メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ジャケットメンズ最新」検索結果。

ジャケットメンズ最新の商品検索結果全6件中1~6件目

nau(ナウ) ダウンコート【nau COPENHAGEN TRENCH】

TOKYOlife

85,320

nau(ナウ) ダウンコート【nau COPENHAGEN TRENCH】

実は「nau(ナウ)といえばダウン!」というくらい、ブランドの代名詞として世界で浸透しているのがダウンジャケット。そんなダウンジャケットの最新作がTOKYO Wheelsに登場です。ショート丈が定番のシェルジャケット界に、長めの着丈が目を引く“COPENHAGEN TRENCH"。厳しい寒さながら、北欧のパリと比喩されるほど景観が素晴らしいデンマークの首都“COPENHAGEN(コペンハーゲン)"にちなんで名づけられた、アーバンスタイルのトレンチダウンコートです。nau(ナウ)お馴染みの耐水性を高めるDWR加工(耐久性撥水加工)施した、防水透湿性を持つオーガニックコットンとリサイクルポリエステルのブレンド素材の2レイヤーのシェルを採用。チェック柄のように見えるシェルの格子は、ランダムに設定されたリップストップ加工。引裂きに強くデザイン性も高い素材は、まさにnau(ナウ)の得意とするところ。フードはデタッチャブル仕様なので、パーカーとのレイヤード時や、スッキリ見せたい時などは外すことが出来ます。袖通りの良いポリエステル100%の裏地までも、チェックの総柄にするという見えにくいトコロまでしっかりと作りこんだプレミアムな一着。インサレーションには、650フィルパワーのリサイクルダウンを採用。リサイクルダウンの特性はエコのみならず、洗浄をしっかり施すことで新品のダウンと同等かそれ以上の品質のダウンなのです。この丈感にダウンをインサレートした防寒性は言わずもがな。バイヤーやスタッフが、個人的に購入しているところからもそのパフォーマンス、デザイン性の高さが伺えます。見た目とは裏腹の吸いつくような着心地は、一度袖を通したら病みつきになること間違いなし。

TONELLO(トネッロ) ラムウール3者混 メランジネイビーシングルニットジャケット【T-JACKET】

TOKYOlife

52,920

TONELLO(トネッロ) ラムウール3者混 メランジネイビーシングルニットジャケット【T-JACKET】

これナシには冬は超せません!話題のT-JACKET最新作!!エアリーな着心地と抜群のテーラードスタイルで魅了するT-JACKETから、今シーズンはラムウールジャケットをご提案。まずはボディに使われたメランジ素材にご注目。ジャージーのような伸縮性も魅力的な生地には、ポリエステル×ナイロン×ラムウールをブレンドした3者混生地を採用。イタリアンなブランドらしく、一つの糸や素材で終わらせないところが本当に憎い演出ですよね。表情豊かなメランジウールにはネイビーをベースとして、グレイッシュブルーの上品な色合いもブレンド。落ち着いた表情のジャケットはデニムからチノ、そしてドレススラックスまで幅広く対応できるのもオススメしたいポイントです。そして、いわゆる定番的なネイビージャケットというより、普段の着こなしに変化を付けられるテクニカルな一着に感じられるので、既にネイビージャケットをお持ちの方にもぜひお試しいただきたいところ。そしてT-JACKETが一番大切にしているシルエットとフィッティングも、従来通り日本人にピッタリとフィットしてくれるスリムフィットを採用しています。クラシカルな太めのラペルとニットジャケットというコトを忘れさせる構築的なシルエット、そしてウェストの絞りはややタイトめに攻めつつ着丈は短すぎず長すぎず丁度良いバランスを保っています。しかしながら、毎シーズンこのあたりのサイズ感だったりフィッティングには本当に感心してしまいます。出すところは出して、絞るところは絞り、トレンドをくみ取ったモダンなデザインセンスに彼らの実力を垣間見ることが出来ますね。エアリーな着心地と上品な存在感は、大人の冬を飾る素晴らしい一着となりました。ニット仕立てながらも、本気のテーラードシルエットを味わえるT-JACKETを、この秋冬もぜひお楽しみください。

TONELLO(トネッロ) 太畝コーディロイM43タイプジャケット

TOKYOlife

56,160

TONELLO(トネッロ) 太畝コーディロイM43タイプジャケット

T-JACKETの魅力がギュっと詰まった魅惑のM43ジャケット登場!ドレステーラーを母体とするTONELLOから、圧倒的なインパクトをもってリリースされたニットジャケット界の異端児ことT-JACKET。当初はやや奇抜?な演出で注目を集めていましたが、それが一過性のものではないことは既に証明済み。Tシャツのような軽快な着心地とプライス設定も見事でしたが、なんといってもここまで人気が出ているのはシルエットやデザインなど総合的な実力ということでしょう。ということで「異端児」改め「実力派」なトップブランドとなったT-JACKETから、今シーズンも今の時代に合わせた素材とシルエットを活かした最新コレクションが届きました。今回ご紹介するのは定番M43モデルを線の太い太畝コーデュロイで仕立てた1着。素材には先シーズンからイタリアで注目を集めている太畝のコーデュロイを採用。起毛した素材とブラウンカラーの色合いは秋冬らしいシーズン性を感じさせ、上質な生地感は武骨でミリタリーテイストのあるM43のデザインと絶妙に中和し、エレガンスな一面を覗かせてくれます。シルエットはT-JACKETらしいスリムなフィット感でウェストやアームホールをややタイトに設計。素材の特性上やや伸縮するので、ノンストレスの着心地となっています。ミリタリージャケットのジャンルはスタイリングとして王道なところではありますが、それを生地の素材感と色合い、そしてT-JACKETらしいジャケットスタイルで再構築した1着はこの秋冬のスタイリングに幅を出してくれるでしょう。

TONELLO(トネッロ) 5者混 ブークレ調ニットガウンジャケット

TOKYOlife

58,320

TONELLO(トネッロ) 5者混 ブークレ調ニットガウンジャケット

T-JACKETからトレンド感のある新モデルが登場!イタリア発のニットジャケットブランドT-JACKET。ドレステーラーのTONELLOから派生したコレクションブランドは、その確かな実力とユーモア溢れるアイディア、素材使いで一躍メジャーブランドとなりました。そんな彼らT-JACKETがお届けするこの秋冬の最新コレクションがガウンジャケットです。素材にはふわっとした質感が非常に気持ちよく、ついつい頬擦りしてしまいそう?!なほど秀逸なブークレ調の生地をセレクト。落ち着きのあるグレーとブラックをブレンドした奥行きのある色合いと、5者混から織り成す魅惑の着心地が紳士の身体を暖かく包み込んでくれるのです。デザインは今トレンドにもなっているベルテッドタイプのガウンジャケット。ミドルアウターのように着丈をヒップ下辺りまで伸ばしたレングスで、カーディガンの延長として気軽に羽織って頂きたいところ。秋口から初冬まで広く活躍してくれます。色気のあるルームウェアのような表情に、イタリアの繊細なデザインエッセンスをプラスした1着は、ニットジャケットの中でも特別な存在感を放ちます。また、ニットガウンのデザインとして袖丈はやや長めになっています。そして肝心のフィット感はややスリムな仕上がりとなっています。コチラのモデルのSサイズが、通常T-JACKETのXSとSの中間位のサイジングバランスと言った感じでしょうか。ブークレ調の厚みのある素材も相まって、身体にピタッとフィットして綺麗なシルエットが楽しめます。T-JACKETが新たに提案するトレンド感のあるニットガウンジャケットは今年注目のモデルの一つとなっています。

SOLIDO(ソリード) 超度詰め 鹿の子ジャージスラックスパンツ 【ATTINIO】

TOKYOlife

27,000

SOLIDO(ソリード) 超度詰め 鹿の子ジャージスラックスパンツ 【ATTINIO】

進化を止めないSOLIDOの最新作ジャージー【超度詰め 鹿の子ジャージ】。先シーズンの登場で瞬く間にスターダムに駆け上がったジャージースラックスが登場です。表面はシルケット加工を施し、上品な光沢と霜降り感を持たせることでラグジュアリーな高級感を演出してくれる超度詰め鹿の子ジャージーを使用したジャージースラックス。スラックスの名の通り仕様はスラックススタイルでビジネスにも応用可能。これまでも度詰め天竺ジャージー、コットンマナードといったオリジナルファブリックで人気を博すSOLIDOの最新素材だけに間違いなく“ラク"であり“格好良い"。素材に用いられた鹿の子。ポロシャツなどでよく耳にする生地の名前ですが、ドライタッチがシーズンにも心地良く決まるのです。同素材のジャケット、ウエストリブパンツ、ジレとともに4ピースアイテムとして揃えてもきっと出番は多いハズ。クールビズなアイテムとしてオンシーンでも活躍、その履き心地とシルエットでお休みの日にもつい履いてしまう、そんなアイテムなかなかお目にかかれません。↓↓同素材のジャケットとジレを組み合わせる事で、3ピースセットアップスーツをお楽しみいただけます↓↓

こちらの関連商品はいかがですか?

nau(ナウ) ウールダウンジャケット【UTILITY WOOL DOWN JKT】

TOKYOlife

58,320

nau(ナウ) ウールダウンジャケット【UTILITY WOOL DOWN JKT】

都市生活にアウトドアのテクノロジーを融合させるアーバンアウトドアウェアというジャンルをけん引する『nau』が手掛けた、ワークシャツモチーフのダウンジャケットです。生地を仕上げる際に、織物の組織を密にする縮絨加工を施すメルトンウールをシェル素材に採用。DWR(耐久性撥水)加工で撥水性を高めています。丈夫で保温性に富み、軽さの中に重厚感を持ち合わせる良質な質感。その手触りは柔らかいフェルトの様で、優しく身体を包んでくれます。ダウンの命ともいえるインサレーションには、700フィルパワーのリサイクルダウンが使われています。このフィルパワー値が高ければ高いほどダウンがかさ高いことを表しており、少ない量で多くの空気をため込めるので、軽量で保温性の高いダウンに仕上がります。スマートなシルエットにDWR(耐久性撥水)フロントジップ、ファスナー付きハンドポケット、デザインのアクセントにもなるフラップ付き胸ポケットがあしらわれ、袖口はギャザーカフス。裾のドローコードでシルエット調整も可能です。ごわつかないシルエットがサイクルシーンにも使いやすく、正しくアーバンアウトドアです。衣類用ネットに入れば、洗濯機での洗濯も可能なので、忙しい都市の中を生きる我々には非常に嬉しいポイントです。乾燥は、平置き陰干しでお願いしますね。

nau(ナウ) 撥水キルティングダウンベスト【UTILITY DOWN VEST】

TOKYOlife

31,320

nau(ナウ) 撥水キルティングダウンベスト【UTILITY DOWN VEST】

ポートランド発、アーバンアウトドアの金字塔、nau(ナウ)のダウンベストです。nauと言えば身幅が細めで美しいラインを描くシルエットが特徴ですが、それが最も生きるのがこのダウンベストです。今やインナーダウンは冬越しのためのマストアイテムと言えますが、nauらしい細身のシルエットと薄手に仕上げたダウンの恩恵で、着ぶくれを抑えスッキリと、そして暖かく冬を過ごせるのです。このダウンベストひとつあれば、冬はクローゼットの奥に仕舞われてしまう春秋アウターの実用時期を延ばすことが出来ます。襟はリブニット仕様。ジャケットの中でも襟周りがかさばることなく、かつ暖かく過ごせます。また部位によってマスの大きさを変化させた縦横のダウンステッチも高級感を漂わせます。素材は環境に配慮したリサイクルポリエステル65%+オーガニックコットン35%とした耐水加工済みポプリン(ブロード織り)生地。カジュアルさと機能性を両立させています。また650フィルパワーの暖かさを持ちながら、124グラムという抜群の軽さを実現。元パタゴニアや元ナイキのスタッフが関わるアイテムというのも頷けます。自転車の街ポートランドに思いを馳せながら、都市をクルーズ。そんなシーンが最もハマる、スタイリッシュなダウンベストです。

nau(ナウ) ストレッチサイクルジャケット【STRETCH CYCLE JKT】

TOKYOlife

28,080

nau(ナウ) ストレッチサイクルジャケット【STRETCH CYCLE JKT】

スタイリッシュなアーバンサイクルウェアを提案し続けるnau(ナウ)より、ライディング仕様のテーラードジャケットが登場です。少しタイトなシルエットは、nauらしいパターンとカッティングでとてもキレイなラインを演出。ストレッチ性のある素材なので窮屈感はほとんど無く、動きやすさと着心地の良さを感じていただけます。メインの素材には、リサイクルポリエステルを使用。環境に配慮した製品づくりを続けるnauならではのこだわりです。ライディング・シーンを想定したジャケットですので、若干袖のレングスは長め。袖口はスナップボタン2つの本切羽風仕立てです。暑くなったり、袖が長く感じた際は、まくりあげて着用してあげてください。フロントはボタンではなくジップとなっていますので脱ぎ着はらくらく。そのフロントジップを上まで締めて襟を立てればスタンドカラー風にも着用することができ、肌寒いときには風の進入を抑えてくれます。また、その襟裏にはリフレクターも忍ばせてあるので、夜間のライディング中などでも活躍します。ジャケットらしく裾にはセンターベントも用意。ポケットもフラップ付の物を左右に、ジップ付きのものも一つついて収納力は抜群です。※フラップ付のポケットには型崩れ防止のためしつけ糸が付いています。ご注意ください。また同生地のパンツもございまので、セットアップとしてもお楽しみいただけます。自転車用と悟られたくはないけど、自転車には乗りやすく、自転車を感じていたい。そんなワガママにこたえる快適ジャケットです

HERNO(ヘルノ) ピーチスキン グースダウン ミリタリートレンチコート【Rain Collection】

TOKYOlife

129,600

HERNO(ヘルノ) ピーチスキン グースダウン ミリタリートレンチコート【Rain Collection】

歴史から紐解き、再構築することで生み出される男の美学。HERNOより今回ご紹介するのは「BACK TO THE ORIGINS」をコンセプトに、アーカイブコレクションから抽出した本格ミリタリートレンチコート。今季初登場となる【Rain Collection/レインコレクション】から登場したこの一着。公式ではレインコートのカテゴリーに区分されるヘリテージトレンチは、どの状況下でも紳士を守り、そして品格のある佇まいを演出します。まず注目はアーカイブから再構築されたデザイン。昨シーズンのトレンチモデルより、着丈をやや長くすることで今の気分にもピッタリのテイストになった今作。スリムなフィット感は変わらずに、ダウン内蔵とは思えないスマートなラインは、HERNOらしい秀逸なスタイリングとなっています。また、カーキ調のブラウンといった絶妙な色合いを表現するピーチスキン素材を採用。肌触りが非常に気持ち良く、マットな質感で上品な風合いを表現しています。もちろん、表面には撥水加工を施すことで雨やホコリなどの対策も万全。左右非対称でデザインされたフロントには右胸にストームフラップを採用し、ショルダー部分には短めのエポーレットを配置。ヨークには大ぶりのストームシールドを設けており、トレンチらしいスタイリングが光ります。また、右胸のストームフラップやヨークのシールドなどは水の浸入を防ぐ構造になっているので、レインコートの役割を十二分に果たしてくれる機能的デザインとなっています。また、ベルトにはズレ防止のボタンループが留められており、クラシカルなデザインでは当たり前だったディティールもしっかりと踏襲しています。そして軽量であり高い保温性を保つインナーにはグースダウン&フェザーを採用し、着丈の裾まで余すところなくしっかりと張り合わせているのも見逃せません...

CAPE HEIGHTS(ケープハイツ) ダウンモッズコート【EASTFORD Jacket】

TOKYOlife

69,120

CAPE HEIGHTS(ケープハイツ) ダウンモッズコート【EASTFORD Jacket】

今シーズンよりHUMIDiTに仲間入りした、アメリカはニューイングランド州からライフスタイルプロダクトお届けする“Cape Heights(ケープハイツ)"より、ブランド立ち上げ当初から続く代表的なダウンコートがいよいよ登場です。“Cape Heights(ケープハイツ)"のコレクションの中でも一番着丈が長く設定されているEASTFORD(イーストフォード)。モッズコートを彷彿とさせるフィッシュテールに、アウトドアウェアらしい機能性を掛け合わせた都市型ダウンコートです。コットン80%、ナイロン20%の80/20クロスを使用し、表面には撥水性の高いテフロンコーディングを施しています。襟元も高めに設定され、袖口も隠しリブが施されているので防風性も非常に高く、その暖かさはバッチリ保証します。さらにフロントファスナーに加え、スナップボタンで留められるウィンドフラップも装備しているので、冷たい風に限らずちょっとした雨も侵入を許しません。また、そのファスナーは上下から開閉が可能なので、着座姿勢の時や動くシーンなどでは下部からファスナーを開けてあげると苦しさがありません。両脇には中身の落下を防ぐファスナー付きの大型ポケットがあり、冷たくなった手を温めるハンドウォーマーポケットとしても活躍します。シルエットはスッキリとしたスリム目な作りで、一見するとダウンコートとは思えないスマートさが魅力的。でも、裏側を見るとしっかりとダウンパックが入っており、ちゃんと保温してくれます。カジュアルにデニムスタイルや、ジョガーパンツと合わせたワンマイルコーデ、キレイ目コーデのアウターとしても重宝すること間違いなし。今年の冬はEASTFORD(イーストフォード)で乗り切りましょう。

HERNO(ヘルノ) ダウン入り GoreTex ステンカラーコート【Herno Laminar(ヘルノラミナー)】

TOKYOlife

95,040

HERNO(ヘルノ) ダウン入り GoreTex ステンカラーコート【Herno Laminar(ヘルノラミナー)】

ギアとモダンの調和、HERNO(ヘルノ)Laminarシリーズ。2012年にHERNO(ヘルノ)から満を持して誕生したニューラインがHERNO(ヘルノ) Laminarシリーズ。デザインディレクターにACRONYMのErrolson Hugh(エロルソン・フュー)を起用し、HERNOのモダンで機能性ある伝統のダウンコートを新しい切り口で再構築する事で、さらに一歩先のハイファッションへと昇華させました。現在そのデザインはErrolson Hugh(エロルソン・フュー)からHERNOチームへと継承され、大人のモダンな都市型ハイブリッドアウターを世に送り出しています。コチラはLaminarシリーズ定番のダウン入りステンカラーコート。特筆すべくは何といっても高機能素材を惜しみなく注ぎ込み、モダンで美しいHERNOにより一層の機能性を付加したところ。どんな環境下でも我々を魅力的に引き立て、暖かく包み込んでくれるのです。表生地には高機能素材"GORE-TEX"を採用して、防水耐久性、防風性、透湿性を備ることでファッションアイテムの領域を超え、体を守る防護性と快適性を実現。さらに内側にはHERNOの超軽量ダウンを使用し、十八番である"軽くて暖かい"着心地を提供しています。内側ファスナーポケットは止水ZIPを採用、その下にはシームレステープで取り付けられたフラップポケットを2つ配置。機能性とファッションアイテムとしての役割を深く追及することで無駄なデザインは削ぎ落とされ、シンプルかつスタイリッシュな一着に仕上がっています。天候条件によって左右されないLaminarシリーズはビジネスシーンからカジュアルシーンまで何時でも私たちを暖かく守ってくれます。シンプル イズ ベスト。現代に生きる私たちにはこの洗練されたデザインと究極の機能美を合わせ持つコートが最...

KIRED(キーレッド) カシミア ロングダウンフードコート

TOKYOlife

190,080

KIRED(キーレッド) カシミア ロングダウンフードコート

ボディ全てを包み込む史上最高に贅沢なロングダウンコート。Kiton(キートン)のアウターブランドとして2015年秋冬に誕生したKIRED(キーレッド)。今シーズンJediaに初登場したKIRED(キーレッド)は、立ち上がりこそ2015年と最近ですが、製造はイタリアのパルマにあるワンダーランド社で行われ、1986年より続く確かな縫製技術があるなど、Kiton(キートン)グループとしてその高いクオリティは保証済み。 今回ご紹介のモデルは、彼らの新作コレクションの中で最もエレガンスな存在感を放つラグジュアリーダウンです。ボディの素材にはロロピアーナ社の中でもトップクラスのカシミア素材をセレクト。ロロピアーナ社が提供するカシミアは中国北部とモンゴルで採れるカシミヤに限定しており、その地域で採れるカシミア生地は世界的にも最高級品として認められています。ロロピアーナ社のカシミヤはヒルカス山羊の下毛から作られており、毛足が程よく長く、滑らかで柔らかな毛並みが特徴。優しすぎるタッチに着るだけで笑顔がこぼれてしまうはず。名門ロロピアーナ社のファブリックは非常に高品質で、内側のタグにはKIRED(キーレッド)とロロピアーナ社のハガキを模したデザインも面白く、自然と所有欲を満たしてくれる演出も彼ららしいところですね。また、非常に軽量で暖かみのあるダウンには高品質のフィルパワーを誇るグースダウンとフェザーをブレンドしています。ふわっと軽やかなダウン&フェザーは、スリムなシルエットを実現しながら着膨れを防ぎ、KKIRED(キーレッド)が得意とするエレガンスなスタイリングを楽しむことが出来ます。次にシルエット&フィッティングをチェックしていきましょう。一見するとボリュームのあるダウンに見えますが、実際は非常にスマートなシルエットバランスとなっています...

EMMETI(エンメティ) 袖ニット ムートンダウンブルゾン(マットナイロン)【CORRADO】

TOKYOlife

150,120

EMMETI(エンメティ) 袖ニット ムートンダウンブルゾン(マットナイロン)【CORRADO】

男が惚れる究極のラグジュアリーダウンに出会ってしまいました。「エレガンテ・スポルティーヴォ」をコンセプトにする、イタリアはフィレンツエの「EMMETI(エンメティ)」からラグジュアリーでセクシーなダウンジャケットをご紹介です。 レザーとファー、レザーとファブリックなど、高級素材を巧みに組み合わせることを得意とするEMMETI(エンメティ)から登場したのはニット×ムートンのラグジュアリーダウン【CORRADO】です。今季のEMMETIからJediaのセレクトは大人の為のラグジュアリーなモードスタイルを楽しんで頂こうと、ブラックカラーでセレクトしてまいりました!【CORRADO】はEMMETIが得意とする異素材ミックスを施したセクシーなダウンジャケット。定番ムートンダウンをベースに、袖をニットの異素材で切り替えたブランドらしい一着です。袖のニットは肉厚なミドルゲージでストレッチ性のある上品な仕上がり。ボディにはダウン×フェザーを採用した軽量で暖かいダウンが身体を優しく包み込み、首元にはEMMETIらしさが光るムートン素材を採用しています。シルエットはダウンジャケットながら全体的にコンパクトな作りとなっており、スポーティかつエレガンスに着こなして頂けます。また、フード部分はスナップボタンによって取り外し可能となっており、スタンドカラーで楽しんでもフーディスタイルでアクセントを付けて頂いてもOK。「エレガンテ・スポルティーヴォ」を見事に体現するEMMETIで極上のひと時を楽しんでみてはいかがでしょう。↓↓関連記事も合わせてご覧下さい↓↓

HERNO(ヘルノ) テーラードダウンジャケット【Herno Laminar(ヘルノラミナー)】

TOKYOlife

95,040

HERNO(ヘルノ) テーラードダウンジャケット【Herno Laminar(ヘルノラミナー)】

ギアとモダンの調和、HERNO(ヘルノ)Laminarシリーズ。2012年にHERNO(ヘルノ)から満を持して誕生したニューラインがHERNO(ヘルノ) Laminarシリーズ。デザインディレクターにACRONYMのErrolson Hugh(エロルソン・フュー)を起用し、HERNOのモダンで機能性ある伝統のダウンコートを新しい切り口で再構築する事で、さらに一歩先のハイファッションへと昇華させました。現在そのデザインはErrolson Hugh(エロルソン・フュー)からHERNOチームへと継承され、大人のモダンな都市型ハイブリッドアウターを世に送り出しています。そして、今回ご紹介のモデルはHERNO Laminarでも定番人気のテーラード型ダウンジャケット。今季のカラーリングには黒に非常に近い色合いですが、僅かに青味があるダークネイビーをセレクト。GORE-TEXのラミナーシリーズで最も柔らかいWIND STOPPER素材を使ったダウン入りのジャケットモデルはダウンのボリュームが"多過ぎない"ところがポイントともいえるスマートなダウンジャケット。保温性を高く保ちながらも、浸透性も非常に高く着用時も蒸れることなく快適に過ごすことができるWIND STOPPER素材。ダウンとは思えないスリムフィットのシルエットはジャケットから防寒用アウターとして幅広く活躍してくれます。前身のファスナーを上げれば密閉性も高まり防寒という機能を果たし、ボタンで留めればテーラードジャケットとしてもビジネスシーンで使用可能。左胸にはチーフポケットを完備しテーラードジャケットへのデザインも忘れていません。さらに、内側にもファスナーポケットを配置し使い勝手にも考慮した作りは、トラベルをコンセプトにするHERNOならでは。「ON・OFFともに非常に汎用性の高いモデル...

EMMETI(エンメティ) ナッパムートンダウン(シャイニーナイロン)【LIVIO】

TOKYOlife

150,120

EMMETI(エンメティ) ナッパムートンダウン(シャイニーナイロン)【LIVIO】

男が惚れる極上のナッパレザーを採用したラグジュアリーダウンが登場です。「エレガンテ・スポルティーヴォ」をコンセプトにする、イタリアはフィレンツエの「EMMETI(エンメティ)」からラグジュアリーでセクシーなダウンジャケットをご紹介。レザーとファー、レザーとファブリックなど、高級素材を巧みに組み合わせることを得意とするEMMETI(エンメティ)から登場したのは、ナッパレザー×ムートンのラグジュアリーダウン【LIVIO】です。【LIVIO】はEMMETIが得意とする異素材ミックスを施したセクシーなダウンジャケット。定番ムートンダウンをベースに袖と各パーツに上質なナッパレザーの切り替えしを施し、エレガンスでスポーティな一着に仕上がっています。ボディにはダウン×フェザーを採用した軽量で暖かいダウンが身体を優しく包み込み、首元にはEMMETIらしさが光るムートン素材を採用しています。シルエットはダウンジャケットながら全体的にコンパクトな作りとなっており、スポーティかつエレガンスに着こなして頂けます。イイ物を数多く見て感じてきた皆様にも、間違いなく納得して頂けるEMMETIのムートンレザーダウンは、我々Jediaスタッフ一押しの逸品です。「エレガンテ・スポルティーヴォ」を見事に体現するEMMETIで極上のひと時を楽しんでみてはいかがでしょう。↓↓関連記事も合わせてご覧下さい↓↓

MOORER(ムーレー) ラビットファー付 ダブルダウンジャケット【SIRO-KM】

TOKYOlife

194,400

MOORER(ムーレー) ラビットファー付 ダブルダウンジャケット【SIRO-KM】

確かにハイプライスなのは事実かもしれません。ですが、それに見合ったモノ作りへの拘りは唯一無二でしょう。他を探しても同じ物は見つかりません。我々がご提案させて頂く、最高級アウターをご堪能ください。Jedia初登場はもちろん彼の地イタリアから。最高級ダウンMOORER(ムーレー)が初登場です。MOORER(ムーレー)は、1999年にイタリア・ヴェローナにて創業した、最高級アウターブランド。そのイタリア最高級アウターの一つMOORER(ムーレー)の人気モデル【SIRO-KM】をご紹介させて頂きます。シンプルさの中に宿る価値の追求と挑戦を続ける彼らの拘りは素晴らしく、Made in Italyを貫く姿勢にも表れています。ブルゾン全体をラグジュアリーに包み込む高級素材には二重染色による美しい【SHAPE MEMORY PES】という形状安定ポリエステルを採用。撥水加工も施しており、シワになりづらく汚れなども付きにくく、ラグジュアリーな表情と実用性を兼ね備えた素材です。また、中綿にはプルミュールダウンという最高レベルのフィルパワーを誇るホワイトグースを存分に使用し、軽量でありながら抜群の保温性の高さを実現しています。さらに、細部に至るディティールにも並々ならぬ拘りがあるのです。ボタンやファスナーなども最高品質の特注品を使用しており、全てにおいてハイクオリティを実現する至極のダウンは、細部にまで作り手の意思を宿らせたホンモノの一着。デザインにはミリタリーテイストをベースとしたダブルタイプブルゾンを用いており、襟後ろには防寒性を高めるベルトを配置し、首元には取り外し可能なラビットファーを付属。首元への高い保温性をキープすると共に、ラグジュアリーなデザインと非常に滑らかで気持ちの良い肌触りがエレガンスなアクセントなっています。また...

TATRAS(タトラス) ワッシャーナイロン ブロックキルティングダウンブルゾン【FORATO】

TOKYOlife

97,200

TATRAS(タトラス) ワッシャーナイロン ブロックキルティングダウンブルゾン【FORATO】

TATRAS定番モデルのスポーティエレガンスなダウンジャケットをご紹介。ブロックキルトのダウンパックでダウン特有のボリュームを抑え、スタイリッシュで大人の雰囲気を持つスポーティーエレガンスなダウンジャケット。フードの着脱で違った表情も楽しめるアイテムです。ワッシャーナイロンのシャカシャカっとした光沢のあるドライタッチな生地を採用。強撥水加工を施しており、雨天時でも快適に過ごせると共にホコリや汚れがつきづらいのも特徴の一つ。シルエットはスリムフィットのフィット感でTATRASらしいシャープなシルエットはどのスタイルにも相性抜群です。TATRASのダウンは、水鳥の胸元のダウンボールを使用し通常のダウンと違い保温性に優れ、軽く柔らかいダウンを使用しております。 ダウン自体の反発の値を表すフィルパワーは通常「500フィルパワー」が高品質とされており、TATRASのダウンは「800フィルパワー」となり最高品質となっています。こちらのモデルは正規輸入代理店タトラスジャパン社より入荷しております。すべての商品に正規品であることを証明するGuarantee(ギャランティ)カードが付属しています。・Guarantee(ギャランティ)カード付属・ロゴ入りハンガー付属↓↓関連記事も合わせてご覧下さい↓↓

MOORER(ムーレー) ウールカシミア ダウンベスト【OLIVER-L】

TOKYOlife

118,800

MOORER(ムーレー) ウールカシミア ダウンベスト【OLIVER-L】

Jedia初登場はもちろん彼の地イタリアから、MOORER(ムーレー)が初登場です。MOORER(ムーレー)は、1999年にイタリア・ヴェローナにて創業した、最高級アウターブランド。そのイタリア最高級アウターの一つMOORER(ムーレー)の人気モデル【OLIVER-L】をご紹介です。シンプルさの中に宿る価値の追求と挑戦を続ける彼らの拘りは素晴らしく、Made in Italyを貫く姿勢にも表れています。ブルゾン全体をラグジュアリーに包み込む高級素材には、高級服地メーカーとして名高いLoro Piana(ロロ・ピアーナ)社がオリジナルで開発した、高機能加工であるストームシステムを採用し、既存のラグジュアリーダウンとは一線を画すハイスペックなダウンジャケットへと昇華しています。今回ご紹介の【OLIVER-L】モデルのベースとなる最高級生地には、繊細でいて柔らかい上質なヴァージンウールとカシミア素材をブレンドしたものをセレクト。その高級ブレンド生地に、高機能ストームシステム加工を採用することで繊細な表情を長くキープすることができるのです。また、中綿にはプルミュールダウンという最高レベルのフィルパワーを誇るホワイトグースを存分に使用し、軽量でありながら保温性の高さを実現しています。さらに、細部に至るディティールにも並々ならぬ拘りがあるのです。ボタンやファスナーなども最高品質の特注品を使用しており、全てにおいてハイクオリティを実現する至極の一着は、細部にまで作り手の意思を宿らせたホンモノの一着なのです。デザインは極力無駄を省いたシンプルなダウンベストとなっており、ダウン特有のボリューム感は抑えられ非常にスマートなデザインとなっています。また、フロントはオリジナルのダブルファスナーを採用しており、内側左右にファスナーポケットを配置し収納力も確保し...

EMMETI(エンメティ) ニットスリーブ ムートンダウン【ALFIERO/アルフィエロ】

TOKYOlife

205,200

EMMETI(エンメティ) ニットスリーブ ムートンダウン【ALFIERO/アルフィエロ】

最高級素材を贅沢にMIXしたラグジュアリーダウン「エレガンテ・スポルティーヴォ」をコンセプトにする、イタリアはフィレンツエの「EMMETI(エンメティ)」からラグジュアリーでセクシーなダウンジャケットをご紹介です。レザーとファー、レザーとファブリックなど、高級素材を巧みに組み合わせることを得意とするEMMETI(エンメティ)から登場したのはニット×ムートン×レザーのラグジュアリーダウン【ALFIERO/アルフィエロ】。【ALFIERO/アルフィエロ】はEMMETIが得意とする異素材ミックスを施したセクシーなダウンジャケット。定番ムートンダウンをベースに袖をニットで切り替えた贅を惜しまない究極のラグジュアリ—ダウンとなっています。まずは気になるフィッティング&シルエットバランス。取り外し可能なフーデットを採用した【ALFIERO/アルフィエロ】は、スリム&タイトなフィッティングでダウン特有のモコモコっとしたアウトドアな雰囲気は一切ありません。タイトフィットのラインを描く綺麗なシルエットは、随所にブレンドされた高級素材の魅力と相まって非常にエレガンスな表情を魅せてくれます。着丈は丁度ベルトが隠れる位の絶妙な長さのショート丈となっています。そして随所に見られる異素材にもご注目。ボディにはダウン×フェザーを採用した軽量で暖かいマットなナイロンダウンをベースにしています。身体を優しく包み込む高品質のダウンは、ムートンの重量も加味して軽量に作られています。また、一番の特徴である贅沢に使われた例の「アレ」にも注目していきましょう。デザインの全てを左右すると言っても過言ではない凛々しい佇まいと、ラグジュアリーな色気を醸し出すのはEMMETIの真骨頂でもある上質なラムムートン。ラムムートンといえば羊革。あの毛並みそのままのくるくるっとしてふわふわっとし...

TATRAS(タトラス) Botto Giuseppe(ボットジュゼッペ)社ウールダウンブルゾン【GIACINTO】

TOKYOlife

118,800

TATRAS(タトラス) Botto Giuseppe(ボットジュゼッペ)社ウールダウンブルゾン【GIACINTO】

TATRAS(タトラス)十八番のアーバンに着こなせる極上ダウンをご紹介致します。TATRAS(タトラス)はイタリア・ミラノに拠点を置き、イタリア・ポーランド・日本のコーポレートブランドとして2006年よりスタート。イタリアにデザインチームを置きながら、各拠点も企画に参画する独特な手法がとられています。ブランドを一躍有名とさせたのはドレッシーダウンと称される高級・高品質なダウンジャケット。TATRASのダウンボールは水鳥の胸元のため、通常より軽く柔らかく保温性に優れます。 ダウン自体の反発値を表すフィルパワーは通常「500フィルパワー」が高品質とされますが、TATRASのダウンは「800フィルパワー」となり最高品質となっています。今作はブランド定番にして一番人気のフード付きブルゾンスタイル。まずはダウンジャケットとは思えない程のスマートなシルエットにご注目下さい。ブロックキルトのダウンパックを採用することでダウン特有のボリュームが抑えられ、スポーティーながらエレガントで大人っぽく着こなせる仕上がりです。フードは着脱可能になっており、異なる表情がお楽しみいただけます。フロントはダブルジップ仕様のため、インナーに合わせて締め具合が調整できるのも嬉しいですね。そして表地にはイタリア Botto Giuseppe(ボットジュゼッペ)社のウール素材を使用しています。イタリア・ビエラ地区に位置するBotto Giuseppe(ボットジュゼッペ)社は、その風合いと原料の良さから高級メゾンが重宝することで知られます。繊細な杢調表現が柔和なエレガンスを生み出しており、通勤でも休日でも幅広く対応してくれることでしょう。その上、撥水加工が施されており機能性もバッチリ。その副次的効果として通常のウールより汚れがつきにくくなっています。それ故...

LARDINI(ラルディーニ) ウール 3Bチェスターコート【SP】

TOKYOlife

129,600

LARDINI(ラルディーニ) ウール 3Bチェスターコート【SP】

「僕らにはこのコートさえあれば良い。」そう思わせる風格は只者ではありません。LARDINIから完成されすぎた大本命の一着が今年も登場です。昨年、泣く泣く断念した皆様へ。もしくは秋冬のコートを迷っている皆様へ。大変お待たせいたしました。今では紳士の装いに欠かす事の出来ないチェスターコートをご紹介致しましょう。絶対定番だからこそ、アイテム選びに慎重になってしまう気持ちは痛いほどに分かります。もし、少しでも迷っているのならLARDINIのチェスターコートは絶対にオススメで御座います。いわゆるスポルベリーノとも呼ばれるLARDINIのコートは、アンコンのコートとしてカジュアルな装いをドレスアップし、ドレススタイルにも品格を与える優秀な逸品です。スーツスタイルからカジュアルスタイルまで幅広く対応できる一流プレイヤーは、紳士のライフスタイルに合わせて、いつまでも最高のパートナーとなってくれるでしょう。素材には艶のある上質なウール100%を採用しており、滑らかな手触り、毛並み、発色は遠目からでも別格の存在感を感じさせるほど。そしてクラシカルな雰囲気ある定番のチェスターコートですが、LARDINIのパターンメイキングは本当に安心感があります。脇の下から腰ポケットに向かってはダーツが入っており、ウェストが自然にフィットするように丁度良くシェイプされ、スタイルを良く見せてくれる秀逸なデザインとなっています。そして、腰ポケットは斜めに向かって付いてるスラントポケットを採用。寒い真冬に手を出し入れし易くしつつ、モダンでありながらスポーティーなイメージへとアップデート。さらに着心地の「柔らかさ」と「軽さ」を存分に体感して貰うべく、背抜きにする事で理想の着心地を実現。肩のトップから膝上のラインにかけてスッーと伸びる綺麗なAラインはスタイルアップをより一層引き立て...

Soundman(サウンドマン) ベルデッド・ステンカラーコート【Ashley】

TOKYOlife

89,640

Soundman(サウンドマン) ベルデッド・ステンカラーコート【Ashley】

膨大なヴィンテージウェアをコレクションするSoundman(サウンドマン)のデザイナー“今井千尋"氏のアーカイブの中から生み出された、デタッチャブルタイプのステンカラーコート。メインのファブリックには、オイルドコットンで有名な英国ミラレーン社の生地を使用。でも、オイルっぽく見える素材感ながら、実はオイルを使用しておらず、特殊な撥水加工を施したDRIDENというコットン生地を採用しています。なので、オイルドクロス特有の臭いやベタつきはなく、それでいてその雰囲気と撥水性能を持ち合わせた良いとこどりな生地。また、その分軽さもあるので、このモデルはライナーを取り外せるデタッチャブル仕様にしています。ライナーは、身頃にウールメルトン、袖に中綿入りのナイロンキルティング、そして雰囲気を変えられるコーデュロイの襟が一体となったモノ。真冬はライナーを付けて暖かく、秋や春にはライナーを外して普通のステンカラーコートとしてお使いいただけます。また、この“Ashley(アシュレー)"はウェストにベルトが付いたベルテッド仕様となっており、その日の気分でニュアンスを変えて楽しめます。英国らしいハンティングジャケットの様なグランスリーブに、トレンチコートの様な袖のベルトなどなど、ひとえにステンカラーコートと言ってもサウンドマンらしいディテールが落とし込まれています。また、その雰囲気が襟のコーデュロイとバッチリ合ってしまうのも流石と言う他ありません。なので、冬時季は是非ともライナーを装着して、厚手のニットや温かみのあるボトムスを合わせてお楽しみいただきたい。ジャケパンやスーツスタイルに合わせるときは、ライナーを外してシンプルな顔付にするのもアリです。ミラレーンといえばのオリーブカラーは、ベージュやネイビーといった定番カラーのコートにはもう飽きたという方にもオススメ...

PALTO(パルト) ベルテッドバルカラー ラグランスリーブコート【BARTOLOMEO/MICRO PDP】

TOKYOlife

105,840

PALTO(パルト) ベルテッドバルカラー ラグランスリーブコート【BARTOLOMEO/MICRO PDP】

時代を読み解くセンスは抜群です。今シーズンからJediaで展開がスタートしたPALTO(パルト)。【PALTO / パルト】は2013年に若手起業家のルカ・パガネッリ氏が創設したイタリアのブランド。イタリアの伝統的なスタイルの着こなしをコンセプトに、次世代に相応しいモダンなコートを生み出す“コートファクトリー"です。そんな同ブランドから、Jediaで1stコレクションとなるのはブランドを代表するバルカラーコート【BARTOLOMEO/バルトロメオ】。まずは【BARTOLOMEO/バルトロメオ】のスタイリングをチェックです。昨今の流れとしても非常に人気の高いベルテッドタイプのバルカラーロングコートデザインをベースにしたのがBARTOLOMEOモデルの特徴の一つ。膝丈まで伸びるロングレングスはクラシカルで堅牢なスタイリングを強く反映しており、ラグランスリーブのゆるりと落ちる肩のラインは気負いのないこなれたシルエットを演出。ウェストのベルテッドを絞りつつ少しのアクセントを加えることで、今までのステンカラーコートには無かった大人の色気を表現することも出来ます。フィット感は全体的にややタイトフィットな作りになっています。ゆったりとした印象のあるラグランスリーブのバルカラーコートですが、PALTO(パルト)らしくモダンにアレンジされたクラシカルコートは、ウェストラインもしっかりと絞り込んでいます。着用イメージとしてはジャストフィットで着用して頂ければ、肩の力を抜いた雰囲気も味わえますし、同時に綺麗なシルエットで着用頂けるはずです。また、PALTO(パルト)は生地のセレクトにも個性が光ります。上質なウールをベースにした表情のある生地には、時代性を取り入れた人気のマイクロハウンドトゥース柄をセレクト。英国調の重厚感あるコートを彷彿とさせる...

PALTO(パルト) ベルテッドバルカラー ラグランスリーブコート【BARTOLOMEO/BRIT】

TOKYOlife

105,840

PALTO(パルト) ベルテッドバルカラー ラグランスリーブコート【BARTOLOMEO/BRIT】

普通ならコテコテになってしまうところを絶妙な配色とスタイリングでアレンジ。今シーズンからJediaで展開がスタートしたPALTO(パルト)。【PALTO / パルト】は2013年に若手起業家のルカ・パガネッリ氏が創設したイタリアのブランド。イタリアの伝統的なスタイルの着こなしをコンセプトに、次世代に相応しいモダンなコートを生み出す“コートファクトリー"です。そんな同ブランドから、Jediaで1stコレクションとなるのはブランドを代表するバルカラーコート【BARTOLOMEO/バルトロメオ】。まずは【BARTOLOMEO/バルトロメオ】のスタイリングをチェックです。昨今の流れとしても非常に人気の高いベルテッドタイプのバルカラーロングコートデザインをベースにしたのがBARTOLOMEOモデルの特徴の一つ。膝丈まで伸びるロングレングスはクラシカルで堅牢なスタイリングを強く反映しており、ラグランスリーブのゆるりと落ちる肩のラインは気負いのないこなれたシルエットを演出。ウェストのベルテッドを絞りつつ少しのアクセントを加えることで、今までのステンカラーコートには無かった大人の色気を表現することも出来ます。フィット感は全体的にややタイトフィットな作りになっています。ゆったりとした印象のあるラグランスリーブのバルカラーコートですが、PALTO(パルト)らしくモダンにアレンジされたクラシカルコートは、ウェストラインもしっかりと絞り込んでいます。着用イメージとしてはジャストフィットで着用して頂ければ、肩の力を抜いた雰囲気も味わえますし、同時に綺麗なシルエットで着用頂けるはずです。また、PALTO(パルト)は生地のセレクトにも個性が光ります。素材には上質なウールをベースにした表情のあるハウンドトゥースチェック生地を採用...

AURALEE(オーラリー) ヘビーメルトンダッフルコート【HEAVY MELTON DUFFLE COAT】

TOKYOlife

86,400

AURALEE(オーラリー) ヘビーメルトンダッフルコート【HEAVY MELTON DUFFLE COAT】

今やドメスティックブランドの第一線を駆け抜けるAURALEE(オーラリー)から、定番のヘビーメルトンを使用したダッフルコートのお届けです。もうAURALEEファンなら今さらかもしれませんが、ずっと定番として鎮座するダッフルコートが新色を携えて今年も登場です。素材には、上質な極細繊維であるスーパー100's原料のウールを使用しており、それをあえて太番手に紡績したのち高密度にしっかりと打ち込んで織り上げた、重厚で迫力のある“ヘビー"メルトン。そのハリやコシ、そして光沢が堪らない生地であり、しっかりと出た綾目(斜めの織目)が上質さを一層引き立てています。また、生地の他に木製のトグルに至るまでオリジナルで作り込んだ、コダワリの逸品。それをAURALEEには珍しいキレイな細身のシルエットに仕立てたダッフルコートは、シーンを問わず出番が増える万能作。それなりに重みがありますが、羽織ってしまえばカラダに沿い、他のダッフルより窮屈さや肩こりの心配もありません。着こなしもニットの上や、ジャケット、GジャンでもOK。ボトムスも細身を合わせてキレイに仕上げるも良し、太めのボトムスを合わせてAラインを出すのも良し。ボディとトグルの色を揃えた可愛すぎないスッキリとした見た目は、真冬にスーツのアウターとしても使えます。一週間、毎日のように羽織ってしまうこのコートを私も昨年買いましたが、その汎用性の高さには本当に脱帽。ホンモノでありながら、すこし野暮ったい昔のダッフルとはひと味もふた味も違う、そんなモダンなダッフルコート。もしお持ちでない方は、AURALEEのアウターとして先ず押さえておいて欲しいモデルです。

LARDINI(ラルディーニ) 5者混ダブルチェスターコート【SP】

TOKYOlife

139,320

LARDINI(ラルディーニ) 5者混ダブルチェスターコート【SP】

流石LARDINI(ラルディーニ)!クラシカルで堅いイメージのダブルチェスターコートをお洒落で身近な存在にしてくれました。LARDINI(ラルディーニ)は、最高レベルの仕立てと縫製に生地で遊ぶという新たな軸を打ち出し、革新的でオリジナリティ溢れるプロダクトを作り出しています。今回ご紹介するのは、LARDIN(ラルディーニ)ならではの拘りが細部に及んだダブルチェスターコート。全てにおいて計算し尽くされたバランスです。まず注目していただきたいのが、日本人の体にしっかりと合うよう計算されたシルエット。副資材を極力省いた軽やかなアンコン仕立てをベースに、ウエストがキュッと絞られた美しいフィッティングとなっております。それでいて文字通り非常にソフトな着用感が特徴。肩廻りに薄い芯地を入れることで、テーラードならではの立体的なフォルムはしっかりとキープされています。また、ダブルブレストにありがちな個性的すぎる雰囲気は一切御座いません。フロントの打ち合わせは浅めに、ゴージラインは高めにとり、ラペル幅は狭目に設定することでモダンに仕上げています。まさに他の追随を許さないほどに洗練された今作。カジュアルにフロントを開けて着こなしてもエレガントに装えるはずです。これを支えているのが長年培ってきた高い縫製技術。世界の著名ブランドのOEMを30年以上も手掛けただけはあり、しっかりと手を抜かずに仕立て上げられています。毎回そのカラーリングが楽しみなブランドアイコンブートニエールも上前ラペルにしっかりとスタンバイ。さりげなくネイビーと相性の良いブラウンを組み合わせるあたり流石です。装いに小さな遊び心を宿してくれます。そして素材には糸作りからこだわるLARDINI(ラルディーニ)らしい5者混生地を採用。ネイビーを基調とした複雑な糸使いにより...

alk phenix(アルクフェニックス) ストレッチレインコート【dome coat/EPIC】

TOKYOlife

42,120

alk phenix(アルクフェニックス) ストレッチレインコート【dome coat/EPIC】

定番的にリリースされるalk phenix(アルクフェニックス)の【dome coat/EPIC】。今シーズンも到着です。超撥水素材EPICを使用した、極薄軽量の2wayストレッチコートジャケット。alk phenixのラインアップの中でも雨に強いアイテムがコチラです。さすがに完全防水のレインコートとはいきませんが、自転車に乗れる程度の雨なら問題なく対応してくれる心強いアイテム。防水性の高いコートにありがちな、ごわついた素材感ではない為、普段から取り入れ易いファッション性の高いコートです。また、ストレッチ性や、軽量で着脱しやすいプラスチックドットボタン、ブランドのトレードマークである全方位再帰反射プリント、両サイドにコンシール(隠し)ジッパーのポケット等。一般的なファッションブランドのコートではありえない機能性の高さも、alkphenixならでは。更に、素材の特性上、付属の同素材のスタッフサック(収納袋)に収まるほどコンパクトにもなりますので、携帯にも非常に便利。バッグに常に忍ばせておきたいコートでもあるんです。シンプルなデザインながら、機能性に特化し心地よい着心地を実現した【dome coat/EPIC】は、普段の生活から旅行やアウトドアと様々なアクティビティに対応する、間違いなく活躍する一着です。

PALTO(パルト) バックシャン付きダブルコート【CHILLE/ARM】

TOKYOlife

105,840

PALTO(パルト) バックシャン付きダブルコート【CHILLE/ARM】

モダンにアレンジされたシルエットと重厚感あふれるクラシカルな存在感。今シーズンからJediaで展開がスタートしたPALTO(パルト)。【PALTO / パルト】は2013年に若手起業家のルカ・パガネッリ氏が創設したイタリアのブランド。イタリアの伝統的なスタイルの着こなしをコンセプトに、次世代に相応しいモダンなコートを生み出す“コートファクトリー"です。そんな同ブランドから、Jediaで1stコレクションとなるのはブランドを代表するダブルコート【CHILLE/チル】。まずは【CHILLE/チル】のスタイリングをチェックです。昨今の流れとしても非常に人気の高いポロコートデザインをベースに、ロング丈のレングスを取り入れた重厚感のあるデザインが特徴の一つ。膝丈まで伸びるロングレングスはクラシカルで堅牢なスタイリングを強く反映しており、威厳のあるアルスターカラーは従来のポロコートの雰囲気をそのまま踏襲した秀逸なデザインバランス。また袖のカフスには同ブランドのアイコンと切り返しデザインが入っているのもポイント。フィット感は全体的にややタイトフィットな作りになっています。ゆったりとした印象のあるダブルコートですが、PALTO(パルト)らしくモダンにアレンジされたクラシカルコートは、ウェストラインもしっかりと絞り込んでいます。着用イメージとしてはジャストフィットで着用して頂ければ、肩の力を抜いた雰囲気も味わえますし、同時に綺麗なシルエットで着用頂けるはずです。また、PALTO(パルト)は生地のセレクトにも個性が光ります。上質なウールをベースにしたナイロンを織り交ぜたメルトン調のしっかりとした表情は、実のところ意外と軽量に仕立てられているのも嬉しいところ。毛並みが綺麗で肌触りも良い肉感のある生地は、英国調の重厚感あるコートのデザイン性と非常にマッチして...

PEUTEREY(ピューテリー) ステンカラーコート【PARIS GB JP】

TOKYOlife

63,720

PEUTEREY(ピューテリー) ステンカラーコート【PARIS GB JP】

PEUTEREY(ピューテリー)ファンの皆さまお待たせいたしました!JPフィットでついに登場!!PEUTEREY(ピューテリー)名作のPARISが大型アップデートを加えて帰ってきました。今回ご紹介するのは、PEUTEREY(ピューテリー)の名作ステンカラーコート「PARIS」。膝上の短めの着丈と、上質な光沢感が美しい軽量スプリングアウターとして、紳士の皆様に愛され続けた名モデルで御座います。今シーズンから「ジャパンフィット」へとアップデートされ、その着心地の快適さと、スタイリングのカッコヨサはさらに際立っております。まず注目なのは、この上品なスタイリングを演出する「ハリ/コシ」がしっかりとしたツイルポリ素材。上質な光沢感は、非常に綺麗な艶を生み出しており、スーツなどのドレススタイルにも相性良くハマる一着となっています。また、今シーズン大きく変わったのはそのフィット感。以前までの「グローバルフィット」」から、日本人の体形に合わせた「ジャパンフィット」モデルとして改良が加えられたのです。その為、肩周りがコンパクトになり、袖丈も少し短く修正、ウェストもさらにシェイプされ、全体的によりスリムなフィット感で楽しんで頂く事が出来るようになりました。元々ジャケットの上からでも気兼ねなく羽織れるスタイリングが魅力でしたが、フィッティングが非常に良くなっている為「PARIS」自体をジャケットのようにシャツやジレの上から羽織って、かる~くこなして頂くのもオススメです。さらに、ビジネスからカジュアルなスタイリングまで幅広く着回せるシンプルでクセのないスタイルも見逃してはイケマセン。どんなスプリングアウターを買おうか?現在迷っている方がいらっしゃるなら、どんな時でも連れだって羽織りたくなるPEUTEREY(ピューテリー)の「PARIS...

DOPPIAA(ドッピアアー) ラナウール ダブルコート【ANCHORAGE/アンカレッジ】

TOKYOlife

129,600

DOPPIAA(ドッピアアー) ラナウール ダブルコート【ANCHORAGE/アンカレッジ】

キュートに見えて実は凄いんです。DOPPIAA(ドッピアアー)の生産は全てイタリアンメイドを貫いており、生地の選定からパターンカッティングまで拘りを強く持っています。トラッドかつエレガンスな要素をイタリアらしく繊細に表現したコレクションは、本来の自分を表現できるモノとして、洋服を着る以上の喜びを与えてくれます。モノが溢れるこの時代に、いかにして洋服と向き合ってブランドを育てていくのか。彼らの拘りはきっとファッションを愛する全ての人の心に響くはずです。さて、Jediaに初登場となるイタリアの新星DOPPIAA(ドッピアアー)から、同ブランドの顔とも言えるダブルコート【ANCHORAGE】が登場。まだ日本でも流通量が多くなく、決してメジャーなブランドとは呼べませんが、彼らの醸し出す真面目でありながらも自由奔放なイタリアントラッドは、今の時代にこそ皆様に非常にオススメしたいところです。まず最初に注目したいのはこの素材。ボディを包み込むのは肉厚でありながら、非常に毛並みが優しいラナウールを採用しています。このラナウールが本当に気持ちよくて、一目で育ちの良さが分かる風合いが素晴らしいんですよね。そして近づいて触って見ると期待通りに「ふわっ」としていて、本当に着ているだけで心が満たされてしまいそうな感覚です。そして、スタイリングには彼らのデビューから人気を博しているダブルコートタイプを採用しています。コレクションの中でも際立ってスタイリングが確立されているダブルコートは、ここ日本でもDOPPIAA(ドッピアアー)といえばコレ!という位人気のモデル。特徴的な丸みを帯びたラペルデザインはAラインの美しいシルエットと見事に調和がとれており、ボタンのデザインアクセントもコートの雰囲気を惹きたてる重要なファクターとなっています...

KIRED(キーレッド) レーザーカット フードコート【CRUZ】

TOKYOlife

157,680

KIRED(キーレッド) レーザーカット フードコート【CRUZ】

贅を尽くしたスポーティコートは今シーズンの注目ブランドとして見逃し厳禁で御座います!Kiton(キートン)のアウターブランドとして2015年秋冬に誕生したKIRED(キーレッド)。今シーズンJediaに初登場したKIRED(キーレッド)は、立ち上がりこそ2015年と最近ですが、製造はイタリアのパルマにあるワンダーランド社で行われ、1986年より続く確かな縫製技術があるなど、Kiton(キートン)グループとしてその高いクオリティは保証済み。 今回ご紹介のモデルも彼らの新作コレクションの中で、取り分けて注目を浴びる全く新しいテクニカルコート。ボディの素材にはロロピアーナ社のマットで独特な質感を帯びた、ポリエステルをメインにした生地を採用。名門ロロピアーナ社のファブリックは非常に高品質で、内側のタグにはKIRED(キーレッド)とロロピアーナ社のハガキを模したデザインも面白く、自然と所有欲を満たしてくれる演出も彼ららしいところですね。また、この素材は撥水性を備えておりポリエステルにコーティングをすることで、ゴム引きなどのデメリットであった劣化や匂いを排除し、より現代的に自由に楽しめる仕様となっています。次に随所に見られるディティールワークにも拘りが詰まっていますのでチェックしていきましょう。全てのカッティングはレーザーカットになっており、スマートでモダンなデザイン性を実現。各所のパーツは熱圧着によって防水性を高め、ステッチを省くことで軽量化に成功し、フロントボタンは比翼仕立てにすることでより一層ミニマムでモードな印象へと昇華させています。さらに、着用時に必ず触れる箇所であるメタルボタンやファスナーの引手、アジャスターなども全てKIRED(キーレッド)オリジナルを採用することでラグジュアリーで高級感のある仕上がりも見逃せません。では...

TAGLIATORE(タリアトーレ) ベルテッド シングルツイルコート【LARS】

TOKYOlife

100,440

TAGLIATORE(タリアトーレ) ベルテッド シングルツイルコート【LARS】

TAGLIATORE(タリアトーレ)は、1960年代に創業したLERARIO(レラリオ)社が母体となり二代目のピーノ・レラリオ氏が立ち上げました。TAGLIATORE(タリアトーレ)はイタリア語で「裁断士」を意味し、卓越したカッティング技術によるウエストを絞った立体的なフォルムが特徴。イタリアらしいファッションを楽しむ気質が感じられるブランドです。今回ご紹介するのは、様々な着こなしに対応するベルテッド シングルツイルコート【LARS】。クラシカルなバルカラータイプがベースで、ラグランスリーブ・セミロング丈・ベルテッドとイマドキな要素をしっかりと押さえています。ラグランスリーブは可動域が広く肩周りのフィット感を考慮すれば実に理想的な袖付けですが、袖幅が広めでスマートさに欠けるのが難点。TAGLIATORE(タリアトーレ)はパターンメーキングに工夫を凝らすことでこの短所を克服し、機能性を維持しながらスッキリ見える理想的な袖を作り上げました。シルエットはウエストベルトでアレンジが可能。敢えてのバックル無し仕様となっており、自由に結んでいただくことができます。ギュッと絞っていただけば颯爽と歩きたくなる気分になること間違いありません。オンにもオフにもマッチするセミロングの着丈は、エレガントなシルエットを引き立てる役割も担っており、紳士の色気を感じさせます。ジャケットの上からでもスタイリッシュで、ストレスを感じさせない絶妙なバランスとなっております。そして素材には厳選したウールのみを贅沢に使い、しなやかで滑らかなタッチを表現。密度が高くしっかりとしたツイル地のためドレープが非常に綺麗で、耐久性も高いのが特徴です。着こむにつれ身体に馴染み愛着が増していくことでしょう。TAGLIATORE(タリアトーレ)らしいモダンなアレンジが加わった...

Norwegian Rain(ノルウェイジャンレイン) シングルステンカラーコート【Geneve/ジュネーブ】

TOKYOlife

124,200

Norwegian Rain(ノルウェイジャンレイン) シングルステンカラーコート【Geneve/ジュネーブ】

Norwegian Rain(ノルウェイジャンレイン)の定番として長きに渡り愛される【Geneve/ジュネーブ】登場。テーラードの天才デザイナーT・マイケル氏のプロデュースによるその独特な感性と完成度の高さから、本国はもとより国内でもコアなファンが多いことでも有名なNorwegian Rain(ノルウェイジャンレイン)。定番として常に人気を博す、ステンカラーコート「ジュネーブ」は今季も健在です。ジュネーブは美しいテーラリズムを継承した絶妙なシルエットが特徴で、着て感じて頂ける手の込んだパターンカッティングとリサイクル素材から生み出したエコでありながらも機能を持たせたテキスタイルが最大の特徴となっています。全体のシルエットをスマートに見せるパターンラインで、着丈はスーッと膝付近まで伸びるセミロングシルエットを採用しています。バランスの良いシルエットは、ビジネスからカジュアルシーンまで幅広く対応できる懐の深さを感じますね。また、立体裁断で仕立てたフードはクルクルっと丸めて、取り外すことも可能です。素材にはリサイクルポリエステル繊維を採用しており、これはブランドの永続的なコンセプトにもなっているエコフレンドリーに基づいた革新的なテキスタイル開発のベースにもなっています。コットンの様な肌触りを再現しつつも、マットな艶感、そしてシャリ感のある独特な風合いに撥水性能をプラスしているのも見逃せないポイント。テーラーメイドの秀逸なレインアウターの先駆者として名高い彼らのコレクションは、エレガンスで上質な素材と機能性を併せ持つ唯一無二の存在となっています。ライニングには、滑りの良い上質なポリ×レーヨンを採用することでドレスメイキングのうっとりするような表情を演出。テーラリング要素をいかんなく発揮し、北欧らしい息吹を取り入れたNorwegian...

Soundman(サウンドマン) ガーメントダイ・ウェストコート【Marcy】

TOKYOlife

24,840

Soundman(サウンドマン) ガーメントダイ・ウェストコート【Marcy】

膨大なヴィンテージウェアを収集する“Soundman(サウンドマン)"のデザイナーアーカイブの中から生み出される、時流に合ったコレクションからウェストコート(ベスト・ジレ)が登場。製品染め(ガーメントダイ)したのち、さらに樹脂加工を施すことで、油分の抜けたデッドストックのような顔つきに仕上げた、コットン100%のウェストコート。その風合い豊かな顔つきはラギッドでありつつも、綺麗なシルエットにより大人っぽい印象を与えます。ワークベストを出自としているだけあって、左身頃にはペンやスケールが刺さる斜めのポケットをオン。右側にも上下で二つのポケットを配し、デザインアクセントと機能の両立を果たしている。背面にはシンチバックも付いており、ウェストをお好みで絞ることが可能に。また、一枚で着用した時のアクセントとしても効いています。シルエットはコンパクトに仕上げているので、ジャケットの中に合わせてももたつかず、また一枚で着た時も上品にまとめてくれます。シャツの上からはもちろん、カットソーの上から羽織るのもOK。フロントのボタンは、ボディと同色にペイントしたのちに磨いた、コダワリのメタルソーオン釦を使用。これがサッパリしがちな春夏コーデの良いアクセントになるんです。太目のチノーズ、インディゴのデニム、膝上ショーツなどなど、なんでもござれ。このウェストコートを差し込むだけで、コーディネートの幅が何倍にも広がりますよ。

TATRAS(タトラス) ウールジャージーライナーダウン付きPコート【VOLTURNO / アトリエライン】

TOKYOlife

129,600

TATRAS(タトラス) ウールジャージーライナーダウン付きPコート【VOLTURNO / アトリエライン】

ブランドの新たな提案として定着のアトリエラインから信頼のPコートモデルが今年も登場。紳士のスタイリングに欠かせないPコートの定番デザインも、タトラスの手にかかれば最強ダウンコートになるのです。素材にはウールジャージーを採用しており、圧縮とミルド加工により織物のメルトンのような仕上がりで軽さ追求した仕上がりに。そして、今作は取り外し可能なキルティングダウンライナーに変更。秋口にはダウンライナーを取り外し軽い着心地とスマートなシルエットを楽しみ、冬場ではライナーダウンを装着し、ダウンコートさながらの保温性を持ち合わせる最強Pコートとして幅広くお使い頂けます。また、ウェストを絞ったスリムなフィット感と、コンパクトな着丈によって非常にスマートなシルエットを実現しています。上質なウールジャージー素材はドレス仕様にも使うことが出来るほど毛並みが良いので、ジャケパンやスーツスタイルの時にも合わせて頂きたい一着です。TATRASのダウンは、水鳥の胸元のダウンボールを使用し通常のダウンと違い保温性に優れ、軽く柔らかいダウンを使用しております。 ダウン自体の反発の値を表すフィルパワーは通常「500フィルパワー」が高品質とされており、TATRASのダウンは「800フィルパワー」となり最高品質となっています。ダウン特有のボリューム感をなくし、スッキリしたシルエットを実現しながら、スペックはダウンアウターという、タトラスらしいアプローチで作られるスタイリッシュなPコートダウンです。ATELIER LINE(アトリエライン)とは、そのネーミング通り、アトリエで作られたようなクラフトワーク、モノづくりとしてのこだわりを随所に感じることのできるラインとなっています。天然素材のフェルトやウール素材にダウンを用い、デザイン性に加え軽量化や防寒性にも優れたコート等を展開し...

Soundman(サウンドマン) ファイヤーマンコート【Fedora】

TOKYOlife

52,920

Soundman(サウンドマン) ファイヤーマンコート【Fedora】

膨大なヴィンテージウェアをコレクションするSoundman(サウンドマン)のデザイナー“今井千尋"氏のアーカイブから生み出された、今シーズン初お披露目の新作アウター。ブリティッシュをベースにテーラードやワーク、ミリタリーを得意とするブランドらしく、本モデルはファイヤーマンコートをモチーフに現代版にアップデート。合わせるボトムスを選ばないフィンガーチップレングス(指先丈)は、その日のコーディネートに頭を悩ませることなく、着るだけで雰囲気を作り上げてくれる逸品です。このモデルの最大の特徴は、何といってもウィンッドフラップをフックで留めるファイヤーマンコートらしいディテール。フックの爪を立てるだけでフロントが開くので、暑くなった時や、手袋をした手でも、片手で簡単に開けることが出来ます。経糸にコットン、緯糸にポリエステル・ナイロンを高密度に織り上げた生地は、独特のシャリ感と光沢感があります。さらにラバーの様な質感を持たせる加工を施し、撥水性も非常に高いので、ちょっとした雨なら凌げそう。気持ちゆったりとした身幅に、可動域を確保したラグランスリーブが肩ひじ張らないホリデーシーンに活躍します。また、そのゆとりがある分だけレイヤリングしても窮屈感が少なく、コーディネート次第で冬時季でも出番が増えること間違いなし。そんな秋冬な気分をさらに高めてくれるのが、襟やポケットにポイント使いされたコーデュロイ生地。この手のコートには珍しく、フラップポケット部分にハンドウォーマーポケットも備えているので、ポケットに手を入れる派の方には特に嬉しい仕様です。ポリ素材の裏地が配されているので、安心感があって袖通りも抜群。袖口の裏地がシャーリング仕様となっており、冷たい風の侵入も防いでくれます。スタンダードウェアを基軸にデザイナーの遊びを効かせたSoundman...

MONOBI(モノビ) 撥水コットン フードコート【MONTY PRO】

TOKYOlife

108,000

MONOBI(モノビ) 撥水コットン フードコート【MONTY PRO】

アウトドアの機能をモダンにアレンジした秀逸アウターを見逃すな!!イタリアの生地メーカー「BESTE」社からスタートしたアウターブランドがMONOBI(モノビ)。ニューヨーク発のアドバンスド・スポーツウエアブランド〈ISAORA〉を手掛けるデザイナーとのコラボレーションによって誕生したニューブランド。イタリア製ならではの洗礼されたファブリックにアウトドアの機能をプラスしたアイテムを展開。すべてのアイテムが防水、防風、透湿、保温の機能を持つのが新世代のアウターブランドです。機能性とファッション性が同居する、MONOBI(モノビ)のブルゾンは非常に高い技術力で見事に実現。レーザーカットによって裁断された切り口の滑らかな生地を強力なテープで張り合わせ、超音波溶接により接合しステッチレスで仕上げています。その為、縫製箇所を強化することで雨風の侵入を防ぐ事に成功。また、ボンディング仕上げで生地に厚みをだし保温性も高め、異なる素材を表裏両面に貼り合わせ、通気性、防風性、防水性の機能をも持ち合わせます。フィット感はスリムフィットで身幅、アームホールや胸囲などは若干ゆったりとした印象。スポーツMIXの最先端の提案を発信する新進気鋭のMONOBI(モノビ)を是非、一度お試しください。

HERNO(ヘルノ) ウール×ナイロン フーデットコート【HERNO INTECH】

TOKYOlife

132,840

HERNO(ヘルノ) ウール×ナイロン フーデットコート【HERNO INTECH】

上質なウールボディに秘めた高機能なスタイリングHERNOから今回ご紹介するのはオリジナル素材INTECHを搭載したフーデットコート。ダウンやナイロンと言ったスポーティ&トラベラー志向のデザインがメインだったHERNOですが、元をたどればクラシカルな老舗のアウターファクトリーというのはご存知でしょうか。そんなHERNOは昨シーズンより原点回帰をコンセプトに、数多くの「ウール」アウターをリリース。しかしながら、ただのウールを使うわけではありません。そのウールや中綿にも最先端素材を採用することで、よりモダンであり尚且つ、今のHERNOを体現するトラベラー&ラグジュアリーなコンセプトを体現しています。注目の素材には撥水加工を施してあるウール×ナイロンの上質な素材をセレクト。毛並みは短めで美しく、優しいタッチが魅力的で、軽い雨程度であればしっかりと弾いてくれます。その為、ホコリなども着きづらいのでケアをする際も非常に楽というのがポイントでしょう。また、中綿にはHERNOのオリジナル素材「INTECH」を搭載しています。INTECHは水に強く、保温性が高く、尚且つ軽量で薄いという高機能素材です。長く使用しても中綿はへたれることなく、常にふんわりとした柔らかなタッチを実現します。また、ウールコートのスリムなシルエットを損なわない薄手の中綿は、ダウンコートを着ているとは思えないスマートなスタイリングを約束してくれるのです。フィット&シルエットは、セミロング丈のスリムフィットとなっています。ウェストの絞り込みなどは全体的にスリムな表情となっていますが、ジャケットを羽織った際のアームホールなどはそこまで窮屈な感覚はありませんので、変にごわついてシルエットが崩れる心配もありません。その辺りのパターンメイクも良く出来ているので...

TEATORA(テアトラ) 中綿ステンカラーコート【Wallet Coat - Dual Point】

TOKYOlife

84,240

TEATORA(テアトラ) 中綿ステンカラーコート【Wallet Coat - Dual Point】

ノマドワーカーや、各地へ飛び回るビジネスマンに向けたコンフォートワークウェアを提案するTEATORA(テアトラ)から、旅行者のために開発されたWallet Coatが中綿入りで届きました。貴重品のセキュリティーにフォーカスした、スマートセキュリティーラインに属するWallet Coat。そのため両脇には大容量ポケットが装備されており、ロングウォレットやエアーチケットなど普通のポケットに収まりにくいモノでもスッポリ飲み込んでくれます。また、そのロングウォレットポケットの内部には、シークレットファスナーポケットを内蔵しており、旅先の現地通貨やカード、スマートフォンなどなど、ポケットに手をいれたまま直接アクセスできるのでセキュリティ面も抜群です。シルエットもTEATORAのコートの中ではスリムに仕上がっており、着丈も日本人に合いやすいミドル丈。コンパクトな襟と、オリジナルのシリコンボタンも相まって、非常にミニマルな顔付のコートです。そんなWallet Coatが“dual point(デュアルポイント)"というシリーズに仲間りを果たしました。このdual pointというのは、冬の外気の寒さと、屋内の暖房の暑さの両方に対応すべく誕生した画期的なシリーズ。天気予報の気温を鵜呑みにして厚着で外出したけれど、電車の中やデパート中などは暖房で暑くてたまらない。そんなあるある、経験したことがありますよね!?TEATORA調べによれば・・・「JR東日本の車内温度は22℃設定とのこと。これは東京の平均気温で考えると6月の平均気温に相当します。東京で最も気温の下がる1月の平均的な最低気温は2.5℃。つまり、コートを着ているにも関わらず、最大で20℃近くも上昇した温度と接しなければなりません。」ということらしいのです。そこで、TEATORAが目を付けたのが...

Hevo(イーヴォ) ナイロン ダブルトレンチ コート【PUTIGNANO/プティニャーノ】

TOKYOlife

79,920

Hevo(イーヴォ) ナイロン ダブルトレンチ コート【PUTIGNANO/プティニャーノ】

「Hevo最高かよ。」って言わざるを得ない傑作トレンチが再び。アウター/コートブランドのHevo(イーヴォ)から大人の色気を携えた軽快なるナイロントレンチをご紹介致しましょう。まずはこのシルエットとデザイン。紳士のマストアイテムとして常に手放すことの出来ないトレンチコートをベースに、膝上丈のミドルレングスでコンパクトにまとめた一着。このトレンチの持つ雰囲気は、どちらかといえば「上品さを押し出す」というよりはややオトコ臭さを感じさせる、「チョイ悪そう」な雰囲気かと。そして紳士のトレンチコートと言えばビジネス寄りのアイテムが多いですが、Hevoのアイテムはカジュアルにも使える逸品。ホワイトデニムなどで合わせた綺麗めなシチュエーションで軽~く羽織って頂きたいところ。ウェストベルトは無造作にポケットに突っ込んで、もしくはフロントで軽く結んで垂らしつつ、ラフな感覚で楽しんでみてはいかがでしょう。そして肝心のシルエットですが、ウェストをシェイプさせたスリムなシルエットです。胸囲や腕周りなどは程よくスリムに仕上げており、クセがなく汎用性の高いバランスに感じます。フィット感自体も特別大きかったり小さかったりといったクセのある作りではないので、普段のサイズ選びと同様の感覚で選んで頂いてOK。そしてこのトレンチコートの注目して頂きたいポイントは、ボディに採用された絶妙な艶感を魅せるナイロン生地。なんといってもこのアイテムのメインとなる部分であり、Hevoの魅力が存分に発揮されているポイントでもあります。Hevoの採用する上質なナイロンは、他では味わえないソラーロ的な絶妙な色の変化が楽しめる一着。非常に綺麗なカラーバランスが表現されておりまして、これが本当に美しい。太陽光に当たるとその美しさは一層際立ちます。春夏のスプリングコートに最適な軽量ナイロンコート...

TAGLIATORE(タリアトーレ) アルパカ混 ポロコート【CFBLMOW】

TOKYOlife

113,400

TAGLIATORE(タリアトーレ) アルパカ混 ポロコート【CFBLMOW】

上質素材がスポーティーなポロコートに上品さを付与します。TAGLIATORE(タリアトーレ)は、1960年代に創業したLERARIO(レラリオ)社が母体となり二代目のピーノ・レラリオ氏が立ち上げました。TAGLIATORE(タリアトーレ)はイタリア語で「裁断士」を意味し、卓越したカッティング技術によるウエストを絞った立体的なフォルムが特徴。イタリアらしいファッションを楽しむ気質が感じられるブランドです。今回ご紹介するのは、アルパカ混 ポロコート【CFBLMOW】。ポロコートは、19世紀後半に英国のポロ競技選手が試合の合間に着用していた厚手のウールロングコート。そんなクラシカルなアウターをTAGLIATORE(タリアトーレ)らしくスリムでセクシーにアレンジ。核となるディティールはしっかりと網羅されており、ダブルブレストのアルスターカラーにバックベルトを備えたオリジナルに敬意を表した仕様となっています。袖口は敢えてのプレーンな仕上げ。折り返しを付けないことでスポーティーさを和らげエレガントなイメージを高めています。そして、デザインで重厚感を演出しながらもパターンメーキングに工夫を凝らし、もたつきのないスマートなフォルムを作り上げています。ジャケットの上からでもスッと袖通しが良く、快適な着心地が特徴。スタイリッシュでありながらストレスを感じさせない絶妙なバランスです。また、素材にはふんわりとした上質なアルパカを贅沢な混率で使用。短く毛羽立たせたモッサ調の仕上げがエアリーさを高めています。羽織ればすぐにとにかく軽く柔らかいことに驚かされるはずです。見た目の重厚感とのギャップをお楽しみ下さい。アルパカは毛の内側に空洞があり、暖かい空気が溜まりやすく保温性に優れているのも特徴です。きっと冬場には手放せない存在となることでしょう...

PEUTEREY(ピューテリー) ステンカラーコート【PARIS/JP FIT】

TOKYOlife

63,720

PEUTEREY(ピューテリー) ステンカラーコート【PARIS/JP FIT】

名作PARIS。今年も登場です。大御所の雰囲気漂わせるベストセラーモデルPEUTEREY(ピューテリー)名作のPARISを今回もしっかりとご紹介。PEUTEREY(ピューテリー)の【PARIS/パリス】といえば、数ある上質なステンカラーコートの中でも群を抜いてコストパフォーマンスに優れた一着です。ビジネスからドレスダウンのスタイルまで幅広く使える軽量スプリングアウターとして、紳士の皆様に愛され続けた名モデルで御座います。まず注目なのは、この上品なスタイリングを演出する「ハリ/コシ」がしっかりとしたポリエステル生地。上質な光沢感は非常に綺麗な艶を生み出しており、スーツなどのドレススタイルにも相性良くハマる一着となっています。そして日本人のためにアップデートを加えたフィット感も素晴らしいポイント。以前までの「グローバルフィット」」から、日本人の体形に合わせた「ジャパンフィット」モデルとして改良が加えらた名作【PARIS/パリス】。その為、肩周りがコンパクトになり、袖丈も少し短く修正、ウェストもさらにシェイプされ、全体的によりスリムなフィット感で楽しんで頂く事が出来るようになりました。元々ジャケットの上からでも気兼ねなく羽織れるスタイリングが魅力でしたが、フィッティングが非常に良くなっている為ジャケットのようにシャツやジレの上から羽織ってかる~くこなして頂くのもオススメです。どんなシチュエーションでもついつい羽織りたくなるPEUTEREY(ピューテリー)の【PARIS/パリス】は、自信をもってオススメ出来る名作中の名作。春~秋まで長く使えるステンカラーコートは幅広く活躍してくれるはずです。

MOORER(ムーレー) ウールカシミア ラビットファー付 ダブルダウンジャケット【SIRO-L】

TOKYOlife

248,400

MOORER(ムーレー) ウールカシミア ラビットファー付 ダブルダウンジャケット【SIRO-L】

確かにハイプライスなのは事実かもしれません。ですが、それに見合ったモノ作りへの拘りは唯一無二でしょう。他を探しても同じ物は見つかりません。我々がご提案させて頂く、最高級アウターをご堪能ください。Jedia初登場はもちろん彼の地イタリアから、MOORER(ムーレー)が初登場です。MOORER(ムーレー)は、1999年にイタリア・ヴェローナにて創業した、最高級アウターブランド。そのイタリア最高級アウターの一つMOORER(ムーレー)の人気モデル【SIRO-L】をご紹介させて頂きます。シンプルさの中に宿る価値の追求と挑戦を続ける彼らの拘りは素晴らしく、Made in Italyを貫く姿勢にも表れています。ブルゾン全体をラグジュアリーに包み込む高級素材には、高級服地メーカーとして名高いLoro Piana(ロロ・ピアーナ)社がオリジナルで開発した、高機能加工であるストームシステムを採用し、既存のラグジュアリーダウンとは一線を画すハイスペックなダウンジャケットへと昇華しています。今回ご紹介の【SIRO-L】モデルのベースとなる最高級生地には、繊細でいて柔らかい上質なヴァージンウールとカシミア素材をブレンドしたものをセレクト。その高級ブレンド生地に、高機能ストームシステム加工を採用することで繊細な表情を長くキープすることができるのです。また、中綿にはプルミュールダウンという最高レベルのフィルパワーを誇るホワイトグースを存分に使用し、軽量でありながら抜群の保温性の高さを実現しています。さらに、細部に至るディティールにも並々ならぬ拘りがあるのです。ボタンやファスナーなども最高品質の特注品を使用しており、全てにおいてハイクオリティを実現する至極のダウンは、細部にまで作り手の意思を宿らせたホンモノの一着。デザインにはミリタリーテイストをベースとしたダブル...

STONE ISLAND(ストーンアイランド) N3-B型ファー付き ダウンジャケット【MICRO REPS DOWN】

TOKYOlife

172,800

STONE ISLAND(ストーンアイランド) N3-B型ファー付き ダウンジャケット【MICRO REPS DOWN】

ヘビーデューティーなミリタリーアウターの傑作をストーンが手掛ける最高峰なアウター。メンズアウターの定番としてサンプリングされ続ける傑作アウターN3-B。極寒地を想定したミルスペックの傑作がストーンアイランドの手によって現代的にシャープなアウターとして登場です。今シーズンご紹介するのは、ミリタリーコンセプトに由来するマットなポリエステルナイロンレップスで仕上げたフーデッドダウンブルゾン。スリムなフィット感とセミロングのお尻が隠れる程度の着丈は、モダンなシルエットを演出し防寒性に対しても大きく貢献するデザインバランスとなっています。そして極寒仕様モデルとして提案されるストーンアイランドのダウンジャケットには拘りの素材を採用。ボディに採用されたナイロンレップスは、経糸より直径の小さい緯糸(ぬきいと)により、高強度なハンマード仕上げを可能にし、より一層目の詰まった表面に仕上げることで防風力の高いダウンジャケットに仕上げています。また、中に詰めた最高品質のダウンフェザーは、軽量でありながら高い断熱効果を発揮し、寒波の厳しい季節でも着内を暖かくキープしてくれます。さらに縫製後、特殊な物質を噴霧し、ウェアに撥水加工を施すことで全天候で耐えうるヘビーデューティージャケットとして、申し分のないクオリティを与えています。デザインとしても注目したい大ぶりのフーデッドには、縁に取り外し可能な上質なコヨーテファーを付属。防寒性を確保しながら、ラグジュアリーな佇まいを演出する天然のファーは、大人のダウンブルゾンとして高級感を演出してくれます。また収納力が非常に優れている点も見逃せません。ボタンで開閉する大きなフラップポケット×2、ファスナーで開閉するスリットポケット×2に加え、2つの胸ポケットを付属し、内ポケットも搭載するなど計7つの高い収納性を発揮しています...

MOORER(ムーレー) フードファー付き ダブルダウンジャケット 【FLORIO/FUR-KM】

TOKYOlife

226,800

MOORER(ムーレー) フードファー付き ダブルダウンジャケット 【FLORIO/FUR-KM】

確かにハイプライスなのは事実かもしれません。ですが、それに見合ったモノ作りへの拘りは唯一無二でしょう。他を探しても同じ物は見つかりません。我々がご提案させて頂く、最高級アウターをご堪能ください。MOORER(ムーレー)は1999年にイタリア・ヴェローナにて創業した、最高級アウターブランド。そのイタリア最高級アウターの一つMOORER(ムーレー)の人気モデル【FLORIO/FUR-KM】をご紹介させて頂きます。【FLORIO/FUR-KM】は通常モデルの「FLORIO/フロリオ」にマーモットファーをプラスした贅沢な特別モデル。シンプルさの中に宿る価値の追求と挑戦を続ける彼らの拘りは素晴らしく、Made in Italyを貫く姿勢にも表れています。ブルゾン全体をラグジュアリーに包み込む高級素材には二重染色による美しい【SHAPE MEMORY PES】という形状安定ポリエステルを採用。撥水加工も施しており、シワになりづらく汚れなども付きにくく、ラグジュアリーな表情と実用性を兼ね備えた素材です。また、中綿にはプルミュールダウンという最高レベルのフィルパワーを誇るホワイトグースを存分に使用し、軽量でありながら抜群の保温性の高さを実現しています。さらに、細部に至るディティールにも並々ならぬ拘りがあるのです。ボタンやファスナーなども最高品質の特注品を使用しており、全てにおいてハイクオリティを実現する至極のダウンは、細部にまで作り手の意思を宿らせたホンモノの一着。デザインにはミリタリーテイストをベースとしたダブルタイプブルゾンを採用し、首元には取り外し可能なマーモットファーを付属したフーデットをプラス。首元への高い保温性をキープすると共に、ラグジュアリーなデザインと非常に滑らかで気持ちの良いマーモットファーの肌触りがエレガンスなアクセントなっていま...

HERNO(ヘルノ) GoreTex 3レイヤー比翼ステンカラーコート【Herno Laminar(ヘルノラミナー)】

TOKYOlife

87,480

HERNO(ヘルノ) GoreTex 3レイヤー比翼ステンカラーコート【Herno Laminar(ヘルノラミナー)】

シンプルで使いやすそうな見た目に隠された様々なテクニック。まさにこいつは“オオカミ"。2012年にHERNO(ヘルノ)から満を持して誕生したニューラインがHERNO(ヘルノ) Laminarシリーズ。レーベル発足当時、デザインディレクターにACRONYMのErrolson Hugh(エロルソン・フュー)を起用したことでも大きな話題を呼んだ同ブランドの人気レーベルの一つ。本日ご紹介するのはHerno Laminar(ヘルノラミナー)を代表する3レイヤーのGORETEXステンカラーコート。シンプルなデザインとは裏腹に、秀逸なパターンメイキングと高機能繊維の組み合わせによって誕生するビジネス臭くならない、次世代コートがコイツなのです。まずはボディを包み込む高機能素材をチェック。一見シンプルに見えるステンカラーコートですが、その実態は防水・防風・透湿性に優れた3レイヤーのGORE-TEX(ゴアテックス)を使用した一着。急な天候の変化にもしっかりと対応出来る優れた機能は、現代を生きる我々の身を守ってくれる心強い味方となってくれます。シルエットはスリムフィットとなっており、アームホールやウェストのシェイプなどもやや細めの設定となっています。ジャケットやスーツの上から羽織って頂く場合は、あえて1サイズ上げたサイジングでも問題ないでしょう。また、着丈は膝上丈のミドルレンジを採用しており、長すぎず短すぎずの丁度良いバランス。ビジネスからカジュアルなど、幅広いライフスタイルに合わせて使い回せるようになっています。そして表面上のデザインは極力省いており、フロント部分は比翼仕立てにすることで、よりシンプルでソリッドな印象に仕上がっています。 さらに、その見た目以上に収納力が高く、サイドポケットや内側にもポケットが配され...

TATRAS(タトラス) ロロピアーナウールSUPER150's ダウンジャケット【TATRAS R ライン / DOMIZIANO】

TOKYOlife

135,000

TATRAS(タトラス) ロロピアーナウールSUPER150's ダウンジャケット【TATRAS R ライン / DOMIZIANO】

TATRAS(タトラス)最上質ステージの【Rライン】から極上のダウンをご紹介致しましょう。その独特なオーラは遠目からでもイイ育ちなのが伺える【DOMIZIANO】。まず注目して頂きたいのは、ボディ全体を覆う上質な素材です。最上質のスーツ生地として有名な「ロロピアーナ社」に別注して仕立てられた、SUPER150's のウール×シルクの極上素材を採用。スーツ生地でも一部のオーダースーツでしかお目に欠かれない極上の素材を大胆にも使用しているのです。繊細で上質なSUPER150's ウールシルクをダウンジャケット生地用に誂えているとは、コスト面から考えてもイイ意味で正気の沙汰とは思えませんが(笑)これは我々には非常に嬉しいことでもあり、驚くべきポイントでしょう。また、わざわざダウンジャケット用に別注しているので、弱撥水効果も御座います。気兼ねなくお使い頂けるのも嬉しいですよね。極上のエレガンスな存在感は、決してイヤらしくならず品位ある艶と光沢感を生み出しています。また、その手触りも非常に心地よく、スタンドカラーになっている首元へのタッチはまさに優しすぎる肌触り。そしてデザインは、ブロックキルトのダウンパックでダウン特有のボリュームを抑え、タトラスらしいスタイリッシュで大人の雰囲気を持つスポーティーエレガンスなダウンジャケットとなっています。また、フードの着脱で違った表情も楽しめるアイテムです。TATRAS(タトラス)プレミアム【Rライン】で極上の冬を味わってみてはいかがでしょうか。

TEATORA(テアトラ) ウール×アウトラスト・セキュリティコート【Wallet Coat - Tech OFFICE PLUS】

TOKYOlife

95,040

TEATORA(テアトラ) ウール×アウトラスト・セキュリティコート【Wallet Coat - Tech OFFICE PLUS】

ノマドワーカーや、各地へ飛び回るビジネスマンに向けたコンフォートワークウェアを提案するTEATORA(テアトラ)から、旅行者のために開発されたWallet Coatがウールを纏って仲間入り。貴重品のセキュリティーにフォーカスした、スマートセキュリティーラインに属するWallet Coat。そのため両脇には大容量ポケットが装備されており、ロングウォレットやエアーチケットなど普通のポケットに収まりにくいモノでもスッポリ飲み込んでくれます。また、そのロングウォレットポケットの内部には、シークレットファスナーポケットを内蔵しており、旅先の現地通貨やカード、スマートフォンなどなど、ポケットに手をいれたまま直接アクセスできるのでセキュリティ面も抜群です。Wallet Coatといっても、素材やシーズンにより若干シルエットに変化があり、このモデルはオーバーコート設計なので比較的ゆとりがあります。コンパクトな襟と、オリジナルのシリコンボタンも相まって、非常にミニマルな顔付のコート。そんなWallet Coatが“Tech OFFICE PLUS(テックオフィスプラス)"というシリーズに仲間りを果たしました。このTech OFFICE PLUSというのは、ビジネス使いはもちろん、普段着から冠婚葬祭まで対応する冬の万能シリーズ。それを叶えているのは、ライニングの「OUTLAST(アウトラスト)」と呼ばれるNASAのために開発された最先端素材を使用しているから。この素材は、密閉された宇宙船内作業の衣服内温度調整を目的に生まれ、ウィンタースポーツのトップアスリートのウェアなどにも取り入れられています。その特徴の一つが、人の皮膚が最も快適だと感じる“32℃"をキープしようとする特性があり、32℃よりも暑ければ温度を下げ、32...

m's braque(エムズブラック) ウールコットン ベルテッド トレンチコート 【タイロッケンver.】

TOKYOlife

74,520

m's braque(エムズブラック) ウールコットン ベルテッド トレンチコート 【タイロッケンver.】

ヴィンテージファブリックを採用したクラシカルなm's braque(エムズブラック)流タイロッケン。拘りが詰まりすぎた一着はどこから説明してよいやら・・・(笑)m's braque(エムズブラック)らしいヴィンテージファブリックを採用した一着は、上品だけどテクニカル?いやクラシック?ヴィンテージ?んん?ほんのりモード?全ての項目に当てはまりそうな本物のトレンチコートなのです。トレンチコート、もとい【タイロッケンコート】と名付けられたこの一着。もとはトレンチの元祖ともいえる【タイロッケンコート】をモチーフに仕立てたクラシカルなスタイルのコートなのです。その発祥はバーバリーがオリジナルで作ったものが本流ですが、m's braque(エムズブラック)が自分たちの観点から現代のスタイルへとアレンジしています。トレンチコート、もとい【タイロッケン】の説明が少し長くなりましたので早速アイテムをチェックしていきましょう。素材にはm's braque(エムズブラック)が得意とするデッドストックのヴィンテージファブリックを採用しています。ウール×コットンのギャバジンのような目の詰まったしっかりとした生地感ですが、その肌触りは非常にソフトな生地となっています。トレンドのカーキカラーでセレクトしたのもブランドらしい色合いで、デッドストックならではの他ブランドではお目に欠かれない本物のクラシカルカーキがお見事です。この手のカーキってミリタリーな風合いも感じるわけで、無性に男心を「ここぞっ!」とばかりにくすぐるんですよね。仕立ては一枚仕立ての裏地ナシ。軽い着心地が嬉しく、シルエットはややオーバーサイズのサイジングです。ゆったりめのスタイルで肩の力を抜いたラフなシルエットにも見えますが、ジャケットスタイルの上から軽く羽織るなどして上品にハズすアイテムとして非常に...

KHONOROGICA(コノロジカ) ウールツイル中綿ロングコート【T/W TWILL HUGE CT】

TOKYOlife

63,720

KHONOROGICA(コノロジカ) ウールツイル中綿ロングコート【T/W TWILL HUGE CT】

シャツをコレクションのメインに据える“KICS DOCUMENT.(キクスドキュメント)"から、派生したよりファッションを追求する“KHONOROGICA(コノロジカ)"より、ブランド定番シルエットのロングコートが登場。ガバッとした印象のコチラのコートは、着てみると意外やスッキリまとまる不思議なシルエット。トレンドのドロップショルダーかと思いきや、実は袖付けはかなり内側に設定されており、ラグランスリーブの様な肩位置を決めない作りに。そのパターンもふっくらとしたシルエットとは対照的に、直線的なエッジーなカッティングで、モード感あふれるデザインが格好良い。腹部まわりにゆとりを持たせたコクーンシルエットは、一つあしらわれたボタンを留めると大きなラペルが現れます。ボタンを留めずに羽織れば、その合わせのドレープ感が強調されセクシーな顔付に様変わり。そのふっくらとした落ち感を表現しているのは、柔らかくもしっかりと肉厚なポリエステルとウールのツイル素材のおかげ。裏側を見ていただくとお分かりになる通り、ひょうたん型のミリタリーキルトが施されており、その中には保温性を高める為に中綿がインサレートされています。その分量も必要最低限にとどめることで重くなり過ぎず、ドレープ感や落ち感を残しています。本モデルはサイズが2サイズ展開となっておりまして、ジャケットや厚手のセーターの上からでも窮屈感なく羽織れるように配慮されたもの。とはいえ先述の通り、決してルーズな見た目になることはなく、上品なコートに仕上がっています。冬の定番である、チェスターコートやダッフルコートに飽きてしまった方。次は、KHONOROGICA(コノロジカ)のコートはいかがでしょうか。

AURALEE(オーラリー) ダブルフェイスチェックロングコート【DOUBLE FACE CHECK LONG COAT】

TOKYOlife

97,200

AURALEE(オーラリー) ダブルフェイスチェックロングコート【DOUBLE FACE CHECK LONG COAT】

今やドメスティックブランドの第一線を駆け抜けるAURALEE(オーラリー)から、今シーズンのコレクションを象徴するステンカラーコートのお届けです。パッと見ただけでも伝わってくる迫力と存在感は、袖や身頃をタップリとったシルエットによるもの。ビッグシルエットとも言えなくはないですが、着てみるとその言葉だけでは片づけられず、このシルエットで完成する唯一無二のカタチ。ベースはステンカラーコートではありますが、襟を開き気味に設定しており、全体感はチェスターコートの雰囲気も持っています。ただ、フロントボタンの比翼仕立てとし、その他の作りもしっかりとステンカラーコート。そして、注目すべきは、その鮮やかかつ上品なグレンチェックの生地です。様々な色の杢糸を使用しているので、グレンチェックとは言っても光の加減で表情を変える現代的な仕上がり。その生地は、原料にイギリスはミッドランズ地方に生息する、希少な英国羊毛の中の長毛光沢種であるブルーフェイス種の原毛を使用し、しっかりと打ち込んで織り上げた二重織のモノ。だから、しなやかで良質な肌触りと光沢を持ちつつ、何とも言えないトロみのある弾力性も溜まりません。その生地の特性もあって、羽織ると優雅な揺らぎが生まれ、思わず闊歩したくなる着心地。二重織のしっかりとしたコシがあるから安っぽさは一切感じられず、むしろこの価格に抑えられていることに驚きを隠せません。コーディネートも特に頭を悩ませることはなく、ニットやデニムといったカジュアルアイテムから、ジャケットやウールスラックスなどキレイ目合わせまで、シルエットと同じく懐が深い。個人的にはジャケットやシャツ、タートルネックなどといった首元を埋められるアイテムの上から羽織るのが好み。今季のトレンドであるトラッドなチェックの流れを作ったと言っても過言ではない...

Norwegian Rain(ノルウェイジャンレイン) ライトウェイト ストレッチ シングルステンカラーコート 【Geneve S.L.W】

TOKYOlife

105,840

Norwegian Rain(ノルウェイジャンレイン) ライトウェイト ストレッチ シングルステンカラーコート 【Geneve S.L.W】

Norwegian Rain(ノルウェイジャンレイン)から今季登場したのは、新素材で注目を集めるステンカラーコートの【Geneve(ジュネーブ)S.L.W】その独特な感性と完成度の高さから、本国はもとより国内でもコアなファンが多いことでも有名な同ブランド。定番として常に人気を博す、ステンカラーコート「ジュネーブ」が今季はGeneve【SLW】となって大胆にも新素材でアップデートを図ってきた。新たなアップデートを施した【Geneve S.L.W】のキーワードは4つ。●ニューテキスタイル●ストレッチ●メッシュライニング●ライトウェイト基本的に、デザイン自体は従来の【Geneve/ジュネーブ】と同様で、テーラリズムを継承した美しいシルエットに加え、手の込んだパターンカッティング、機能美は健在。スッと膝付近まで伸びるセミロングのステンカラーコートは、ビジネスからカジュアルシーンまで幅広く対応できる懐の深さを感じる。また、立体裁断で仕立てたフードはクルクルっと丸めて、取り外すことも可能。テーラードの天才デザイナーT・マイケル氏のプロデュースにより仕立てられた【Geneve S.L.W】には、これまで使用していたリサイクル・ポリエステル繊維に、特殊な技術でストレッチ性能をもたらし、軽量化を実現したのが今回のトピックス。従来モデルの、重厚な重さの合ったオリジナルポリ素材をさらに着易くするため、今までにないほど軽量化することに成功した。また、これまで同ブランドの基準を満たす「リサイクルポリエステル繊維」では難しかった、ストレッチ性能を付与することが出来るようになり、よりスリムなフィッティングでストレスなく着られるようになっている。その結果、ジャケットの上からでもゴワツクことなく、無理なく羽織ることが出来るようになった。この新素材がもたらした、「軽量...

TAGLIATORE(タリアトーレ) ウール3者混 織柄Pコート【CHARLIE/チャーリー】

TOKYOlife

102,600

TAGLIATORE(タリアトーレ) ウール3者混 織柄Pコート【CHARLIE/チャーリー】

Pコートの枠を超えたエレガンスな佇まいに今宵もウットリさせちゃいます。TAGLIATORE(タリアトーレ)定番のエレガンスなPコート【CHARLIE / チャーリー】をご紹介致しましょう。誰もが羨むPコートといえば、タリアトーレ名作のCHARLIEではないでしょうか。チャーリーの持つ魅力はコンパクトなスタイリングに凝縮されたPコート然とした佇まいと、色気を漂わせる唯一無二の存在感にあります。大胆かつエレガンスにデザインされた大ぶりな襟元に加えて、今作にはTAGLIATORE(タリアトーレ)オリジナルボタンを採用した拘りの一着をセレクト。全体のフィッティングはスリムフィットになっており、野暮ったい要素を全て廃した見事なイタリアンコート。アームホールも従来のコートより少しばかり細く仕上げており、ジャケットを上から羽織れる設定になっているものの、ウェストをシェイプさせた華麗なパターンマジックも隠されています。また、裏地の上部にライニングをあて、背中にかけては一枚仕立ての仕様で軽快な着心地を実現。重厚感と色気の漂う外見とは裏腹にエアリーな着心地も魅力の一つとなっています。そして大ぶりな襟は立てて着用しても綺麗な佇まいを見せると共に、台襟にはボタンとタブを配置し細部まで拘りのアクセントを加えています。さらに、センターベントの切込みは深く入っており、後姿もセクシーなシルエットを演出出来るように計算されています。素材には上質なウールにナイロンをブレンドした3者混素材を採用しています。斜めに編み込まれた編地が特徴的な生地感は、単調になりがちなプレーンなスタイリングに奥行きをプラスして、素材の持つ魅力を全面に打ち出しています。大人の為のエレガンスなPコートを求めるのであれば、まずはTAGLIATORE(タリアトーレ)の定番【CHARLIE /...

スポンサーリンク
スポンサーリンク