メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「木綿」検索結果。

木綿の商品検索結果全2,346件中1~60件目

紺仁工房 紺仁綿麻紅梅 越後片貝 小千谷織物 綿75% 麻25% 水色 単衣 夏着物

Amazon

34,560

紺仁工房 紺仁綿麻紅梅 越後片貝 小千谷織物 綿75% 麻25% 水色 単衣 夏着物

商品情報 説明 綿麻片貝木綿 片貝木綿とは、新潟の小千谷で織られている木綿で、現在では「紺仁(こんに)」さんがただ1件の織元です。 こちらは麻糸を織り込んだ、ふんわり軽やかな着心地が魅力の綿麻素材。 綿に麻を織り込むことによって、より軽く快適な着心地になっています。 とても希少価値の高いお品です。 春先から残暑にかけて着て頂けます。 片貝木綿は、経糸、緯糸共に単糸使いに最大の特徴があります。 しかも経糸には、3種類の太さの違う糸が、規則的に配置されています。これは表面が平面的にならないようにする工夫で、着た時に同じ太さで織ったものとは違い、太い糸の凸面だけが主に肌に触れ合います。ですから、さらりとしていて、べとつくようなことがありません。 このように糸と織りに最大の特徴があります。 着れば着るほど柔らかくなるのが片貝木綿です。片貝木綿独特のやさしい肌触りを味わって下さい。 状態 新品 着用時期 6月、9月(単衣) 7月~8月(盛夏) シチュエーション カジュアル 素材 綿75% 麻25% サイズ 幅40cm 長さ12.5m 最大裄74cm ※モニターの違いにより実際の色目と異なる場合がございます

伝統工芸・阿波藍染めしじら織のシャツ 長尾藤太郎 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

21,168

伝統工芸・阿波藍染めしじら織のシャツ 長尾藤太郎 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

シボが快適なしじら織シャツ暑い時期に着る半袖シャツのよし悪しは、袖を通した瞬間にわかるものです。汗をかいても素肌に張りつきにくい肌触り、自然素材ならではの爽やかさ、さらには目にも涼しく、雰囲気も粋であるなら申し分ありません。ご紹介する「伝統工芸・阿波藍染めしじら織のシャツ」は、そのすべてを兼ね備えた贅沢で手の込んだ一枚です。阿波正藍しじら織は、国指定の伝統的工芸品ですが、その由来は蜂須賀旧藩主の時代に、一般市民が絹を着ることを禁じられたことから始まりました。そのために商人は木綿織物で外見を美しく見せるために工夫を凝らしました。古くから伝えられていたタタエ縞を参考に改良を加え、阿波特産の藍染料を使用し縞織物を製織しました。それを乾燥させるために戸外に干したところ、突然の雨に見舞われて濡らしてしまいます。そして晴れた後に日光のもとで乾かしたところ、布面に凹凸が生じたのだといいます。それにヒントを得て夏場に最適な衣料として大きな需要をあげ、明治2年「しじら」と命名されました。その逸話の通り、しじら織には独特のシボがあり、肌に触れる面積が少ないので清涼感のある肌触りが得られます。ご紹介するのは、阿波しじら織の巨匠で平成10年に黄綬褒章を、16年に旭日双光章を受章した長尾藤太郎さんが手がけた逸品。しじら織に「絣柄」「菊紋柄」を施した2趣。裾の両脇はスリット入りで動きやすく、左胸のポケットも便利で粋なシャツです。

送料無料
【着物】木綿 着物 仕立て上がり 伊勢木綿 木綿着物 カジュアル着物 格子柄 チェック柄 レッド 赤色 ブラック 黒色

きものの三松

51,840

【着物】木綿 着物 仕立て上がり 伊勢木綿 木綿着物 カジュアル着物 格子柄 チェック柄 レッド 赤色 ブラック 黒色

商品番号35-6625ポイント三松 着物 SELLECTION [ 伊勢木綿 ] 柔らかくて、お手入れがしやすいことから 近年人気の木綿の着物。 丈夫な伊勢の木綿を使用した、伊勢木綿の着物です。 伊勢木綿は様々なファブリック製品がありますが、 着物の柄としてデザインされたこちらの伊勢木綿の着物は、見た目も着心地も「着物」を楽しめる着物です。 年代問わず、何気ない日常を大切で丁寧な一日にしてくれる着物です。 木綿の着物について・着用シーズンは? 9月〜11月前半・3月〜6月 真冬は防寒対策をすればご着用いただけます。 ・どこにきて行ける着物? 木綿のきものは着心地のよいカジュアルなきものです。 お友達とのお出掛けやショッピングの時などに着て楽しみましょう。 気軽に着るならば、ゆかたの様に素足に下駄、半幅帯でも大丈夫。 大人気分で着たい時は、足袋を履き、帯もお太鼓に結びます。 ・コーディネートは? 着こなしのコツは、軽快にすること。 刺繍半衿や金糸銀糸が入った袋帯、帯締はせっかくの木綿が持つ素材の良さを消してしまうのでNG。 例えば名古屋帯に、3分紐や一番細いタイプの丸ぐけ、細目で量感のないものをあわせるとちょうどよいバランスになります。 帯揚げも、袷の季節なら無地のちりめんや綸子、単衣の季節なら無地感覚の絽を選ぶと軽快な着こなしとなります。 ・アフターケアは? 着た後の点検で特に汚れていなければ、 裏からアイロンを当ててシワを伸ばしてからしまいます。 部分的な汚れの場合は、裏にタオルを当て、上から水を含ませたタオルで汚れた部分を軽くたたいて落せば大丈夫です。 洗濯する場合は、 薄めた洗剤を溶かした水に、たたんだきものを入れて、押し洗いします。 干す時はきものハンガーなどにかけてシワをのばし、風通しのよい日陰に吊るして乾かします。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク