メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「宮古上布」検索結果。

宮古上布の商品検索結果全87件中1~60件目

洗えるリネン フレア袖 プルオーバー

ディノス

17,172

洗えるリネン フレア袖 プルオーバー

ふんわり広がったフレアスリーブがフェミニンなブラウス。丈をやや長めにしたことで、気になるお腹まわりもカバーできます。テラコッタは別注色。派手すぎず、渋くならず、絶妙な色合いに染め上げました。素肌にもやさしく心地よいジャパンリネンを求めて細番手の麻糸を平織りした、上等で高価な麻織物が「上布」。新潟県の越後上布、沖縄県の宮古上布、そして滋賀県で生産される近江上布が有名です。豊かな琵琶湖の水源に恵まれ、伝統的な麻織物のバックグラウンドを持ちながら、いまの時代に合った製品をつくるため、日々研究を重ねている滋賀県東近江にある工場を訪問しました。私たちが求めた、蒸し暑い夏も涼しく、素肌に着てもやわらかなリネンを実現してくれたのは、株式会社大長の大橋富美夫さん。代々、織物整理加工業を営み、仕上げた織物は目を見張る美しさです。「糸選び、織り方はもちろん重要ですが、織りあがった布をどう整えるか??。ここからの仕事で、風合いはもちろん、扱いやすさもがらりと変わるんです」と大橋さん。織り上がった原反を機械に入れ、麻特有の繊維の毛羽を火で焼くことで、まずはチクチクしないなめらかな表面に整えます。さらに生地をやさしくたたきほぐす特殊な加工をほどこすことで、リネンの特徴である堅さのある生地感がなめらかに変化。ほのかな光沢をたたえた、ソフトな風合いは見違えるほどです。多くの人の知恵と手間を重ねて生み出された「日常の贅沢」を、ぜひ肌で感じてください。⇒ 洗えるリネンシリーズのアイテムはこちら##>【So close日本最古の布として発掘されたのは、麻の織り物でした。麻本来の個性を生かしながら、現代に合ったリネンをつくるのは、日本各地で研鑽を重ねる職人たち。夏肌に心地よく、くつろげる着心地を約束するアイテムが完成しました。

洗えるリネン フレア袖 ワンピース

ディノス

26,892

洗えるリネン フレア袖 ワンピース

ドラマティックなフレア袖にイレギュラーヘムのスカートが特徴のワンピース。リネンとは思えないほど、ソフトでしなやかな素材で、夏にぴったりのアイテムをつくりました。衿まわりとウエストはゴム仕様。ロープベルトがマリンライクなテイストも加味しています。素肌にもやさしく心地よいジャパンリネンを求めて細番手の麻糸を平織りした、上等で高価な麻織物が「上布」。新潟県の越後上布、沖縄県の宮古上布、そして滋賀県で生産される近江上布が有名です。豊かな琵琶湖の水源に恵まれ、伝統的な麻織物のバックグラウンドを持ちながら、いまの時代に合った製品をつくるため、日々研究を重ねている滋賀県東近江にある工場を訪問しました。私たちが求めた、蒸し暑い夏も涼しく、素肌に着てもやわらかなリネンを実現してくれたのは、株式会社大長の大橋富美夫さん。代々、織物整理加工業を営み、仕上げた織物は目を見張る美しさです。「糸選び、織り方はもちろん重要ですが、織りあがった布をどう整えるか??。ここからの仕事で、風合いはもちろん、扱いやすさもがらりと変わるんです」と大橋さん。織り上がった原反を機械に入れ、麻特有の繊維の毛羽を火で焼くことで、まずはチクチクしないなめらかな表面に整えます。さらに生地をやさしくたたきほぐす特殊な加工をほどこすことで、リネンの特徴である堅さのある生地感がなめらかに変化。ほのかな光沢をたたえた、ソフトな風合いは見違えるほどです。多くの人の知恵と手間を重ねて生み出された「日常の贅沢」を、ぜひ肌で感じてください。【So close日本最古の布として発掘されたのは、麻の織り物でした。麻本来の個性を生かしながら、現代に合ったリネンをつくるのは、日本各地で研鑽を重ねる職人たち。夏肌に心地よく、くつろげる着心地を約束するアイテムが完成しました。

洗えるリネン フレアスカート

ディノス

19,332

洗えるリネン フレアスカート

腰まわりはすっきりと、裾にかけて広がる美シルエットにこだわったミモレ丈スカート。繊細な質感に生まれ変わったリネン地は、これまでの「リネン=カジュアル」という概念を覆すかのようなエレガントさ。やや紫を感じる爽やかなアイリスブルーは今回の別注色です。素肌にもやさしく心地よいジャパンリネンを求めて細番手の麻糸を平織りした、上等で高価な麻織物が「上布」。新潟県の越後上布、沖縄県の宮古上布、そして滋賀県で生産される近江上布が有名です。豊かな琵琶湖の水源に恵まれ、伝統的な麻織物のバックグラウンドを持ちながら、いまの時代に合った製品をつくるため、日々研究を重ねている滋賀県東近江にある工場を訪問しました。私たちが求めた、蒸し暑い夏も涼しく、素肌に着てもやわらかなリネンを実現してくれたのは、株式会社大長の大橋富美夫さん。代々、織物整理加工業を営み、仕上げた織物は目を見張る美しさです。「糸選び、織り方はもちろん重要ですが、織りあがった布をどう整えるか??。ここからの仕事で、風合いはもちろん、扱いやすさもがらりと変わるんです」と大橋さん。織り上がった原反を機械に入れ、麻特有の繊維の毛羽を火で焼くことで、まずはチクチクしないなめらかな表面に整えます。さらに生地をやさしくたたきほぐす特殊な加工をほどこすことで、リネンの特徴である堅さのある生地感がなめらかに変化。ほのかな光沢をたたえた、ソフトな風合いは見違えるほどです。ちょうどスカート用の生地を染めていた工場も訪問。澤染工有限会社の澤博さんは、「色の微調整には職人の経験と勘がやはり決め手になるんですよ」と別注色アイリスブルーの染色工程を見せてくれました。何度も染料の中をくぐらせて、しっかり望みの色を引き出し定着させる。多くの人の知恵と手間を重ねて生み出された「日常の贅沢」を、ぜひ肌で感じてください。⇒...

きものだいやす■上布着物■レア♪宮古上布 花立涌文 夏 紺171【肩身丈:156cm 裄:66cm 身長サイズ:M】【中古】【仕立て上がり着物】【青】

だいやす 楽天市場店

302,400

きものだいやす■上布着物■レア♪宮古上布 花立涌文 夏 紺171【肩身丈:156cm 裄:66cm 身長サイズ:M】【中古】【仕立て上がり着物】【青】

★ 素材 麻 ★ サイズ 身丈 約 156cm( 4尺 1寸 2分) 袖丈 約 49cm( 1尺 3寸 0分) 裄丈 約 66cm( 1尺 7寸 4分) 前幅 約 24.5cm( 6寸 5分) 後幅 約 30cm( 8寸 0分) ★ 色 深い鉄紺色 (小学館発行『色の手帖』参照) ★ 着用時期 : 盛夏(7・8月) ★ 着用シーン : お出掛けなどのカジュアルシーンにおすすめ。 ★ おすすめ年代 : 30〜70代 <コメント>おキモノ通 憧れの宮古上布のお着物のご紹介です。 すてきな宮古上布!全体に織り出された花立涌文。深いブルーの美しいお色み引き立つすてきなデザインです。 当店では、アンティークキモノに魅せられた社長が長い時間を掛けて宮古上布をはじめとした自然布を集め、私ども 京都四条にございます『だいやす』店舗にてご紹介、販売してまいりました。 数自体が少なく、大変貴重な宮古上布を多くの方に知っていただければと思い、今回ネットショップにても販売させていただくことになりました。 上布(じょうふ)とは・・・原料の苧麻(ちょま)を手績みしてつくった細い糸で織られた薄手の麻織物のこと。昔から上流の人々の夏の衣料に利用されてきました。(上等の布=『上布』と呼ばれてきました。)沖縄では宮占上布と八重山上布があり、藍地が主流の宮古上布は「紺止布」とも呼ばれます。 上布の糸の原料の苧麻(ちょま)とは・・・イラクサ科の宿根性多年生草本で、「からむし」「しなあさ」とも呼ばれます。苧麻から繊維を得るには、栽培、刈り収り、水に浸す、皮剥ぎ、苧引き(ウービキ)、乾燥、苧積み(ウーウミ)と大変な手間がかかる作業です。 宮古上布は麻織物ですが、糸が細いため、非常に精緻な絣模様が織り出され、また生地の表面はロウを引いたように滑らかです。通気性に富み...

送料無料
宮古上布 フルオーダー国内手縫いお仕立て込み 夏物 手積み苧麻糸 藍染 最高峰の夏着物 濃藍色/小花模様 着物.おしゃれ着物.街着.外出着.普段着.ショッピング.高級着物.あなただけのお着物にお仕立て...

さわらび〜ほりだし堂〜

1,706,400

宮古上布 フルオーダー国内手縫いお仕立て込み 夏物 手積み苧麻糸 藍染 最高峰の夏着物 濃藍色/小花模様 着物.おしゃれ着物.街着.外出着.普段着.ショッピング.高級着物.あなただけのお着物にお仕立て...

逸品呉服 さわらび〜ほりだし堂〜 ◆ 商品説明 ◆ 宮古上布 フルオーダー国内手縫いお仕立て込み 夏物 手積み苧麻糸 藍染 最高峰の夏着物 濃藍色/小花模様 着物.おしゃれ着物.街着.外出着.普段着.ショッピング.高級着物.あなただけのお着物にお仕立て致します。送料無料 「宮古織り」 → 経糸:木綿 緯糸:ラミー 「宮古麻織」 → 経・緯糸:ラミー 「宮古苧麻布」 → 経糸:ラミー 緯糸:ブー 「宮古上布」 → 経・緯糸:ブー100% ラミー…機械で紡績した麻糸 ブー…手績み苧麻糸 染色 藍染 製織者 下地悦 検査・監理者の印 宮古上布伝統工芸士 下地達雄 色 濃藍色 着用時期 6月下旬〜8月 ◆ 素材 ◆ 宮古手績み苧麻糸100% ◆ サイズ ◆ 長さ約12m以上 生地幅約39cm 適応身長150cm〜〜約176cm位 最大裄丈約72.5cmまで ◆ 商品の状態 ◆ 現状態→反物 表示価格にフルオーダーお仕立て(国内手縫い)、水通し、衿裏(洗える化繊)、たとう紙の一式が含まれております。 ・お仕立て後のお届けとなります。 ・1ヶ月半ほどお日にちをいただきます。 〜サイズについて〜 体型から割り出し、お手持ちのお着物と同じサイズでのオーダーも可能です。 ・≪体型から割り出し≫ 身長・ヒップ(体の一番太いところ)・裄丈から寸法を割り出してお仕立て致します。 ※裄丈の測り方 ・≪寸法指定仕立て≫ お手持ちのお着物と同じ寸法でお仕立て致します。 以下の図を参考に、寸法を測っていただきます。 ※ご注文後、お仕立て寸法に関してのメールをご案内致します。 ◆ おすすめポイント ◆ 経緯に苧麻の手績み糸を用い、20回以上も琉球藍で染め上げ手織りし、仕上げに木槌で叩いてロウをひいたような独特の光沢感と軽く薄い地風が宮古上布しか味わえない夏きものです...

きものだいやす■上布着物■レア♪宮古上布 麻の葉文 夏 紺173【肩身丈:160cm 裄:68cm 身長サイズ:L】【中古】【仕立て上がり着物】【青】

だいやす 楽天市場店

237,600

きものだいやす■上布着物■レア♪宮古上布 麻の葉文 夏 紺173【肩身丈:160cm 裄:68cm 身長サイズ:L】【中古】【仕立て上がり着物】【青】

★ 素材 麻 ★ サイズ 身丈 約 160cm( 4尺 2寸 3分) 袖丈 約 48cm( 1尺 2寸 7分) 裄丈 約 68cm( 1尺 8寸 0分) 前幅 約 24.5cm( 6寸 5分) 後幅 約 30cm( 8寸 0分) ★ 色 深い藍鉄色 (小学館発行『色の手帖』参照) ★ 着用時期 : 盛夏(7・8月) ★ 着用シーン : お出掛けなどのカジュアルシーンにおすすめ。 ★ おすすめ年代 : 30〜70代 <コメント>おキモノ通 憧れの宮古上布のお着物のご紹介です。 すてきな宮古上布!全体に織り出された麻の葉文。深いブルーの美しいお色み引き立つすてきなデザインです。 当店では、アンティークキモノに魅せられた社長が長い時間を掛けて宮古上布をはじめとした自然布を集め、私ども 京都四条にございます『だいやす』店舗にてご紹介、販売してまいりました。 数自体が少なく、大変貴重な宮古上布を多くの方に知っていただければと思い、今回ネットショップにても販売させていただくことになりました。 上布(じょうふ)とは・・・原料の苧麻(ちょま)を手績みしてつくった細い糸で織られた薄手の麻織物のこと。昔から上流の人々の夏の衣料に利用されてきました。(上等の布=『上布』と呼ばれてきました。)沖縄では宮占上布と八重山上布があり、藍地が主流の宮古上布は「紺止布」とも呼ばれます。 上布の糸の原料の苧麻(ちょま)とは・・・イラクサ科の宿根性多年生草本で、「からむし」「しなあさ」とも呼ばれます。苧麻から繊維を得るには、栽培、刈り収り、水に浸す、皮剥ぎ、苧引き(ウービキ)、乾燥、苧積み(ウーウミ)と大変な手間がかかる作業です。 宮古上布は麻織物ですが、糸が細いため、非常に精緻な絣模様が織り出され、また生地の表面はロウを引いたように滑らかです。通気性に富み...

送料無料
【IDN】 本場宮古上布着尺反物(再洗濯・砧打ち)【アンティーク】【中古】【着】

アイディーネット

271,000

【IDN】 本場宮古上布着尺反物(再洗濯・砧打ち)【アンティーク】【中古】【着】

<反物サイズ>長さ 幅37 着尺反物分<状態>状態非常によい素材宮古島産手績み苧麻色目琉球藍絣製作技法…機締め糸密度13算絣構造…絵図式洗濯・砧打ち仕上げ…重要無形文化財砧打継承者 砂川 猛多少の小穴が有ります。状態は大変良いです。宮古上布は琉球藍、植物染料の煮出し液によって染色された特殊性のある優れた織物ですが、多少色落ちすることがあります。宮古上布をお召しになられる時、特に白系統の着物・帯をご使用の際は、水濡れ、汗、摩擦等にご注意の上ご愛用頂きますようお願いいたします。〜重要無形文化財砧打継承者・砂川 猛氏による匠の技〜砧の文化をさかのぼると、かつて砧打ちは“打つ”ではなく“つく”と呼ばれていました。先人たちは叩くことを“つく”と呼び、叩いてなめらかにすることを“なめす”、さらにしわをのばし、肌触りをよくすることを“のす”と呼びました。“つき、なめし、のす”その3つを兼ねた砧をすることによって、麻とは思えない絹のような美しい艶や、透明感が生まれます。そして、袖を通したときに光をうけて輝き、風を通し、着た人にさらりとした爽やかな着心地の良さを感じさせるのです。現代風にいうとアイロンかけのようなものですが、その労力は比べものになりません。まず、糊や油分の汚れが十分に落とされた洗濯後の布を乾燥させ、サツマイモの澱粉糊で布の表面にまんべんなく糊付けをします。糊と水の割合はその日の天気によって変わり、そのさじ加減は上布の出来上がりにも影響を及ぼします。糊をつけるという単純そうに見えるこの工程ひとつにおいても、一瞬の油断も許されない熟練した技術が必要とされています。その後、半乾きの状態でイスノキという木から作られた3〜5kg程度の木槌で布面を打っていきます。この時に一定のリズム、角度で打たなければ布を傷つけてしまいます。また...

送料無料
【IDN】 本場宮古上布着尺反物(再洗濯・砧打ち)【リサイクル】【中古】【着】

アイディーネット

649,000

【IDN】 本場宮古上布着尺反物(再洗濯・砧打ち)【リサイクル】【中古】【着】

<反物サイズ>長さ 幅37 着尺反物分<状態>時代現代状態非常によい素材宮古島産手績み苧麻色目琉球藍絣製作技法…機締め糸密度15算絣構造…絵図式洗濯・砧打ち仕上げ…重要無形文化財砧打継承者 砂川 猛状態は大変良いです。宮古上布は琉球藍、植物染料の煮出し液によって染色された特殊性のある優れた織物ですが、多少色落ちすることがあります。宮古上布をお召しになられる時、特に白系統の着物・帯をご使用の際は、水濡れ、汗、摩擦等にご注意の上ご愛用頂きますようお願いいたします。〜重要無形文化財砧打継承者・砂川 猛氏による匠の技〜砧の文化をさかのぼると、かつて砧打ちは“打つ”ではなく“つく”と呼ばれていました。先人たちは叩くことを“つく”と呼び、叩いてなめらかにすることを“なめす”、さらにしわをのばし、肌触りをよくすることを“のす”と呼びました。“つき、なめし、のす”その3つを兼ねた砧をすることによって、麻とは思えない絹のような美しい艶や、透明感が生まれます。そして、袖を通したときに光をうけて輝き、風を通し、着た人にさらりとした爽やかな着心地の良さを感じさせるのです。現代風にいうとアイロンかけのようなものですが、その労力は比べものになりません。まず、糊や油分の汚れが十分に落とされた洗濯後の布を乾燥させ、サツマイモの澱粉糊で布の表面にまんべんなく糊付けをします。糊と水の割合はその日の天気によって変わり、そのさじ加減は上布の出来上がりにも影響を及ぼします。糊をつけるという単純そうに見えるこの工程ひとつにおいても、一瞬の油断も許されない熟練した技術が必要とされています。その後、半乾きの状態でイスノキという木から作られた3〜5kg程度の木槌で布面を打っていきます。この時に一定のリズム、角度で打たなければ布を傷つけてしまいます。また、上布には撚りがあるため...

スポンサーリンク
スポンサーリンク