メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「中わたジャケット」検索結果。

中わたジャケットの商品検索結果全1,124件中1~60件目

送料無料
セールAVIREX(アビレックス)同色系刺繍スカジャン(スーベニアジャケット)EMBROIDERY SAME COLOR SUKA JACKET 6162152★アヴィレックスAVIREX 2016...

cansasキャンサス

12,830

セールAVIREX(アビレックス)同色系刺繍スカジャン(スーベニアジャケット)EMBROIDERY SAME COLOR SUKA JACKET 6162152★アヴィレックスAVIREX 2016...

※お客様にお得情報※ ↓ご注文前にぜひお読みください↓ エコに協力してお得にお買物エコ梱包 (^o^)♪ ご協力いただけるお客様は ■梱包方法■選択肢の 「♪エコ梱包に協力する」 を選択してご注文をお願いいたします 送料無料&代引き手数料無料! AVIREXのスカジャン 2016AW SOUVENIR COLLECTION 派手すぎずコーディネートしやすいデザインが好印象のスカジャンです☆ リップストップナイロンを使用し同色の刺繍で、遠目からはシンプルなジャケットのようですが、近くで見ると和柄とミリタリーマークの同色刺繍がポイントです。 横振りの刺繍で立体的に表現されたトラの柄も上品な仕上がり スカジャン初心者の方にもオススメ 素材 表地…ポリエステル100% 裏地…ポリエステル100% 中わた…ポリエステル100% リブ部分…ポリエステル100% 実寸 (当社計測、若干の誤差はご容赦願います) Mサイズ…身幅約53cm着丈約63cm Lサイズ…身幅約56cm着丈約66cm XLサイズ…身幅約58cm着丈約68cm メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています~AVIREX(アビレックス)同色系刺繍スカジャン(スーベニアジャケット)EMBROIDERY SAME COLOR SUKA JACKET 6162152~ AVIREX(アヴィレックス) 1975年にAVIREXは誕生しました 名前の由来は、AVIATOR(飛行機乗り)とREX(ラテン語で王様)を組み合わせた造語で"空の王様"を意味し、今から70年以上前、まだ空を飛ぶことが非常に危険だった時代に、大空を駆け抜けることに思いを馳せたAVIATORたちへの敬意がこめられています 古き良き時代のアメリカン・スピリッツ、フライトジャケットの歴史...

送料無料
メンズ/THE NORTH FACE ザ ノースフェイス/ ダウンジャケット アコンカグア ACONCAGUA JACKET/ND91648

倉敷ビッグアメリカンショップ

33,480

メンズ/THE NORTH FACE ザ ノースフェイス/ ダウンジャケット アコンカグア ACONCAGUA JACKET/ND91648

※当ホームページの掲載商品は、実店舗でも同時に販売を行っているため、 時間差で完売してしまった商品が掲載されている場合がございます。 ご注文後にキャンセルさせて頂く場合もありますので、予めご了承ください。 ※実物の色と画像で見る色が若干異なる場合があります。 採寸位置/サイズML 着丈64cm67cm 身幅52cm54cm 肩幅47cm49cm 袖丈59cm61cm ※サイズには多少の誤差があります。あくまでも目安としてお考えください。 素材表地:ナイロン-100%中わた:ダウン-72%、レーヨン-20%、その他の羽毛-8%裏地:ナイロン-100% 生産国MADE IN VIETNUM 備考THE NORTH FACE ザ ノースフェイスACONCAGUA JACKETND91648 【ブランド説明】 1966年、米国のカリフォルニア州サンフランシスコで創業。高品質のグースダウンを惜しげもなく使用したクオリティの高いスリーピングバッグ、ダウンパーカの原形ともいえるシェラ・パーカ、世界初のドーム型テント「オーバルインテンション」など、一切の妥協を許さず、高機能を追求し、テクノロジーの限界に挑戦し続けてきた世界のアウトドア・ブランドです。

暖か中わたのハーフコート セイ 1927 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

79,920

暖か中わたのハーフコート セイ 1927 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

軽やかに上質素材を羽織る。ラムウールと綿を使った、滑らかな生地の心地よさ。寒い時期の定番アウターである中わた入りのコートは軽さと暖かさが魅力ですが、見た目がカジュアルすぎるものが多いのも事実です。そこでお薦めしたいのが、上質素材とシルエットにこだわった「暖か中わたのハーフコート」。銀座の高級紳士服店にも製品提供をしている老舗メーカー〈井上清〉のオリジナルブランド〈セイ 1927〉が手がけた、紳士のための一着です。こちらのコートに使われている生地は、上質なラムウールと細番手の綿糸を用い、日本を代表する織物産地の尾州でゆっくりと丁寧に織り上げたものです。生地を起毛させてから毛並みの方向を揃えるビーバー仕上げを施すことで、ふっくらとソフトな風合いに仕上げています。綿混素材なので強度があり、形崩れしにくいのも特徴です。内側のキルティングには高機能中わた「エアパック®」を使用。繊維の間にたっぷりと空気を含んでいるため、通常のポリエステル中わたよりも保温性に優れ、袖を通せばふわりと軽く、柔らかな着心地を実感できます。デザインは肩まわりが動かしやすいラグランスリーブ。ウエスト内側にはドローコードが付き、中に着るものに合わせてシルエットを調節できるようになっています。襟の内側には取り外しができるウールのニット付き。首まわりも暖かく、カジュアルスタイルにも合わせやすくなっています。さりげなく高級感を漂わせるコートは改まった場面でも普段の外出でも存在感を発揮してくれます。

よろけステッチの格子柄コート 林キルティング 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

74,520

よろけステッチの格子柄コート 林キルティング 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

表情豊かなステッチを纏うキルティング技術はこれまで、どちらかというとそのデザイン性より機能性という面で注目を集めてきた。生地と生地の間に薄いわたを挟み込み、ミシンなどで縫い合わせていく。そうすることで中わたをズレにくくして、生地に保温性やふんわりとした柔らかさを持たせる、それが従来のキルティングに求められてきたものでした。そんな固定観念を覆し、キルティングをデザインの一部としてウェア作りを行っているのが、繊維産業の街として知られる大阪・岸和田市に拠点を置く〈林キルティング〉です。代表の林千尋さんは、「単純にキルティングを製造するのではなく、素材やデザインにこだわり、より付加価値の高いものを作りたい」と、キルティングの新しい可能性を追求したウェア作りを目指しています。熟達した匠の技によるよろけ格子柄が魅力。ご紹介するのは、よろけたようなステッチ使いで細かいラインの格子柄を連ねたコート。単調な格子柄にはない、味わい深い表情は熟達した匠の技によるもの。基布はポリエステルの平織生地にオーガンジーをのせることで、シャンブレーのような光沢を生み出した。薄い中わたを入れているため、キルティングに繊細な陰影がつき、印象深い生地に仕上がっています。ゆとりのあるラグランスリーブなので腕を動かしやすく、シルエットは体形をさりげなくカバーしてくれるAライン。重ね着する事が多くなるシーズンに重宝します。もちろんキルティングならではの、軽やかでありながらほんのり暖かな着心地も魅力。他の人と差をつけたお洒落を愉しみたい方にぜひお薦めしたい一着です。

旅に便利なコンパクトダウンハーフコート ザンター 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

42,120

旅に便利なコンパクトダウンハーフコート ザンター 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

楽に持ち運びでき、軽やかに羽織れる一着裁断から仕上げまで国内一貫生産にこだわり、品質の高さをキープしているダウンウェア専門メーカー〈ザンター〉。ご紹介するのは軽くて持ち運びに便利な、淑女のためのダウンコートです。中わたに採用したのは、イギリス産のホワイトダックダウン。寒く厳しい環境にあるチェリーバレーで、栄養豊富な飼料により育てられたホワイトダックの羽毛は、柔らかくハリがあって空気を多く含み、保温性に優れているのが特徴です。この上質な羽毛を国内で再度洗浄し、塵や汚れを取り除いて使用。中袋を使わず軽量特殊高密度素材の生地を裏地側に配し、羽毛を充填して直接表地と縫い合わせることで袋状に仕立てました。表地には東洋紡の軽量素材、「シルファイン®」を採用。羽毛の飛び出しにも配慮し、約300g(Mサイズ)という軽さを実現。立体的なキルトパターンになっているので着た時に身体に優しく沿い、すっきりとした印象になるよう仕上げています。襟元のフェイクファーは取り外し可能。気候や着こなしに合わせて使い分けできます。背裏下部のファスナーポケットにコート自体をコンパクトに収納でき、楽に持ち運べて旅にも重宝します。

ハーフ丈のニットコート 銀座花菱 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

50,400

ハーフ丈のニットコート 銀座花菱 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

軽やかで暖かなニットコート洗練された淑女のためのファッションを発信し続けている名店〈銀座花菱〉。厳選された素材使いと美しい仕立てにこだわり、女性を愛らしく華やかに引き立てる上品なスタイルで人気を博しています。そんな同店からご紹介するのは、暖かく軽やかに羽織れる「ハーフ丈のニットコート」です。素材にはウールにポリエステルを混紡した、目の詰まったニット生地を使用。軽くて暖かいのはもちろんのこと、キュプラの裏地付きで滑りもよく、着心地のよい一着に仕上がっています。さらに特徴的なのは、モコモコとした膨らみで可愛らしい立体感を表現した襟部分。ニット生地の中にポリエステルの中わたを入れることにより、防寒性を持たせつつ、コートにフェミニンなアクセントを添えています。ウエストの位置を高く見せるポケットや、前立てに付いた大きめのボタンが軽快でカジュアルな印象。第一ボタンの上には裏側にスナップボタンが付いており、ボタンを留めたときに前立てがめくれずきれいに閉められるよう配慮。腰まわりをすっぽりとカバーする着丈で、ボトムスにバランスよくすっきりと合わせられ、装いをお愉しみいただけます。

刺し子風キルティングコート 林キルティング 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

103,680

刺し子風キルティングコート 林キルティング 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

大胆なステッチ使いによる和モダンな美キルティング技術はこれまで、どちらかというとそのデザイン性より機能性という面で注目を集めてきました。生地と生地の間に薄いわたを挟み込み、ミシンなどで縫い合わせていきます。そうすることで中わたをズレにくくして、生地に保温性やふんわりとした柔らかさを持たせる、それが従来のキルティングに求められてきたものでした。そんな固定観念を覆し、キルティングをデザインの一部としてウェア作りを行っているのが、繊維産業の街として知られる大阪・岸和田市に拠点を置く〈林キルティング〉です。代表の林千尋さんは、「単純にキルティングを製造するのではなく、素材やデザインにこだわり、より付加価値の高いものを作りたい」と、キルティングの新しい可能性を追求したウェア作りを目指しています。ご紹介するのは、青森のこぎん刺しを思わせるような刺し子風のキルティングが愛らしいコートです。林さんが「和」をテーマに、キルティングの技術を駆使して生み出した柄は、まさに新時代のキルティングと言えるデザインです。ふっくらとした襟元とAラインのシルエットも可愛らしく、もちろんキルティングならではのぽかぽかとした暖かさを併せ持った着心地。寒い時期の防寒対策にもぜひお薦めしたい一着です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク