メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「メンズニットカーディガン」検索結果。

メンズニットカーディガンの商品検索結果全16,400件中1~60件目

送料無料
アンテプリマ アローバー/ブラック(サイズ48) アンテプリマ

アンテプリマ

108,000

アンテプリマ アローバー/ブラック(サイズ48) アンテプリマ

【Mr. Robert Campbell×ANTEPRIMAコラボレーション ユニセックスニット】日本文学研究者であり東京大学大学院教授でもあるロバート キャンベル氏とのコラボレーション。『知性を忘れず、でも理屈抜きに感性を楽しみたい人に、「オン」と「オフ」の融合を味わっていただきたい。』というキャンベル氏の思いを込めて作り上げたニットシリーズです。着やすく、脱ぎやすく、ラグジュアリーもあってヒップなテイストのオールインワンニット。男性も着こなせる「ワンピース」を目指しました。日本の秋・冬・春にご活用いただける、上質感溢れる美しい1枚です。キャンベル氏が一番欲しがっていたものでもあり、人それぞれにいく通りもの着方ができ、おしゃれ着にも究極の普段着にもなります。上に同シリーズのFULL MILANO RIBをはおっていただいたり、下にシャツを重ねていただいたり、とコーディネートをお楽しみください。■ロバート キャンベル(Robert Campbell)氏プロフィール日本文学研究者・東京大学大学院教授。近世・近代日本文学が専門で、とくに19世紀(江戸後期~明治前半)の漢文学と、漢文学と関連の深い文芸ジャンル、芸術、メディア、思想などに関心を寄せている。テレビでMCやニュース・コメンテーター等をつとめる一方、新聞雑誌連載、書評、ラジオ番組出演など、様々なメディアで活躍中。 その他

送料無料
アンテプリマ リブ/ブラック×ピーコックブルー(サイズ40) アンテプリマ

アンテプリマ

75,600

アンテプリマ リブ/ブラック×ピーコックブルー(サイズ40) アンテプリマ

【Mr. Robert Campbell×ANTEPRIMAコラボレーション ユニセックスニット】日本文学研究者であり東京大学大学院教授でもあるロバート キャンベル氏とのコラボレーション。『知性を忘れず、でも理屈抜きに感性を楽しみたい人に、「オン」と「オフ」の融合を味わっていただきたい。』というキャンベル氏の思いを込めて作り上げたニットシリーズです。地厚なリブ編みのプルオーバー。裾のリブが半分程腰に垂れるようにデザインされており、ベースのブラックと差し色のピーコックブルーが重なるようになっています。そのアシンメトリーなラインが、腰回りをすっきりと見せてくれます。■ロバート キャンベル(Robert Campbell)氏プロフィール日本文学研究者・東京大学大学院教授。近世・近代日本文学が専門で、とくに19世紀(江戸後期~明治前半)の漢文学と、漢文学と関連の深い文芸ジャンル、芸術、メディア、思想などに関心を寄せている。テレビでMCやニュース・コメンテーター等をつとめる一方、新聞雑誌連載、書評、ラジオ番組出演など、様々なメディアで活躍中。※サイズ表記について40:レディース Mサイズ46:メンズ Mサイズ48:メンズ Lサイズ その他

送料無料
アンテプリマ フル ミラノ リブ/ジャケット/ブラック×ピーコックブルー(サイズ48) アンテプリマ

アンテプリマ

118,800

アンテプリマ フル ミラノ リブ/ジャケット/ブラック×ピーコックブルー(サイズ48) アンテプリマ

【Mr. Robert Campbell×ANTEPRIMAコラボレーション ユニセックスニット】日本文学研究者であり東京大学大学院教授でもあるロバート キャンベル氏とのコラボレーション。『知性を忘れず、でも理屈抜きに感性を楽しみたい人に、「オン」と「オフ」の融合を味わっていただきたい。』というキャンベル氏の思いを込めて作り上げたニットシリーズです。ボリューム感たっぷりのダブルブレストニットジャケット。襟にあしらったピーコックブルーはネクタイのように、胸元の印象をグッと引き締める効果をもたらします。正に「オン」と「オフ」の境界線を越えたコーディネートを実現する優秀アイテムです。■ロバート キャンベル(Robert Campbell)氏プロフィール日本文学研究者・東京大学大学院教授。近世・近代日本文学が専門で、とくに19世紀(江戸後期~明治前半)の漢文学と、漢文学と関連の深い文芸ジャンル、芸術、メディア、思想などに関心を寄せている。テレビでMCやニュース・コメンテーター等をつとめる一方、新聞雑誌連載、書評、ラジオ番組出演など、様々なメディアで活躍中。 その他

送料無料
アンテプリマ リブ/ブラック×ピーコックブルー(サイズ46) アンテプリマ

アンテプリマ

75,600

アンテプリマ リブ/ブラック×ピーコックブルー(サイズ46) アンテプリマ

【Mr. Robert Campbell×ANTEPRIMAコラボレーション ユニセックスニット】日本文学研究者であり東京大学大学院教授でもあるロバート キャンベル氏とのコラボレーション。『知性を忘れず、でも理屈抜きに感性を楽しみたい人に、「オン」と「オフ」の融合を味わっていただきたい。』というキャンベル氏の思いを込めて作り上げたニットシリーズです。地厚なリブ編みのプルオーバー。裾のリブが半分程腰に垂れるようにデザインされており、ベースのブラックと差し色のピーコックブルーが重なるようになっています。そのアシンメトリーなラインが、腰回りをすっきりと見せてくれます。■ロバート キャンベル(Robert Campbell)氏プロフィール日本文学研究者・東京大学大学院教授。近世・近代日本文学が専門で、とくに19世紀(江戸後期~明治前半)の漢文学と、漢文学と関連の深い文芸ジャンル、芸術、メディア、思想などに関心を寄せている。テレビでMCやニュース・コメンテーター等をつとめる一方、新聞雑誌連載、書評、ラジオ番組出演など、様々なメディアで活躍中。※サイズ表記について40:レディース Mサイズ46:メンズ Mサイズ48:メンズ Lサイズ その他

カシミヤホールガーメントハイネックプルオーバー 外村 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

23,760

カシミヤホールガーメントハイネックプルオーバー 外村 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

継ぎ目のない柔らかな着心地にうっとり高級婦人服生地の企画製造卸として昭和25年に創業した〈外村〉。同社は高級天然繊維を得意とし、国内ブランドからオートクチュールまで幅広く服地を提供する一方、自社オリジナルのウェアも製作しており、上質な素材を使用した日常着で人気を集めています。ご紹介するプルオーバーは、同社が厳選した上質なカシミヤを贅沢に使用した一枚。20番手双糸を使って、脇に接ぎ目ができないようホールガーメント(R)の編み機でざっくりと編み上げることにより、肌当たりがよく軽やかな着心地を実現しました。カシミヤならではの柔らかな肌触りと優しい温もりも存分に味わえます。デザインは、シンプルなハイネック。襟と袖口、裾をリブ編みにすることでアクセントを付けました。ジャケットの下に着てももたつかないよう、生地の厚みや着た時のシルエットなど細部にまでこだわっているのもポイント。気になる腰まわりをカバーしてくれる程よい着丈なので、パンツにもスカートにもバランスよく合わせられます。寒い時期の定番として永くご愛用いただける一着です。

海島綿七分袖リブボーダーカーディガン 丸善 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

32,400

海島綿七分袖リブボーダーカーディガン 丸善 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

海島綿のウェアで凛と美しくカシミヤのような滑らかな肌ざわりとシルクのような光沢を併せ持つ、高級コットン「海島綿」。カリブ海や西インド諸島のごく限られた地域でしか栽培できず、生産量は綿全体のおよそ10万分の1。その稀少性ゆえに“幻のコットン"とも称されています。海島綿は16世紀後半、英国が西インド諸島を領有した際に王室に献上されて以来、英国が厳しく管理。長きにわたり門外不出でその品質が守られてきました。そのため日本での入手は大変困難でしたが、〈丸善〉は1975年に原綿の輸入が認められる以前からいち早く海島綿を紹介。「〈丸善〉に行けば海島綿の商品が手に入る」と評判になったほどです。現在もなお海島綿を扱えるのは、厳しい基準を設けた審査をクリアしたメーカーのみ。そんな海島綿の格別な風合いを愉しめるトップスをご紹介します。こちらは、細い縞を3本ずつ組み合わせたボーダー柄がスタイリッシュな印象のカーディガン。太めのリブ編みで仕上げているためやや伸縮性があり、身体に優しくフィットし、スタイルをすっきりと見せてくれます。襟ぐりが浅めのVネックで着こなしやすく、多彩なコーディネートに活躍。冷房除けとしても便利な一着です。

スモールマフラー付カシミヤクルーネックセーター マッセルバラ セーター 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

54,000

スモールマフラー付カシミヤクルーネックセーター マッセルバラ セーター 【ライトアップショッピングクラブ】

クルーネックとスモールマフラーの合わせ技で、心地よさと洒落感が格段にアップ。東京の南青山から大人に相応しいカジュアルウェアを発信する〈マッセルバラ〉。オーナー兼デザイナーの金田敏氏が提案するウェアは、自分と同じ熟年世代の視座に立った独自のアプローチが特徴です。ご紹介するアイテムも、自らが考案し愛用していたスタイルを、ぜひお客様にも試していただきたいとの想いから製品化を実現。金田氏にそのこだわりを伺いました。 「私はカシミヤセーターをTシャツの上から直に着るのが好きで、ずっとこの着こなしを楽しんでいます。心地よくて一度味わうと、やめられなくなりました。この着方が何よりカシミヤの暖かさを実感できると思うのです。さらにクルーネックセーターにスモールマフラーを合わせるのが、私流の着方です。たまたま、自分の子供が使っていた子供用の小さなマフラーがあって、スカーフのように着用してみたら丁度よかったというのがきっかけでした。クルーネックの中にスモールマフラーを入れ込んで着用すると、襟元が暖かで、しかも洒落た雰囲気になります。歳を重ねると、首元にはやはり巻物が欲しいんですね。巻物を添えるとさまになるんです。スカーフのように着用できるニットマフラーなんて、たぶん他に無いと思います。ニットですと巻いた際に襟元がくずれにくいというメリットもありますね」

スポンサーリンク
スポンサーリンク