メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ジャージー素材」検索結果。

ジャージー素材の商品検索結果全6,338件中1~60件目

CIRCOLO(チルコロ) 鹿の子ジャージーパンツ

TOKYOlife

29,160

CIRCOLO(チルコロ) 鹿の子ジャージーパンツ

CIRCOLO(チルコロ)から今シーズン待望の定番鹿の子ジャージパンツがデビュー!皆様お待たせいたしました!!大人の為のジャージーパンツとしてJediaでも人気を博すCIRCOLO(チルコロ)の定番モデルをご紹介です!!素材には通気性とストレッチ性を両立させた味わいのある鹿の子ジャージー素材を採用。全体に一度洗いをかけることで、ジャージーとは思えないヴィンテージライクな表情を演出し、カジュアルなパンツなのにどこか上品さを感じさせてしまう一本に仕上がっています。また、シルエットは程よくスリムなフィッティングにアップデート。「スウェット的」なシルエットだった一昔前からは全く違い、非常にJedia好みになっておりまして、現在では「ドレス的」なスマートな美脚ラインを描く秀逸なパターンメイクとなっています。その為、同素材のジャケットやジレとの3ピースのスーツライクスタイルもこなせるワケで御座います。休日のカジュアルスタイルを優雅に、そして気持ちよく過ごして頂く為の最良の一本として、この春夏は非常に重宝して頂けるハズ。この機会を逃さずに、ぜひともお試しくださいませ。

SALE開催中!
CIRCOLO(チルコロ) 鹿の子ジャージージャケット

TOKYOlife

52,920

CIRCOLO(チルコロ) 鹿の子ジャージージャケット

あのシーズンらしい素材の鹿の子を使用したドライタッチな鹿の子ジャージージャケットが帰ってきました!定番ジャージーアイテムをお持ちの方も、CIRCOLO(チルコロ)デビューな皆さまにもおススメしたいシーズナリティな鹿の子ジャージージャケット。ポロシャツなどでお馴染みの凹凸ある組織を使用した接地面を少なく、ドライタッチに着こなせるジャージージャケットは、シーズンの長いパートナーとなってくれます。通年使いも出来るコットンジャージージャケットは、昨今ではマストなアイテムとなりました。各ブランドからの提案も増えてきたカテゴリーではありますが、頭一つ抜けている、といった印象のCIRCOLO(チルコロ)。さすがテキスタイルカンパニーが手掛けているだけあって、コットンジャージーと言えど、上質で滑らかな素材、製品染めされた風合いにも貫録を感じさせてくれます。何より、そのフィッティングには驚愕。色んなブランドのストレッチアイテム、ジャケットに袖を通してきましたが、こちらのアイテムの着心地は吸い付くように滑らかで、細身のフィッティングにも関わらず、全くノンストレス。アウター使いはもちろんとして、アウター、コートのインナーにも使いやすく、そのポテンシャルの高さを感じさせてくれます。まずは、関係者から火がつきましたが、この心地よさ、形、素材の良さを知って納得の傑作ジャケットです。

SALE開催中!
TATRAS(タトラス) ジャージパンツ【MONTICCHIO】

TOKYOlife

34,560

TATRAS(タトラス) ジャージパンツ【MONTICCHIO】

シンプルながらクールなブラック、異素材使いのアクセント、スッキリしたシルエットで楽しむ大人のラグスポスタイル。ジャージーアイテムをここまでクールに進化させてくるTATRASのニューコレクション。まさに文句なしともいえるオトナ使いに適したジャージーパンツはそのこだわりにも注目。フィットネスウェアのような、マットなリブ使い。幅が広く、厚みのあるウエストリブ、コードを使用ししっかりとウエスト位置を決めベルトレスでスマートかつ快適なフィッティング。凹凸のあるマット質のリブには、従来のゴム編みリブとは異なり、ヌメり気のあるような、ウェットスーツのような弾力のある素材を、スウェットコットンとパッチワークさせた仕上げ。ポケット周りから、腿サイド側へと広げ、横からのシルエットをカットワークの巧みさでスラリとした美脚効果も実現。オールブラックながら素材使いの巧さもあり決して単調にならず高級感すら漂わせる風格はさすがのTATRAS。レングスの設定も少し短めにしてあり、きたるシーズンに向けての軽さも実現。大人のウィークエンドカジュアルを一気に格上げしてくれるジャージーパンツ。まさにスマートな大人が使うに適したジャージーパンツが登場です。

SALE開催中!
CIRCOLO(チルコロ) インディゴピケジャージ シングル2Bジャケット

TOKYOlife

59,400

CIRCOLO(チルコロ) インディゴピケジャージ シングル2Bジャケット

3ピースで揃えたくなる中毒性の高い一着です。定番ジャージーアイテムをお持ちの方も、CIRCOLO(チルコロ)デビューな皆さまにもおススメしたいのがコチラのインディゴピケジャージシリーズ。通気性の良いピケ織りのジャージコットンを、極限までデニム調へと仕立てたブランドらしい一着なのです。各ブランドからの提案も増えてきた【ジャージー】というカテゴリーではありますが、頭一つ抜けている、といった印象。やはりテキスタイルカンパニーが母体なだけあって、生地開発は非常に素晴らしく、上質で滑らかな素材に製品染めされた風合いには貫録を感じさせてくれます。さて、このインディゴピケジャージジャケットですが、何より、そのフィッティングが優秀なんです。抜群に伸びるストレッチ性を活かした着心地は、身体に吸い付くように滑らか。細身のフィッティングにも関わらず、全くのノンストレス。これだけ優秀なフィッティングとデザインですから、イタリアらしいスリムなシルエットを表現しつつも、大人の余裕を感じさせるスタイリングが完成するわけです。一度着てしまうと非常に中毒性の高いCIRCOLO(チルコロ)のジャージジャケット。これはイイ意味で、しっかりと慎重に選んで頂いたほうが良さそうです。

SALE開催中!
洗えるシルクジャージー×ニット ハイネック プルオーバー

ディノス

16,092

洗えるシルクジャージー×ニット ハイネック プルオーバー

伸縮性に富むシルクジャージー素材。フレンチスリーブや両脇裾のタックが体形を程良くカバーしながら、しなやかにフィットします。両脇裾スリット入りです。日常着こそ贅沢に。シルクジャージー素材は、上質なTシャツ感覚。DAMA Premium世代になったら、高品質な素材と丁寧な仕立ての拘りのTシャツを。カジュアルでも上質なものを選ぶことが、大人のおしゃれには肝要です。そこで手洗いができて、身体のラインを拾わず、部分的に共糸のリブ編みニットを使用した、シルクジャージーのプルオーバーを作りました。素材は、「(株)長谷川商店」のスパンシルク糸を用いた洗えるシルクジャージー。このハイネックは肩の丸みをきれいにみせるフレンチスリーブで、ネック部分と裾はフィット感のあるニットを一目一目拾い上げてリンキング。締め付け過ぎないように配慮されたリブ編みです。さらに両脇裾に入れたタックとリブ部分のスリット仕様で、体形をカバーしつつ快適な着心地。同じ糸で編んだカーディガン(商品番号:4876-01)とアンサンブルで着ても素敵です。プレシャスなシルクに親しむ日常。袖を通せば、“日本のシルクは艶と肌触りが違う!”と実感していただけることでしょう。「(株)長谷川商店」のスパンシルクを使用し、特徴として糸染めをしてからカットソー用の糸とニット用の糸に。カットソーの本体に部分的にリブ編みのニットをリンキングしたのプルオーバー(商品番号:4876-03〜05)に、総針編みニットカーディガン(商品番号:4876-01)、ミラノリブニットコーディガン(商品番号:4876-02)をアンサンブルとして、自由に組み合わせしていただけます。⇒ 「(株)長谷川商店」のスパンシルク を使ったアイテムはこちら##>

CIRCOLO(チルコロ) ベロア調ヘリンボーンジャガード ジャージジャケット

TOKYOlife

73,440

CIRCOLO(チルコロ) ベロア調ヘリンボーンジャガード ジャージジャケット

大人の色気あるジャケットスタイルもジャージーで楽に洒落込む時代です。CIRCOLO(チルコロ)メイドの秀逸ファブリックを纏ったジャージージャケットがJediaに登場デス!!通年使いも出来るジャージージャケットは、昨今ではマストなアイテムとなりました。今回ご紹介のコチラは深いネイビーが美しい素材感あるベロア調のジャージージャケット。微起毛した流れるような毛足が上品な一着となっています。ベロア調のジャージー生地が非常に色気を感じさせ、まさかコットンとは思えないほど滑らかな肌触りと着心地に驚くこと間違いありません。各ブランドからの提案も増えてき【ジャージー】カテゴリーではありますが、頭一つ抜けている、といった印象のCIRCOLO(チルコロ)。さすがテキスタイルカンパニーが手掛けているだけあって、ジャージーと言えど上質で滑らかな素材はウールアイテムとなんら遜色のない仕上がりとなっています。一番の注目ポイントは伸縮性の高いビヨーンと伸びるジャージー素材にあります。他ブランドのストレッチジャケットなど、今までも数多く袖を通してきましたがこちらのアイテムの着心地は吸い付くように滑らか。伸縮性も高いので文字通りノーストレスの着心地を実現しています。また、テーラードの構造をしっかりと理解したシルエットと仕立ては、一流テーラーを思わせるレベルの高さを感じます。全体を通して、やや細身のフィッティングにも関わらず全くのノーストレス。コートのインナーにも使いやすく、そのポテンシャルの高さを感じさせてくれます。まずは、関係者から火がつきましたが、この心地よさと形や素材の良さを知ってしまうともう離れられない。これは今後のジャージー界を担うのでは?と思わせる、そんな傑作ジャケットです。

SALE開催中!
SOLIDO(ソリード) 超度詰め天竺ジャージ シングル2Bジャケット 【RUTENIO】

TOKYOlife

54,000

SOLIDO(ソリード) 超度詰め天竺ジャージ シングル2Bジャケット 【RUTENIO】

まだご存知ない方は騙されたと思って一度お試しください。その人気の理由が一瞬でお分かりいただけるハズの傑作ジャケットがコレだ!ということで、今シーズンも抜群の安定感を誇るSOLIDO(ソリード)定番の美脚ジャージーパンツと同素材を使用したセットアップジャケット。ブランドの顔として、長きに亘って愛され続ける名作素材は今シーズンもジャケット単体としても登場!ここ、Jediaでも毎シーズン売れに売れまくってくれる同素材のジャージースラックス。その理由は、美脚シルエットに加え、ジャージーパンツ特有の楽チンで快適な履き心地にあるのです。それから数年の時を経て、やはり、というべきアイテムが3シーズン前から登場しました。それがコチラのジャケット。ジャージー素材ながら高級感ある天竺ジャージー生地はパンツアイテムのみならず、ジャケットとしてもスマッシュヒットとなりました。最大の理由…。それは多くの度詰め天竺ジャージースラックスをご愛用の皆さまのリクエスト。パンツが最高なので、ぜひジャケットも!そんな待望の声に応えての登場以来、スラックスユーザーさまはもちろんのこと。はじめましてのユーザーさまにも気に入って頂けて、ジャケット単品購入の方は漏れなくスラックスを、スラックスをお持ちの方はシーズンをまたいでのジャケット購入と。そのセットアップでの使い勝手の良さはJediaでの購入実績からも紐解けてしまう傑作アイテム。定番生地なので、慌てて購入でなくても良いのですが、結果使い勝手を考えると、スラックスを買うんなら、ぜひこちらのジャケットも強くおススメしておきましょう。そのセットアップスタイルはシンプルにして最強以外の何物でもありませんから。

SALE開催中!
<L.B.M.1911>ジャージースーツ/ダンディースーツ アウター

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

90,720

<L.B.M.1911>ジャージースーツ/ダンディースーツ アウター

老舗テーラー「ルビアム」の新機軸として生まれた〈L.B.M.1911〉。製品染めやウォッシュド加工をかけた素材使いとアンコンストラクテッドな仕立てのドレスウェアを提供しています。今回お届けするのは、伸縮性のあるジャージー素材を使った「ダンディー」シリーズのセットアップスーツ。フォーマルな見た目に反して、リラックス感のある着心地の一着です。コットン&ウールにポリエステル素材を混紡したジャージー素材は、見た目にはウールらしい雰囲気に仕上がっています。2つ掛けボタン、サイドはパッチポケット、胸もとには本格的テーラードらしいバルカポケットを採用。裏地は袖裏のみの一重仕立てになっているので、ジャージー素材の伸びやかな着心地が味わえます。一方のパンツも同様の素材を用い、ドレススラックスらしい仕立てになっています。 カラーはチャコール系の千鳥格子柄とライトグレー系ストライプの2モデルをご用意しました。いずれもトラディショナルなモチーフを採用し、かっちりとした印象です。ビジネスでの着用がメインですが、ジャージー素材を生かして休日でもラフなスーツスタイルを楽しんでみたり、上下別々でコーディネートしたりと、幅の広い使い方ができます。

<ヤコブ・コーエン>ジャージーGジャン アウター

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

41,580

<ヤコブ・コーエン>ジャージーGジャン アウター

「仕立ての良いテーラードジャケットにも似合うデニムパンツ」をコンセプトに製品作りを展開する〈ヤコブ・コーエン〉。ワークウェアに出自をもつジーンズに、ドレスパンツのような美しいシルエットと豪華な仕立てを大胆に取り入れ、「テーラードジーンズ」というジャンルを確立しました。そしてそのクリエイティビティは、決してジーンズだけにとどまりません。こちらは、当ブランドが得意とする上質デニムを使ったGジャン……にも見えますが、実はジャージー素材でつくられています。ヤコブ・コーエンらしい細身の美シルエットを備えているため、カジュアルなイメージの強いGジャンにして見た目はあくまでスタイリッシュ。そのうえソフトで伸縮性に富むジャージー生地なので、着心地は楽らく。そんな欲張りな一着となっています。 Tシャツやカットソーの上に着るのも良いですが、ぜひおすすめしたいのが、Gジャンを“インナー使い”したレイヤードスタイルです。たとえばトレンチやステンカラーコートのインに着たり、ウールのジャケットの下に合わせたり、あるいはレザージャケットのインナーとしたり…。インにGジャンが加わるだけで非常にこなれた装いへと昇華します。そんな際にもジャージー生地のこちらであれば、たとえタイトめでもデニムほど動きが制限されず、ゴワつきもありません。インディゴ染めが施された生地には洗いがかかっていて既に良い具合の色落ちやアタリが出ていますが、着こむことでさらなる経年変化もお楽しみいただけます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク