メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「山滝製帽」検索結果。

山滝製帽の商品検索結果全2件中1~2件目

こちらの関連商品はいかがですか?

擬紗織シルク・中折れ帽 トーキョーハット 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

18,360

擬紗織シルク・中折れ帽 トーキョーハット 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

米沢シルクのツイード織地に品格が宿る老舗のハット。洋装化の始まる明治25年、時の実業家、澁澤榮一氏が誕生させたブランド〈トーキョーハット〉。長年日本紳士の装いに貢献してきた実績が生み出す帽子は、洒落たデザインはもちろん被り心地のよさでも評判です。ご紹介するのは、日本伝統の絹織物、米沢織のシルク素材で仕立てた高級感溢れるハットです。生地は〈中孝織物〉が手がけたツイード調の擬紗織シルク素材を採用。ネップ(糸の節)のある特絹糸と、繭の短繊維を紡績した滑らかな絹紡糸を組み合わせた、非常にデリケートな素材のため、低速織機を駆使し、膨らみのある質感や空気を含むような風合いを最大限に引き出しています。織る際は職人が付ききりで糸の調子を合わせる必要があり、機械織りでありながら、まるで手織りのように贅沢で個性溢れる生地です。素材のよさが引き立つ定番のデザイン。明るいブルー、ネイビー、グレー、ブラックの4色の糸を絡ませて表現したミックスカラーが実に表情豊かで、季節を問わずさまざまな服装とコーディネートできます。クラウンにはリボンテープを巻き、〈トーキョーハット〉のエンブレムで上品なアクセントを添えました。前つばを下げると、より洒脱な雰囲気で被っていただけます。

リネンメッシュの長つばキャップ トーキョーハット 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

12,960

リネンメッシュの長つばキャップ トーキョーハット 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

日差しを遮る“長つば帽子"暑い日の外出には、強い日差しから頭を守ってくれる帽子が欠かせません。帽子としての快適さに加え、普段の装いに洒落っ気を添えるデザインであればなおのこと重宝します。そこでお薦めしたいのが、老舗ブランド〈トーキョーハット〉のキャップです。〈トーキョーハット〉は洋装化の始まる明治25年に誕生。贅沢な素材使いと、長年日本人男性の頭を見続けてきた実績が生み出す同ブランドの帽子は、デザイン性はもちろん、被り心地にも定評があります。こちらのキャップは日除けに役立つ「長つば」シリーズ。つば幅が最長約8.5cmと通常より長いため、気になる日差しをしっかりと遮ってくれます。素材には麻100%の清涼感あるメッシュ生地を採用。裏地にもメッシュ生地を使っているためムレにくくなっています。随所にステッチを施し、つば先には牛革を配すことでアクセントをつけました。背面には牛革のベルトが付き、サイズの微調節が可能。つば部分には柔らかな芯地を使用しているので丸めることができ、旅先などにも持ち運べます。ご家庭で手軽に手洗いできるのもポイントです。

手揉み麻絹・ハンチング トーキョーハット 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

10,800

手揉み麻絹・ハンチング トーキョーハット 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

“手揉み麻絹"の艶を纏った、遊び心薫り立つハンチングシンプルになりがちな装いのさりげないアクセントとして持っておきたいのがハンチング。押し出しは強くなくていいが、仄かに漂う気品があり、そこに被り心地のよさが加われば申し分ありません。ご紹介するのは、洋装化の始まった明治25年、時の実業家・澁澤榮一氏が誕生させた帽子ブランド〈トーキョーハット〉に特別依頼したハンチング。他と一線を画する仕上がりには、長年本物を知る紳士に愛され続けてきた同ブランドの矜持が窺えます。高級着物にも採用される、近江の伝統織地。贅沢な素材使いに定評がある〈トーキョーハット〉が、今回のプレミアムなハンチングのために選んだ素材は麻絹。明治30年に近江上布織元として創業以来、麻織物の本場である滋賀県・湖東地方で四代にわたって麻を織り続ける老舗織元「林与」に依頼したものです。経糸に200番双糸の高級シルク糸、緯糸に高級着物にも採用される100番手のスーパーロイヤルラミーを使用。経糸の繊細さゆえに熟練職人をもってしても、1時間に1メートルほどしか織ることができない贅沢な生地です。糸は湖東地方に伝わる「かせ染め」で先染めすることで、通人好みの奥行きある色合いを実現。織り上げた後には職人の手作業による「手揉み加工」を施して繊細なシボを付けました。本麻や綿麻の生地に用いられることの多いこの技法をあえて麻絹に採用することで、麻の風合いとシルクの持つ上品な光沢が活きた仕上がりとなっています。サイド部分は生地を切り替えてアクセントを付けました。素材使いの妙も加わって大人の遊び心を感じさせるデザインです。被り心地にもこだわる〈トーキョーハット〉らしく、日本人の顔型と相性のよい、丸みのあるシルエットを採用し、裏がメッシュでムレにくいのも嬉しいところ。周囲の注目を集めること必至の逸品を特別価格...

米沢シルク・メランジモールハット トーキョーハット 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

18,360

米沢シルク・メランジモールハット トーキョーハット 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

老舗が惚れた“米沢の艶美"を特別価格で明治25年創設の帽子ブランド、〈トーキョーハット〉。今回ライトアップショッピングクラブ創業45周年を記念して、伝統ある米沢シルクを使ったハットを特別価格でご紹介いたします。そもそも米沢の織物は第九代米沢藩主上杉鷹山公による産業開発で、織物の先進地であった小千谷から技術者を招いて織り上げた青苧を原料とする麻織物が始まりといわれています。その後、養蚕が盛んになると、麻織物から絹織物の生産へと転換し、出羽の米沢織として全国に知られるようになりました。こちらのハットは米沢シルクの老舗〈鈴吉織物〉が手がけたシルクモール生地を採用。経糸、緯糸ともに極細の160番手双糸を使用した非常にデリケートな素材のため、旧式の低速ジャカード織機を駆使して素材の持つ柔らかくしなやかな風合いと美しい艶を最大限に引き出しています。織る際は糸切れなどを起こさぬよう、常に職人が織機の糸の張り具合を確認する必要があり、まさに手間隙かけた贅沢な生地といえます。ネイビーと黒の色糸を使って生み出されたメランジ調の奥深い色合いも魅力です。デザインは、素材のよさを活かして定番の形に仕上げました。クラウンには同じ素材のベルトが巻かれ、〈トーキョーハット〉のエンブレムがさりげなくアクセントを添えています。前つばを少し下げると洒脱に被っていただけます。

風が抜ける特許機構のハット/チタン加工地 竹沢治行 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

11,340

風が抜ける特許機構のハット/チタン加工地 竹沢治行 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

熱中症対策を本気で考えた高機能帽子ご紹介するのは、熱中症対策のために企画考案された「風が抜ける特許機構」の帽子。手がけたのは、昭和25年創業の帽子メーカー〈タケコー〉の二代目で、現代表の竹沢治行さん。暑さ・寒さや風雨、虫などの自然現象に対し、ただ身を守るだけでなく快適に被れる帽子作りを得意とし、アイデアと創意工夫を凝らした製品を発信し続けています。2つのハイテク素材と特殊構造で、被り心地も快適。表地には、チタンコーティングを施した特殊な遮熱性素材「スーパースパッタリングクロス」を使い、太陽からの熱線、紫外線をカット。裏地には紫外線遮へい効果に優れ、暑さの原因となる可視光線や赤外線も遮へいする「エスモ」を採用することで万全を期しています。特筆すべきは、〈タケコー〉が特許を取得した帽子の構造。額が当たる内側には吸汗・蒸散性に優れた伸縮性の高いバンドを配しフィット感を高めるとともに、頭まわりの不快感を和らげました。さらにそのバンドとメッシュを使用したつば裏の間は芯材を外して風の通り道を確保。また、クラウン部の表のメッシュ地から熱気が発散されるように設計することで内部のムレを防ぎ、爽やかな被り心地を実現しています。つばは、視界の邪魔にならず、日射しを遮ることができるように計算された絶妙なサイズ。首筋の後ろを日射しから守る日除けが付属しているので、真夏の外出や作業時にも心強い。ハットの日除けは、使わない時には後ろのつばに収納できます。男女兼用なので女性にもお薦めしたい夏の必需品です。

伝統工芸・小千谷ちぢみの中折れ帽子 トーキョーハット 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

16,200

伝統工芸・小千谷ちぢみの中折れ帽子 トーキョーハット 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

老舗が惚れた“越後の涼美"を特別価格で明治25年創設の老舗帽子ブランド〈トーキョーハット〉。こちらは当社の創業45周年を記念して、同ブランドに特別に製作を依頼した「小千谷ちぢみ」の中折れ帽子です。「小千谷ちぢみ」は新潟県が誇る伝統工芸で、その技術は、昭和30年に国の重要無形文化財第一号に指定され、平成21年にはユネスコ世界無形文化遺産にも登録されています。高級着物にも使われる素材を採用し、贅沢な仕上がりに。素材には経・緯糸ともに高級着物にも用いられる極細100番手単糸のラミー(苧麻)を採用。この糸は日本国内でも数少ない八丁撚糸機を稼働させ、糸を紡ぐ際に水にくぐらせる日本古来の伝統技法「水撚り」を施したものです。この「水撚り」により糸が膨張して強度が増し、シャリ感のある麻に膨らみと格別の柔らかさを持たせています。また毛羽の少ない糸になるため、この糸を使った生地は高い通気性を実現しました。緯糸に強い撚りをかけて生地を織り上げた後は、職人の手で「湯もみ」が行われます。この工程により繊細なシボが生み出され、ようやく味わいある風合いになります。複雑な工程ゆえ一反を仕上げるのに約3、4ヵ月を要するのですが、薬品加工に頼らず江戸時代初期から続く知恵を継承する「小千谷ちぢみ」には、非効率を追求した価値があります。素材の風合いを活かし、極力糊付けをせずに仕立てたこちらの帽子は、クラウンにグログランリボンが巻かれて洒脱な印象。裏地はメッシュ素材を配しているので、被り心地は爽やかです。杉綾模様の織地が映え、ジャケットスタイルにも好相性。前つばを少し下げても様になります。

手磨き水晶/百八珠本連念珠 佐野敏幸 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

105,840

手磨き水晶/百八珠本連念珠 佐野敏幸 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

清浄な煌めきを放つ、匠ならではの58面カット。澄んだ煌めきを放つ水晶が高貴な雰囲気を漂わせる念珠。主珠だけでなく、親珠、四天珠、二天珠などすべてが“連摺り"と呼ばれる精妙な技法を駆使した逸品です。手がけたのは、現在では数少ない連摺りを継承する研磨職人、佐野敏幸さんです。連摺りとは、水晶などを一度に何個も磨くことができるよう、大正10年に甲府で考案された技法。8mmほどの珠なら、一度に約30個を磨くことができるといいます。まず、細長い鉄の棒に穴を開けたサイコロ状の水晶を通し、荒摺りを行います。次に棒から外して合成樹脂で水晶を固定し、それを回転する皿の上で石の角度や研磨剤を微妙に変えながら、計58面分丁寧に磨いていきます。水晶はカットが美しいほど透明な輝きとなるため、すべての石に均一な力を加えて磨かなければなりません。ご紹介するこちらの念珠は、この繊細かつシャープなカットで球体とは違った水晶の輝きを実現。熟練職人ならではの卓越した技術が窺えます。本連念珠は煩悩の数と同じ108個の珠を使い親珠と四天珠に紫水晶を配したもの。古来、輝きのある水晶の念珠は魔除けの力があるとされてきました。仏具としてはもちろん、お守りとしても身に着けていただきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク