メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「宮古上布」検索結果。

宮古上布の商品検索結果全95件中1~60件目

洗えるリネン フレア袖 プルオーバー

ディノス

8,750

洗えるリネン フレア袖 プルオーバー

ふんわり広がったフレアスリーブがフェミニンなブラウス。丈をやや長めにしたことで、気になるお腹まわりもカバーできます。テラコッタは別注色。派手すぎず、渋くならず、絶妙な色合いに染め上げました。素肌にもやさしく心地よいジャパンリネンを求めて細番手の麻糸を平織りした、上等で高価な麻織物が「上布」。新潟県の越後上布、沖縄県の宮古上布、そして滋賀県で生産される近江上布が有名です。豊かな琵琶湖の水源に恵まれ、伝統的な麻織物のバックグラウンドを持ちながら、いまの時代に合った製品をつくるため、日々研究を重ねている滋賀県東近江にある工場を訪問しました。私たちが求めた、蒸し暑い夏も涼しく、素肌に着てもやわらかなリネンを実現してくれたのは、株式会社大長の大橋富美夫さん。代々、織物整理加工業を営み、仕上げた織物は目を見張る美しさです。「糸選び、織り方はもちろん重要ですが、織りあがった布をどう整えるか??。ここからの仕事で、風合いはもちろん、扱いやすさもがらりと変わるんです」と大橋さん。織り上がった原反を機械に入れ、麻特有の繊維の毛羽を火で焼くことで、まずはチクチクしないなめらかな表面に整えます。さらに生地をやさしくたたきほぐす特殊な加工をほどこすことで、リネンの特徴である堅さのある生地感がなめらかに変化。ほのかな光沢をたたえた、ソフトな風合いは見違えるほどです。多くの人の知恵と手間を重ねて生み出された「日常の贅沢」を、ぜひ肌で感じてください。⇒ 洗えるリネンシリーズのアイテムはこちら##>【So close日本最古の布として発掘されたのは、麻の織り物でした。麻本来の個性を生かしながら、現代に合ったリネンをつくるのは、日本各地で研鑽を重ねる職人たち。夏肌に心地よく、くつろげる着心地を約束するアイテムが完成しました。

洗えるリネン フレアスカート

ディノス

10,632

洗えるリネン フレアスカート

腰まわりはすっきりと、裾にかけて広がる美シルエットにこだわったミモレ丈スカート。繊細な質感に生まれ変わったリネン地は、これまでの「リネン=カジュアル」という概念を覆すかのようなエレガントさ。やや紫を感じる爽やかなアイリスブルーは今回の別注色です。素肌にもやさしく心地よいジャパンリネンを求めて細番手の麻糸を平織りした、上等で高価な麻織物が「上布」。新潟県の越後上布、沖縄県の宮古上布、そして滋賀県で生産される近江上布が有名です。豊かな琵琶湖の水源に恵まれ、伝統的な麻織物のバックグラウンドを持ちながら、いまの時代に合った製品をつくるため、日々研究を重ねている滋賀県東近江にある工場を訪問しました。私たちが求めた、蒸し暑い夏も涼しく、素肌に着てもやわらかなリネンを実現してくれたのは、株式会社大長の大橋富美夫さん。代々、織物整理加工業を営み、仕上げた織物は目を見張る美しさです。「糸選び、織り方はもちろん重要ですが、織りあがった布をどう整えるか??。ここからの仕事で、風合いはもちろん、扱いやすさもがらりと変わるんです」と大橋さん。織り上がった原反を機械に入れ、麻特有の繊維の毛羽を火で焼くことで、まずはチクチクしないなめらかな表面に整えます。さらに生地をやさしくたたきほぐす特殊な加工をほどこすことで、リネンの特徴である堅さのある生地感がなめらかに変化。ほのかな光沢をたたえた、ソフトな風合いは見違えるほどです。ちょうどスカート用の生地を染めていた工場も訪問。澤染工有限会社の澤博さんは、「色の微調整には職人の経験と勘がやはり決め手になるんですよ」と別注色アイリスブルーの染色工程を見せてくれました。何度も染料の中をくぐらせて、しっかり望みの色を引き出し定着させる。多くの人の知恵と手間を重ねて生み出された「日常の贅沢」を、ぜひ肌で感じてください。⇒...

洗えるリネン フレア袖 ワンピース

ディノス

14,790

洗えるリネン フレア袖 ワンピース

ドラマティックなフレア袖にイレギュラーヘムのスカートが特徴のワンピース。リネンとは思えないほど、ソフトでしなやかな素材で、夏にぴったりのアイテムをつくりました。衿まわりとウエストはゴム仕様。ロープベルトがマリンライクなテイストも加味しています。素肌にもやさしく心地よいジャパンリネンを求めて細番手の麻糸を平織りした、上等で高価な麻織物が「上布」。新潟県の越後上布、沖縄県の宮古上布、そして滋賀県で生産される近江上布が有名です。豊かな琵琶湖の水源に恵まれ、伝統的な麻織物のバックグラウンドを持ちながら、いまの時代に合った製品をつくるため、日々研究を重ねている滋賀県東近江にある工場を訪問しました。私たちが求めた、蒸し暑い夏も涼しく、素肌に着てもやわらかなリネンを実現してくれたのは、株式会社大長の大橋富美夫さん。代々、織物整理加工業を営み、仕上げた織物は目を見張る美しさです。「糸選び、織り方はもちろん重要ですが、織りあがった布をどう整えるか??。ここからの仕事で、風合いはもちろん、扱いやすさもがらりと変わるんです」と大橋さん。織り上がった原反を機械に入れ、麻特有の繊維の毛羽を火で焼くことで、まずはチクチクしないなめらかな表面に整えます。さらに生地をやさしくたたきほぐす特殊な加工をほどこすことで、リネンの特徴である堅さのある生地感がなめらかに変化。ほのかな光沢をたたえた、ソフトな風合いは見違えるほどです。多くの人の知恵と手間を重ねて生み出された「日常の贅沢」を、ぜひ肌で感じてください。【So close日本最古の布として発掘されたのは、麻の織り物でした。麻本来の個性を生かしながら、現代に合ったリネンをつくるのは、日本各地で研鑽を重ねる職人たち。夏肌に心地よく、くつろげる着心地を約束するアイテムが完成しました。

きものだいやす≪セール15%OFF≫SALE■上布着物■稀少 宮古上布 幾何学模様 華紋 濃紺333【肩身丈:155.5cm 裄:63cm 身長サイズ:S】【中古】【仕立て上がり着物】【紺】【青】

だいやす 楽天市場店

238,680

きものだいやす≪セール15%OFF≫SALE■上布着物■稀少 宮古上布 幾何学模様 華紋 濃紺333【肩身丈:155.5cm 裄:63cm 身長サイズ:S】【中古】【仕立て上がり着物】【紺】【青】

★ 素材 麻 ★ サイズ 身丈 約 155.5cm( 4尺 1寸 1分) 袖丈 約 48.5cm( 1尺 2寸 8分) 裄丈 約 63cm( 1尺 6寸 6分) 前幅 約 22cm( 5寸 8分) 後幅 約 28.7cm( 7寸 6分) ★ 色 深い鉄紺色 ■■■ (小学館発行『色の手帖』参照) ★ 着用時期 : 盛夏(7・8月) ★ 着用シーン : お出掛けなどのカジュアルシーンにおすすめ。 ★ おすすめ年代 : 30~70代 コメント おキモノ通 憧れの宮古上布のお着物のご紹介です。 数自体が少なく、大変貴重な宮古上布。抽象化された草花のようなお柄が全体に織り出された迫力のある逸品。 上布(じょうふ)とは・・・原料の苧麻(ちょま)を手績みしてつくった細い糸で織られた薄手の麻織物のこと。昔から上流の人々の夏の衣料に利用されてきました。(上等の布=『上布』と呼ばれてきました。)沖縄では宮占上布と八重山上布があり、藍地が主流の宮古上布は「紺止布」とも呼ばれます。 上布の糸の原料の苧麻(ちょま)とは・・・イラクサ科の宿根性多年生草本で、「からむし」「しなあさ」とも呼ばれます。苧麻から繊維を得るには、栽培、刈り収り、水に浸す、皮剥ぎ、苧引き(ウービキ)、乾燥、苧積み(ウーウミ)と大変な手間がかかる作業です。 宮古上布は麻織物ですが、糸が細いため、非常に精緻な絣模様が織り出され、また生地の表面はロウを引いたように滑らかです。通気性に富み、三代物と言われるほどの丈夫な生地です。 こちらのお品は、ごく深い濃紺地におりだされたお柄が何とも素敵ですね。 絣のひとつひとつの繊細さをご覧いただければ、どれだけ細い糸を使って織り出されているかをお分かりいただけるかと存じますが...

送料無料
沖縄の高級手織 読谷山花織 手織九寸名古屋帯 草木染 「花菖蒲」 9nobi1223 【smtb-k】【w1】

あすかや

128,000

沖縄の高級手織 読谷山花織 手織九寸名古屋帯 草木染 「花菖蒲」 9nobi1223 【smtb-k】【w1】

◆新品 未仕立 正絹 ◆経済産業大臣指定 伝統工芸品の手織証 ◆読谷山花織事業共同組合の証 ◆沖縄県織物検査証付き ◆沖縄の高級手織、伝統的工芸品「読谷山花織」(ゆんたんざ はなうい) ◆製造者名 大城佐和子 染色 シイ他 ◆地色 象牙色(ペール イエロー)系 沖縄には、「首里織」「喜如嘉の芭蕉布」「宮古上布」「与那国花織」などさまざまな織物があり、琉球王朝時代には貢布としても珍重されていました。 そんな読谷山花織の歴史は、古く約600年前、ブータンより花織布が伝来。 沖縄で独自に織られるようになりましたが、明治の中期に衰退し、幻の織物となってしまったのですが、現在でも数少ない織り手の情熱によってその技術が継承され、地域の人々に守られています。 読谷山花織(ゆんたんざ・はなうい)は、愛する人への思いをこめて織る“花織"の素朴な中にも琉球の息吹を感じる、素敵な逸品でございます。 首里花織りと並ぶ代表的な花織り。 王府御用達の織物に指定され、花織を着用できるのは、王族と貴族だけとされていた、読谷山花織(ゆんたんざ・はなうい)。 フクギ、ヤマモモ、リュウキュウアオイ、テカチ、グール、シイなどの草木染を手作業で何度も染め上げて、独特の深みのある糸に仕上げていきます。 織りには、銭花(じんばな)風車(かじまやー)扇花(オージバナ)の3つの基本花を組み合わせ30種類以上の花柄を織り、タテ、ヨコ、チェックのラインを加えた模様が多く、それは、手にとって是非見ていただきたい、ひきつけられるような色使いとその深みそして、繊細な模様。 非常に手の込んだ贅沢な織物だということを痛感いたします。 横節に表情のある紬地に、灰桜色とベージュの横断色を用いて 琉球らしい色味とセンスのよい花織模様を織り込みました。 作り手の思いが伝わる...

スポンサーリンク
スポンサーリンク