑らかな肌触りの裏地や丁寧なパイピング始末がされていて、ジップポケットやボタン付きポケットなどを随所に配置。ラグジュアリーダウンの代表格ともいえる〈MOORER〉らしい仕上がりです。ラグランスリーブではなくセットインの袖付けなので、ジャケットの上に羽織ったときに腕が動かしやすくなっています。 生地やメタルボタンなど、各パーツにも徹底的にこだわることで生まれる極上のクオリティこそが〈MOORER〉の魅力。これまでは秋冬向けのダウンウェアが主体でしたが、今後はステンカラーをはじめ通年で使えるアイテムを拡充していく予定です。カラーはネイビーとベージュの2色をラインナップ。ともにビジネスの定番色なので、合わせるスーツを選びません。週末や休日には、ジーンズやチノスラックスとニットの上にスプリングコートのような感覚で羽織るのもおすすめです。

<MOORER>ウール・ダウンコート/MORRIS アウター

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

248,400

<MOORER>ウール・ダウンコート/MORRIS アウター

都会的な薫りを漂わせるスタイリッシュなダウンウェアを手がける大注目ブランド〈MOORER〉。アウトドアな雰囲気を微塵も感じさせないラグジュアリーなダウンジャケットを中心に展開するイタリア・ヴェローナ発の新鋭ブランドです。シャープなデザインはもちろんのこと、中綿に使うダウンやフェザー、ボディに使うアウトシェルや金具にまで徹底的にこだわった製品つくりを行なっています。特にダウンには並々ならぬこだわりを見せ、カナダ産の上質なダウンを使うことで、圧倒的な軽さと保温性を生み出しています。そんな都会派ダウンウェアの急先鋒として注目を集める〈MOORER〉からお届けするのは、ミリタリー風のデザインを持つダウンコート。アウトシェルには、ウール100%のロロピアーナ社製生地を使った贅沢な仕上がりの一着です。衿の内側にはラビットファーをあしらいラグジュアリーな雰囲気を醸し出しています。膝上までのミドル丈というサイズとウール100%の素材感を持つコートは、ウールコートの感覚でエレガントな気分で羽織れます。 一見するとまるでダウンウェアのように見えないほど、スタイリッシュな面持ちのロングコート。フロントは2列に釦を配置した珍しいダブルブレスト仕立てで、大きなフラップ付きポケットやハンドウォーマーのスリット、左袖のジップ付きポケットがマスキュリンな印象をつくり出しています。ラビットファーを付けたスタンド衿の裏側には、ベルトが付いているのでしっかり衿を立てて固定することも可能に。さらに内側のつくりも手が込んでおり、パイピングをあしらったりジップ付きのポケットや裾にはフラップ付きポケットまで用意。さらに背面にはドローコードが付いているので、ウエストをギュッと絞り込んで着用することも可能です。カラーは淡い色合いの「グレー」をご用意しております。イタリアを席巻する...

刺し子風キルティングコート 林キルティング 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

103,680

刺し子風キルティングコート 林キルティング 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

大胆なステッチ使いによる和モダンな美キルティング技術はこれまで、どちらかというとそのデザイン性より機能性という面で注目を集めてきました。生地と生地の間に薄いわたを挟み込み、ミシンなどで縫い合わせていきます。そうすることで中わたをズレにくくして、生地に保温性やふんわりとした柔らかさを持たせる、それが従来のキルティングに求められてきたものでした。そんな固定観念を覆し、キルティングをデザインの一部としてウェア作りを行っているのが、繊維産業の街として知られる大阪・岸和田市に拠点を置く〈林キルティング〉です。代表の林千尋さんは、「単純にキルティングを製造するのではなく、素材やデザインにこだわり、より付加価値の高いものを作りたい」と、キルティングの新しい可能性を追求したウェア作りを目指しています。ご紹介するのは、青森のこぎん刺しを思わせるような刺し子風のキルティングが愛らしいコートです。林さんが「和」をテーマに、キルティングの技術を駆使して生み出した柄は、まさに新時代のキルティングと言えるデザインです。ふっくらとした襟元とAラインのシルエットも可愛らしく、もちろんキルティングならではのぽかぽかとした暖かさを併せ持った着心地。寒い時期の防寒対策にもぜひお薦めしたい一着です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク