メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「リネン」検索結果。

リネンの商品検索結果全16,400件中1~60件目

洗えるリネン フレア袖 プルオーバー

ディノス

8,750

洗えるリネン フレア袖 プルオーバー

ふんわり広がったフレアスリーブがフェミニンなブラウス。丈をやや長めにしたことで、気になるお腹まわりもカバーできます。テラコッタは別注色。派手すぎず、渋くならず、絶妙な色合いに染め上げました。素肌にもやさしく心地よいジャパンリネンを求めて細番手の麻糸を平織りした、上等で高価な麻織物が「上布」。新潟県の越後上布、沖縄県の宮古上布、そして滋賀県で生産される近江上布が有名です。豊かな琵琶湖の水源に恵まれ、伝統的な麻織物のバックグラウンドを持ちながら、いまの時代に合った製品をつくるため、日々研究を重ねている滋賀県東近江にある工場を訪問しました。私たちが求めた、蒸し暑い夏も涼しく、素肌に着てもやわらかなリネンを実現してくれたのは、株式会社大長の大橋富美夫さん。代々、織物整理加工業を営み、仕上げた織物は目を見張る美しさです。「糸選び、織り方はもちろん重要ですが、織りあがった布をどう整えるか??。ここからの仕事で、風合いはもちろん、扱いやすさもがらりと変わるんです」と大橋さん。織り上がった原反を機械に入れ、麻特有の繊維の毛羽を火で焼くことで、まずはチクチクしないなめらかな表面に整えます。さらに生地をやさしくたたきほぐす特殊な加工をほどこすことで、リネンの特徴である堅さのある生地感がなめらかに変化。ほのかな光沢をたたえた、ソフトな風合いは見違えるほどです。多くの人の知恵と手間を重ねて生み出された「日常の贅沢」を、ぜひ肌で感じてください。⇒ 洗えるリネンシリーズのアイテムはこちら##>【So close日本最古の布として発掘されたのは、麻の織り物でした。麻本来の個性を生かしながら、現代に合ったリネンをつくるのは、日本各地で研鑽を重ねる職人たち。夏肌に心地よく、くつろげる着心地を約束するアイテムが完成しました。

送料無料
サファリジャケット メンズ リネン ホワイト ネイビー 805

select shop HK/エイチケー

17,064

サファリジャケット メンズ リネン ホワイト ネイビー 805

OZZ オズ サファリジャケット ホワイト 白 ネイビー 紺 藍 リネン 綿麻− ナチュラルかつエレガント − トレンドのリゾート感を表現する春夏のコート。 リネンとコットンをミックスした通気性がよく、ナチュラルな風合いの生地が特徴。 適度なしわ感を生む独特の加工を施し、コーディネートをリラックスしたリゾートスタイルに仕上げます。 MEDIA STYLING POINT 通気性の良い綿麻素材 リネンとコットンをミックスした通気性がよく、ナチュラルな風合いの生地が特徴。 適度なしわ感を生む独特の加工を施し、コーディネートをリラックスしたリゾートスタイルに仕上げます。 DETAIL ボタン 首元(開けた状態) 首元(締めた状態) 袖口 VARIATION SIZE & FABRIC サイズ感 staff:コバヤシ 身長:170cm/体重:54kgやせ型 着用サイズ:M staff:コオリヤマ 身長:171cm/体重:66kg標準体型 着用サイズ:M staff:イマイ 身長:181cm/体重:73kg標準体型 着用サイズ:L サイズスペック cm 胸囲着丈肩幅袖丈 M 106684362.5 L 112704564.5 LL 118714765.5 ※サイズは置いて測った「実寸」です。実際のヌードサイズより余裕を持ったものをお選びください。 ※写真モデル:身長:170cm/体重:54kg Mサイズ着用 参考:サイズの測り方 素材 綿55%、麻45% ※モニタの種類・設定等により、実物と色が若干異なって見える場合がありますので、予めご了承ください。

<グラミチ>リネンコットン・ナローリブパンツ ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

12,744

<グラミチ>リネンコットン・ナローリブパンツ ボトムス

肌触りの良いリネン×コットン素材を用いた〈グラミチ〉の新作リブパンツが登場しました。すっきり見えるナローシルエットなので、街ばきがしやすくなっています。裾がリブ仕様になっているのでサンダルやローカットのスニーカーにマッチし、自転車に乗るときなどにも裾まわりが邪魔になりません。リネン特有のシャリッとした肌触りを持ちつつ、コットン素材を混紡しているので取り扱いやすくなっています。フロントは片手でサイズ調整ができるウェービングベルトがつき、前立てがファスナー仕様になっているので実際に開けることも可能。背面は右サイドに便利なポケットがつき、面ファスナー(ベルクロ)仕様になっているので安心です。生地には製品洗い加工をかけてあるので、風合い豊かな表情に仕上がっています。 リネン素材とクライミングパンツという珍しい組み合わせの新作パンツ。ベルトを使わずにはけるので、旅行やアウトドアにおすすめです。リネン素材の風合いを生かした「グレージュ」、さまざまなコーディネートに使いやすい「ネイビー」と「ブラック」の3色をご用意しています。

イタリア糸 シルクリネン アンサンブル(カーディガン+プルオーバー)

ディノス

22,356

イタリア糸 シルクリネン アンサンブル(カーディガン+プルオーバー)

夏肌をそっと彩るシルクリネンの色彩美。昨年もご好評をいただいたイタリア「ロロ・ピアーナ」社のシルクリネンは、さらりとした肌触りと上品な光沢が両立した優秀素材。今回は、より「絵になる一着」を追求しました。カーディガンは、上品な総針編みで、前身頃のパッチポケットと同じ編み地を使ったくるみボタンをアクセントにしたミニマルデザイン。プルオーバーも総針編みを用いながら、丹念な減らし目を駆使して襟元のカーブや腕をすっきり見せるアームホール、つかず離れずのシルエットを表現。さらにボトルネックでさりげなく流行感を香らせて。色は夏の陽射しを心地よく受け止めるカーキとネイビーをご用意。≫ POINT・ラグランスリーブと総針編みでつかず離れずのシルエットがこなれ感を演出。すっきり見せた前立てには、ニットのくるみボタンを配しています。・シルクの光沢とリネンのフシ感を備えたメランジカラーが特徴の「ロロ・ピアーナ」社のシルクリネンニット。清涼感のあるネイビーが夏気分!※さらにお得なスーツセットもご用意しております!⇒ イタリア糸 シルクリネン シリーズのアイテムはこちら##>【本物を装う】 夏なればこそ、涼やかに洗練を纏う猛暑の季節にしかできないお洒落を愉しむ?。それが、「本物」を知る大人の美しい夏の過ごし方です。DAMAコレクションが自信を持っておすすめする名素材をご紹介します。

chocotte あざみの懐紙入れ リネン生地 Kaishi case

こだわりの和雑貨 和敬静寂

2,700

chocotte あざみの懐紙入れ リネン生地 Kaishi case

ナチュラルリネンを使った懐紙入れを作りました。リネン生地に裏張りをし、野に咲くあざみや草花をシルクスクリーンプリントしました。花に誘われてやってきた蝶々や、ポケット部分には猫の姿も。内側の生地には、市松模様や縞のコットンを組み合わせました。白のプリントには、赤の市松模様、ボルドーのプリントには、黒の縞模様を。閉じたときに、ちらりと見える生地がアクセントになっています。内側にはポケットがふたつついています。懐紙入れは本来、お茶の席で使われるものですが、最近では、懐紙を普段から持ち歩き、日常で使う女性が増えています。お菓子をのせたり、お金を包むときに使ったり。ティッシュよりも品があり、ちょっとしたときにとても便利です。また、通帳やパスポート入れとして、カード型のモバイルバッテリーケースとして、色々な使い道を見つけてくださいね。※おくすり手帳の場合、ポケットからはみ出るため、閉じたときにふた部分が少し持ち上がります。>> chocotteの商品一覧はこちら 仕様 閉じたサイズ:約ヨコ16.5×タテ10.5(cm) 開いたサイズ:約ヨコ16.5×タテ20.5(cm) 表側生地:リネン100% 内側生地:綿100% 無地懐紙10枚入り ラッピングをご希望のお客様は、ラッピング用品も同時にお買い求めください。 この商品は、以下のラッピングが可能です。 ◎和紙袋 50円 この商品は楽天国際配送対象商品(海外配送)です。詳細はこちら。Rakuten International Shipping ItemDetails click here 【国際格安配送】【国際メール便】もいたします。※一部大きい商品は除く本職の映像の仕事の傍ら、個人で立ち上げたブランド。布へプリントする版の製作からデザインまで、トータルでものづくりをしています。コンセプトは...

洗えるリネン フレアスカート

ディノス

10,632

洗えるリネン フレアスカート

腰まわりはすっきりと、裾にかけて広がる美シルエットにこだわったミモレ丈スカート。繊細な質感に生まれ変わったリネン地は、これまでの「リネン=カジュアル」という概念を覆すかのようなエレガントさ。やや紫を感じる爽やかなアイリスブルーは今回の別注色です。素肌にもやさしく心地よいジャパンリネンを求めて細番手の麻糸を平織りした、上等で高価な麻織物が「上布」。新潟県の越後上布、沖縄県の宮古上布、そして滋賀県で生産される近江上布が有名です。豊かな琵琶湖の水源に恵まれ、伝統的な麻織物のバックグラウンドを持ちながら、いまの時代に合った製品をつくるため、日々研究を重ねている滋賀県東近江にある工場を訪問しました。私たちが求めた、蒸し暑い夏も涼しく、素肌に着てもやわらかなリネンを実現してくれたのは、株式会社大長の大橋富美夫さん。代々、織物整理加工業を営み、仕上げた織物は目を見張る美しさです。「糸選び、織り方はもちろん重要ですが、織りあがった布をどう整えるか??。ここからの仕事で、風合いはもちろん、扱いやすさもがらりと変わるんです」と大橋さん。織り上がった原反を機械に入れ、麻特有の繊維の毛羽を火で焼くことで、まずはチクチクしないなめらかな表面に整えます。さらに生地をやさしくたたきほぐす特殊な加工をほどこすことで、リネンの特徴である堅さのある生地感がなめらかに変化。ほのかな光沢をたたえた、ソフトな風合いは見違えるほどです。ちょうどスカート用の生地を染めていた工場も訪問。澤染工有限会社の澤博さんは、「色の微調整には職人の経験と勘がやはり決め手になるんですよ」と別注色アイリスブルーの染色工程を見せてくれました。何度も染料の中をくぐらせて、しっかり望みの色を引き出し定着させる。多くの人の知恵と手間を重ねて生み出された「日常の贅沢」を、ぜひ肌で感じてください。⇒...

スポンサーリンク
スポンサーリンク