メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「マッセルバラ」検索結果。

マッセルバラの商品検索結果全19件中1~19件目

ディクロスフィールドブルゾン マッセルバラ アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

48,600

ディクロスフィールドブルゾン マッセルバラ アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

「良いジャンパーが欲しい」という思いに応える、上質撥水素材×レザーの大人の贅沢仕様。年齢を重ねるにつれて、その年齢に相応しい装いを心がけたい。そうした熟年世代の心情に寄り添い、同世代だからこそ作ることができるコンフォートなウェアを世に送り出してきた〈マッセルバラ〉。今回は、デザイナーの金田敏氏が自らの週末の過ごし方から発想を広げ、大人のための休日スタイルを提案します。「寒さが一段落する季節の休日に、気軽に羽織れるものといえばブルゾンでしょう。ジャンパーとも呼ばれるカジュアルの定番です。とはいえ高級車に乗っても映えるような、熟年世代にも相応しい品格を備えたものとなると意外とない。今回は、もっと良いジャンパーがほしいと思われている方に喜んでいただけるような一着を作りました。深みのあるネイビーは街でもアウトドアでも似合いますが、それだけだと味気ない。襟やポケット口に本革をきかせて高級感を出しています。ジャケットを着ない休日もこのブルゾンならだらしなく見えません。表地に使ったディクロス®マウリという撥水素材は、化繊とは思えないほど自然な風合いで、とにかく軽い。外出の際に欠かせないポケットも内外合わせて4個付けました。見栄えが良く、着れば快適なジャンパーに仕上げています」

こちらの関連商品はいかがですか?

米沢シルク・サッカージャケット イード&レイヴェンスクロフト ジャケット 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

129,600

米沢シルク・サッカージャケット イード&レイヴェンスクロフト ジャケット 【ライトアップショッピングクラブ】

稀少な高級番手を惜しみなく使用、比類なき“シルクサッカー”。サッカー地といえばコットン生地が一般的ですが、ロンドン最古のテーラーと称される〈イード&レイヴェンスクロフト〉がこだわったのは、シルク生地によるオリジナルのサッカー地です。絹織物の名産地、山形県米沢市で100年以上の歴史を持つ「鈴吉織物」によるもので、老舗の高度な技術とシルク糸への徹底したこだわりが生んだ逸品。厳しい基準でランク付けされるシルクの生糸の中でも、5%程度しか取れない最高ランクの6Aを使用した、高級和装にも使われる極細240番手の糸で織り上げています。太さと撚りの異なる繊細な2種の経糸を使い、旧式の低速織機でゆっくり織ることで、非常に美しい自然なシボが現れます。凹凸がもたらすさらりとした清涼感や涼やかな透け感、上品な光沢こそ鈴吉織物の真骨頂で、最高級の誇りでもあります。英国王室より3つのワラントを授かる名門〈イード&レイヴェンスクロフト〉のテーラードジャケットは、この上質なシルクサッカー地の特性を最大限に生かしながら大切に仕立てたもの。芯地の工夫で軽量化を行い、ノーパッドでありながらも着くずれしにくい楽な着心地を実現。淡いピンクとブルーのウインドーペーンも秀逸で、英国調のラグジュアリーな装いを演出します。

ラグジュアリー・サマーツイードジャケット ドルシス ジャケット 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

49,680

ラグジュアリー・サマーツイードジャケット ドルシス ジャケット 【ライトアップショッピングクラブ】

“清爽ツイード”を 軽妙に羽織る。時代を超えて愛される英国伝統の素材ツイードは、秋冬の素材という印象が強いかもしれません。その味わいのある表情を秋冬だけ楽しむというのではもったいない。そこで夏もツイードの趣を堪能してほしいという思いから、英国サヴィル・ロウゆかりの名門〈ドルシス〉が日本有数の織物産地である尾州の機屋に依頼し、試行錯誤の末に作り上げたオリジナル生地が「ラグジュアリー・サマーツイード」です。80番手の強撚ウールを主とし、シルクとリネンを交織したツイードは、それぞれの素材の魅力を最大限に引き出すため、糸の配列や織組織を綿密に計算し、丁寧に作り込んだもの。繊細なウールのソフトな風合い、シルクの滑らかさと光沢、リネンの吸湿・速乾性や清涼感が調和した、格別の着心地をもたらします。さらにポリウレタンとポリエステルの混紡により、シワになりにくく、程よいストレッチ性があり、非常に軽やか。また仕立ての際に芯地などを極力使わず、軽量化を図っています。5種類の素材が織りなす豊かな表情を軽やかに楽しめる贅沢なジャケットに仕上がりました。

シルク・スリーシーズンジャケット クレイグ アレクサンダー ジャケット 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

63,720

シルク・スリーシーズンジャケット クレイグ アレクサンダー ジャケット 【ライトアップショッピングクラブ】

シルクでありながらドライ。特殊加工で実現した爽快なニット。英国の老舗ニットメーカーや有名ブランドで辣腕を振るってきたクレイグ・アレクサンダー氏は語ります。「かつては、シルクといえば織物であるサテンシルクが一般的でしたが、やがて編み組織であるシルクニットが台頭してきました。しかし、これはあくまでもメリヤスのことで、薄手のカーディガンにしかなりません。そこでまず素材は、手を尽くした中で麻のようにコシのある、日本の特殊な紡績技術で作られたシルクを用いることを思いつきました。清涼感がありつつも、表情の奥行きが感じられ、ジャケットに相応しいハリのあるオリジナルの編み組織を融合しながら、複雑な仕立てを要するテーラーリングのパターンを応用。これで、女性的だったシルクニットのイメージを覆す、立体的で美しいジャケットを完成させることができました。柄は、日本の浴衣に多い「矢絣(やがすり)」を原点とする、爽やかで奥行きのある“矢振り柄”を身頃に使用。肌離れが良く、透け感もあるので春から秋までの3シーズン心地よく着用できます。また繰り返し着用することで、より肌に馴染むようにもなります。シルク100%ならではの贅沢な着心地を、末長くお楽しみください。」

ジェントルマンズ・ジャケット カインドウェア 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

58,320

ジェントルマンズ・ジャケット カインドウェア 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

全てのTPOを満たす、〈カインドウェア〉 の集大成。「"ミッドナイトブルー(黒よりも黒に見える紺)"こそ、日本人の美意識に相応しい色味です」フォーマルウェアにおいて"より深い黒"を追求してきた同社が選んだ色は、限りなく黒に近い紺であるミッドナイトブルー。この色は社交文化が華やかなりし1930年代、白熱灯の下で黒よりも深い黒に見えることから人気を博し、稀代の洒落者として名を馳せた英国のウィンザー公も同色のタキシードを誂えたといわれています。「ミッドナイトブルーは同窓会や祝賀会といった身近な場面からクルーズでのディナーまで、さまざまなドレスアップの場面をカバーできる正統派の色。黒の礼服に親しんできた方にも着こなしていただきやすいと考えました」と加藤さん。これまで同社が築いてきた黒の礼服の歴史を汲みながら、世界に通用する価値を持つミッドナイトブルーは、今回の装いにとって唯一無二の色です。「〈葛利毛織〉でなければ至高の生地は創れませんでした」生地は毛織物で名高い尾州で100年以上の歴史を誇る〈葛利毛織〉に特別依頼。「日本から世界に発信する“礼儀作法”に相応しい素材は、〈葛利毛織〉でなければ創れませんでした」と加藤さんは振り返ります。糸の特徴に合わせて織り方を絶妙に調整することができるため、天然素材の特徴を引き出すのに最適な昔ながらのションヘル織機を用いて織り上げた生地は、「柔らかい風合いがあり、シワが寄りにくく形崩れもしにくい」特徴を持っています。滑らかで光沢に富み、柔軟で毛羽の出にくいことからフォーマルウェアでも用いられる繻子織を採用し、経糸に濃紺、緯糸に黒を用いることで「黒のような深みのある紺と二重織のような弾力性を持つ、ドレスアップに最適なオリジナル素材」が誕生しました。ジャケットはノッチドラペルに2つボタンのデザインで...

ウールシルク・エアリージャケット セイ 1927 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

81,000

ウールシルク・エアリージャケット セイ 1927 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

軽妙洒脱な“尾州ウールシルク”の気品昭和2年創業の老舗紳士服専業メーカー〈井上清〉がプロデュースするブランド〈セイ 1927〉。ご紹介するのは、軽くソフトな着心地で上品な雰囲気が漂う、ウールシルクのジャケットです。“軽さ・肌触りのよさ・上質さ”の3つを実現すべく、生地の製作は日本を代表する毛織物の産地、尾州で100年の歴史を持つ機屋に〈セイ 1927〉が特別に依頼しました。経糸、緯糸ともに、極細スーパー120’sのファインメリノウールを芯にし、太さが均一で毛羽の少ない上質な生糸を巻き付けた、超軽量の糸を採用。糸を巻き付けるという工夫によって、少ない糸量でも生地の強度を保てるようにしました。大変細い糸のため撚糸・製織工程には高度な技術と手間を要しますが、それだけに織り上げた生地は格別の仕上がり。表面に綾織の上品な織り柄が浮かび、ウールの滑らかな風合いにシルクのほのかな光沢が、品格ある表情を引き立てます。また、ブルーグレーの色合いにもこだわりが光り、芯に使ったウールにはグレーとネイビーを、巻き付けた生糸には晒と黒の計4色を交織し、深みあるカラーを巧みに表現しています。デザインは本格的な毛芯縫製のテーラードですが、肩パッドの代わりに胸増し芯を肩まで広げており、リラックスした着心地を得られながらも着崩れしにくくなっています。生地の特性を活かした薄手で上質な一着。その魅力をぜひ実感していただきたい逸品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク