メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「薄手ニットメンズ」検索結果。

薄手ニットメンズの商品検索結果全12件中1~12件目

海島綿の丸首ケーブル編みカーディガン 外村 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

30,240

海島綿の丸首ケーブル編みカーディガン 外村 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

工夫を凝らした豊かなケーブル編みが魅力。こちらは、海島綿の風合いのよさを存分に堪能できる丸首のケーブル編みカーディガン。〈外村〉では当初、シンプルな天竺編みのウェアを中心に展開していたのですが、ニット工場の資料にあった編み地をヒントに新たなデザインを開発。何度か試作を行い、表面に凹凸の浮かぶ繊細で豊かなケーブル編み地を生み出しました。「通常のケーブル編みは、左右どちらかに捻った形の繰り返しになりますが、この編み地は右捻りと左捻りのケーブルを交互に配しており、2本で一対の柄になっています。そのため、編み地に陰影ができ、奥行きを生み出しているのが特徴です。天竺編みに比べて使用する糸量も手間も要しています」と言うのは、同社企画担当の斉藤哲弥さん。薄手で柔らかな肌触りが味わえ、また伸縮性があるため、着用した時に腕まわりを動かしやすいのもポイントです。単色ながらも存在感があり、まだ肌寒さの残る春はもちろんのこと、夏は冷房除けとしても重宝します。お手持ちのアイテムと合わせやすく素敵に装えます。ご家庭で手洗いできるので、お手入れが楽なのも嬉しいところ。しっとりと肌に馴染む海島綿ならではの着心地を、美しい発色とともにお愉しみください。

海島綿のハイネックプルオーバー 外村 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

27,000

海島綿のハイネックプルオーバー 外村 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

軽やかニットで迎える春。滑らかな風合いと絹のような美しい光沢を持つ「海島綿」。繊維が細くて長く丈夫で、吸水性にも優れる高級コットンです。生産量も全綿花の約10万分の1と少なく、少数の限られたメーカーにのみ扱うことを許されていることから“幻の綿"とも呼ばれています。〈外村〉は、そんな稀少な綿を扱う数少ないメーカーのひとつ。高級服地の卸からスタートした同社は、自社で扱う上質な素材を使ったオリジナルウェアの製作でも注目を集め、中でも海島綿のニットは20年来のロングセラー商品となっています。ご紹介するのは、海島綿の魅力を堪能できるプルオーバー。海島綿の風合いを出すために、きっちり編み込まず、しなやかにふっくらと編み上げました。ソフトな弾力性があり、着心地は格別。薄手なので長いシーズン着ていただけます。襟は、気になる首元を優しくカバーするハイネック。前身頃はリブ編みの中にさりげなくケーブル編みを配し、袖口と襟、裾を細リブ編みに切り替えた凝ったデザインになっています。カラーは、シックに装える花紺、品よく着こなせるモカ、淡い色合いが春らしいベージュの3色をご用意しました。シンプルな仕立てで着回ししやすく、色違いで揃えるのもお薦めです。ご家庭で手洗いできるので、日々気軽に着ていただけます。しっとりと肌に馴染む海島綿ならではの着心地をお愉しみください。

シルク・スリーシーズンジャケット クレイグ アレクサンダー ジャケット 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

63,720

シルク・スリーシーズンジャケット クレイグ アレクサンダー ジャケット 【ライトアップショッピングクラブ】

シルクでありながらドライ。特殊加工で実現した爽快なニット。英国の老舗ニットメーカーや有名ブランドで辣腕を振るってきたクレイグ・アレクサンダー氏は語ります。「かつては、シルクといえば織物であるサテンシルクが一般的でしたが、やがて編み組織であるシルクニットが台頭してきました。しかし、これはあくまでもメリヤスのことで、薄手のカーディガンにしかなりません。そこでまず素材は、手を尽くした中で麻のようにコシのある、日本の特殊な紡績技術で作られたシルクを用いることを思いつきました。清涼感がありつつも、表情の奥行きが感じられ、ジャケットに相応しいハリのあるオリジナルの編み組織を融合しながら、複雑な仕立てを要するテーラーリングのパターンを応用。これで、女性的だったシルクニットのイメージを覆す、立体的で美しいジャケットを完成させることができました。柄は、日本の浴衣に多い「矢絣(やがすり)」を原点とする、爽やかで奥行きのある“矢振り柄"を身頃に使用。肌離れが良く、透け感もあるので春から秋までの3シーズン心地よく着用できます。また繰り返し着用することで、より肌に馴染むようにもなります。シルク100%ならではの贅沢な着心地を、末長くお楽しみください。」

ウインドブレイカー・透湿撥水トラベルコート クレイグ アレクサンダー アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

30,240

ウインドブレイカー・透湿撥水トラベルコート クレイグ アレクサンダー アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

ニットの上に着るのが前提。風を断ち、温もりを溜め込む軽快コート。セーターの上にダウンジャケットを重ねたり、中わた入りのコートを羽織ったり。日本の冬を見ていて感じるのは、外出時に厚着の紳士が多いことです。公共の交通機関や建物の中では暖房が効いているので、重衣料でコーディネートしていると脱いで手に持った際にもかさばり、行動もしにくくなります。服選びは、体感温度が重要になってきます。体感温度はおもに温度・湿度・風速の変化によって影響を受けるので(※図1)ウールやカシミヤなどのセーターで保温性を高め、アウターでしっかりと防風すれば充分快適に過ごせるはずです。 「ロンドンは1日に四季がある」といわれるほど天候の変化がめまぐるしく、晴れて暖かくても急に雨が降って気温が下がるということがよくあります。そんなロンドナーの必須アイテムが、薄手で暑さ寒さが調節しやすく、雨も避けられるコートなのですが、そのスタイルをそのまま日本にも応用できると考え、今回この“ウインドブレイカー・透湿撥水トラベルコート"を企画しました。デザインは、日本ではステンカラーという名でお馴染みのタイプをアレンジ。非常にシンプルで合わせやすく、どこへでも着て行けます。ポイントは、薄く軽量ながらも撥水性と透湿性があり、同時に防風性にも長けたオーロラテックス®という日本の快適機能素材。寒風を通しにくいのでセーターに溜め込んだ暖かな空気をコート内にしっかりと閉じ込め、優れた防寒性を発揮します。

ウール×発熱・カーディガンジャケット クレイグ アレクサンダー ジャケット 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

42,120

ウール×発熱・カーディガンジャケット クレイグ アレクサンダー ジャケット 【ライトアップショッピングクラブ】

裏面の発熱素材により、一枚で保温力を発揮。英国の服飾文化を軸にしながら、クレイグ・アレクサンダー氏が絶賛する日本の高いニット技術を融合した、当社限定モデルです。幾重にも重ね着をせずとも、しっかりと温もりを確保するというのがロンドナー流の秋冬スタイル。それを鑑みて、必要最小限で得られる暖かさと紳士スタイルの共存をテーマにニットジャケットを開発。表面にウール、裏面に発熱機能の糸が表れるような特殊なニッティングにより、紳士に相応しい端正な佇まいと暖かな着心地を両立した 一着が完成しました。遠赤外線を放射する特殊セラミックスを練り込んだ機能素材ダイナホットⓇにより、この一着を羽織るだけで優れた保温性を発揮します。立体感のある表情のニット地は、まさに日本の高度な職人技の賜物。緻密に編み上げることで布帛生地のような構築的な完成度を生み出し、美しいシルエットを実現しています。適度な厚さと一枚仕立ての軽快さにより、秋口はカーディガンジャケットとして活躍し、真冬は薄手のコートでも充分、長い期間快適に着用できます。

こちらの関連商品はいかがですか?

前身プリント生地のニットアンサンブル プライムシック 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

32,940

前身プリント生地のニットアンサンブル プライムシック 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

上品でシックな色合いが魅力高級国産プレタポルテを数多く手がけてきた「株式会社アバン」のブランド〈プライムシック〉。同ブランドは時間とコストをしっかりとかけて、体形を美しく演出し、かつ楽な着心地を愉しめるパターンを追求。身体によく馴染む仕立てのよいウェアを手がけています。細番手で編んだニットの繊細な肌触りも魅力。ご紹介するのは、インクジェットプリントで柄を表現した布帛生地を前身頃に使用した、珍しいニットアンサンブル。この生地はテキスタイルメーカーが軒を連ねるイタリア・コモの高級プリントメーカーが手がけたもの。チェックでギザギザ模様を表現したシックな色使いの柄は、編み柄とは一味違う発色の美しさが魅力です。袖と後身頃は綿とアセテートの超極細の複合糸を使って14ゲージで編み上げたニット地で、肌触りが優しく伸縮するため身体を動かしやすいのも嬉しい。プルオーバー、カーディガンともに襟が程よく開いたクルーネックのデザイン。それぞれの袖口には飾り釦をあしらいカフス調に仕上げました。アンサンブルとして着るのはもちろん、単独でお手持ちのウェアに合わせても着こなしの幅が広がります。

撚り杢の天竺ハイネックセーター 外村 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

30,240

撚り杢の天竺ハイネックセーター 外村 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

深みのある杢調の色合いと、ふんわり優しい着心地が魅力ご紹介するのは、天然素材を駆使した自社オリジナルのウェアで注目を集める京都の高級服地メーカー〈外村〉が手がけた「撚り杢の天竺ハイネックセーター」です。 細番手の上質なカシミヤ糸を2本取りしてふっくらと編み上げており、肌触りは繊細で滑らか。「肌触りがとても優しい」「ふっくらとした編み地が着たときに心地いい」と好評を集めています。また、カシミヤならではの上品な光沢や、軽くて暖かな着心地も存分に堪能していただけます。オーソドックスなハイネックは、「タートルネックではなく、ハイネックが欲しかった」「ネック部分が高すぎない、程よいハイネックを探していた」という方にも多く選ばれています。ふんわりとソフトに編み立てているので首元の締め付けが少なく、マフラーなしでコートを着ても首元が寒々しくならないのも嬉しいです。ウエストをややシェイプさせており、着たときのシルエットはすっきりスマート。シンプルなデザインなのでパールのネックレスを合わせてエレガントに、パンツと合わせてカジュアルに、とさまざまな着こなしを愉しめます。

カシミヤニットテーラードジャケット 信濃屋 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

102,600

カシミヤニットテーラードジャケット 信濃屋 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

上質カシミヤを軽やかに羽織る。立体感のある編み地で、着心地のよさは格別。慶応2年に創業した〈信濃屋〉は、日本屈指の洋品店。港町横浜で幕末からいち早く世界の一流品を取り扱い、店は新しもの好きの紳士や、洋行する大使や領事、そして日本に居留する外国人で大いに賑わいを見せたといいます。昭和初期から戦前まで扱っていた品はすべて直輸入品。そのため著名人や文化人、俳優などがこぞって訪れました。創業以来の理念は、普遍的でトラディショナルなデザインや本物と呼べる一流の品質を一途に追求することです。そんな〈信濃屋〉の手がける上質なオリジナルウェアは、時代に流されないスタイルの美しさから、当社でもご紹介するたびに好評を得ています。ご紹介するのは、カシミヤを鹿の子編みにした着心地のいいテーラードジャケット。伸縮性のよいニット地に裏地をあえて付けないことで、カーディガンのように羽織れ、それでいてきちんとした装いになる美しい仕立てが魅力です。デザインは3つボタンのシンプルなスタイルで、スカートにもパンツにも合わせやすいのが特徴。またぴったりしすぎない、程よくゆとりのあるシルエットもポイントです。何かと外出の機会が多くなる時季、コートの下にも着られるジャケットは、淑女のお洒落の必須アイテムになりそうです。

カシミヤホールガーメントハイネックプルオーバー 外村 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

23,760

カシミヤホールガーメントハイネックプルオーバー 外村 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

継ぎ目のない柔らかな着心地にうっとり高級婦人服生地の企画製造卸として昭和25年に創業した〈外村〉。同社は高級天然繊維を得意とし、国内ブランドからオートクチュールまで幅広く服地を提供する一方、自社オリジナルのウェアも製作しており、上質な素材を使用した日常着で人気を集めています。ご紹介するプルオーバーは、同社が厳選した上質なカシミヤを贅沢に使用した一枚。20番手双糸を使って、脇に接ぎ目ができないようホールガーメント®の編み機でざっくりと編み上げることにより、肌当たりがよく軽やかな着心地を実現しました。カシミヤならではの柔らかな肌触りと優しい温もりも存分に味わえます。デザインは、シンプルなハイネック。襟と袖口、裾をリブ編みにすることでアクセントを付けました。ジャケットの下に着てももたつかないよう、生地の厚みや着た時のシルエットなど細部にまでこだわっているのもポイント。気になる腰まわりをカバーしてくれる程よい着丈なので、パンツにもスカートにもバランスよく合わせられます。寒い時期の定番として永くご愛用いただける一着です。

絣ボーダーニットジャケット ブティックセリザワ 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

36,720

絣ボーダーニットジャケット ブティックセリザワ 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

編み柄の豊かな表情を堪能できる一着。洗練されたスタイルを貫く神戸の名店〈ブティックセリザワ〉。凛として上質、それでいて女性らしい優しさを感じさせてくれる“神戸エレガンス"ともいうべき同店のスタイルは、妥協なき素材選びと品格に満ちたデザイン、そして端正な仕立てにより成り立っています。そんな〈ブティックセリザワ〉からご紹介するのは、淑女のお出かけを華やかに演出するニットジャケット。美しいグラデーションになったボーダー柄は、絣糸とウールの糸を組み合わせて表現されたもの。二重編みにより色彩のニュアンスや立体感を表現しているのが特徴です。また手動式横編み機を使用し、手間暇かけてゆっくりと編み上げているので、ふっくらとした柔らかな風合いが味わえるのも魅力。ふんわりと羽織れ、温かみのある着心地に仕上がっています。デザインは端正な印象のテーラードカラー。前身頃左右には大ぶりのケーブル編みが1本ずつ入っており、下部には大きめのポケットを配してアクセントをつけた。身頃上部をボーダー状の編みにして、メリハリを効かせているのもポイント。

メリノウールボア・ニットジャケット 和光 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

51,840

メリノウールボア・ニットジャケット 和光 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

本物を知る大人から愛される銀座の名店銀座四丁目交差点の一角に立つ〈和光〉。その屋上にそびえる時計塔は、ひときわ目を引く銀座のランドマーク的存在です。〈和光〉の前身である服部時計店は、明治14年に創業。関東大震災や戦火の時代をくぐり抜け、モボ・モガで賑わう銀座を見守り続けてきました。そして昭和22年4月、その小売部門を継承し設立された株式会社が現在の〈和光〉です。店に並ぶのは、優れた審美眼で国内外から厳選して集めた、いわゆる“一級品"のみ。ことにオリジナルの品は、目の肥えた銀座の顧客から絶大な支持を集めています。賑やかな年の瀬を前に、お洒落をして街へ出かける機会が多くなる時季にぴったりな上質素材を使った同社のオリジナルアイテムをご紹介いたします。こちらは、紳士のお出かけスタイルにぜひ取り入れていただきたいニットジャケット。ウールにアルパカを組み合わせて編み上げたふっくらと温もりを感じさせる風合いが魅力。前身頃は緻密な模様編みになっており、袖部分はストライプ状の編み柄に仕上げることでアクセントをつけました。身頃の内側には、柔らかなメリノウールのボアを配しているのも特徴。肌に優しい着心地を味わえ、首まわりまで暖かくカバーしてくれます。外出にはもちろんのこと、旅行などにも便利です。スポーティな仕上がりでありながら、洗練された雰囲気を醸し出すニットジャケット。この季節に欠かせない一着となることでしょう。

カシミヤ混ジャカードボーダーハーフジップ/紳士 鈴治 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

29,160

カシミヤ混ジャカードボーダーハーフジップ/紳士 鈴治 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

アイラ島の風景を封じ込めた一着。ものづくりにおいて「量より品質を大事にしている」という、老舗ニットメーカー〈鈴治〉。「今回使用したのは12ゲージのSESという古い横編み機で時間をかけて編み上げました」と〈鈴治〉の鈴木信重郎さんはいう。そしてその高い編みの技術に日々感激していると話すのは、〈鈴治〉と30年来の関係を持つデザイナー、加藤文子さんです。かく言う加藤さんも、国内外問わず活躍する世界的なカラーリスト。加藤さんが得意とする多色使いの世界観を〈鈴治〉が見事に表現しています。ご紹介するのは、紳士用のジャカードボーダーハーフジップ。加藤さんがイメージしたのは、スコットランドのアイラ島の風景です。ウィスキーの聖地と称されるその地は、スコッチの蒸留所も数多いことで有名。「まずブルー系は、大西洋から吹く風の影響で、海と空の色が刻々と変わる光景をイメージに取り入れています。そしてレンガ系は、湿地に広がる光景を切り取ったバーガンディー、グレー、茶色のミックスです。ピートによってウィスキー色に見える河川も表現しました」と加藤さん。11色の糸で表された世界には、どこからか漂うスモーキーな香りや、少し荒々しい様子の潮風と波音など、想像が膨らむほどに着る人の心を愉しくする一着です。「素材に毛足の長いカシミヤ、柔らかなキッドモヘヤ、ふかふかの英国羊毛に、ソフトタッチのナイロンを混紡。編み地に柔らかさと張りを持たせました」と鈴木さん。着るほどに着心地のよさが増す仕上がりになっています。

英国羊毛混のアラン柄半袖ベスト/婦人 ジム 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

24,840

英国羊毛混のアラン柄半袖ベスト/婦人 ジム 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

上質なウールの温もりを堪能“ニットの世界で勝負しよう"と会長の八木原保さんが1966年に設立し、2016年で50年を迎えるニットメーカー〈ジム〉。八木原さんはウールの生産を政府ぐるみで一貫して管理するイギリスを何度も視察し、英国大使館などと交渉を重ね、約20年前、晴れて英国羊毛公社のライセンスを取得した。タグの“ステッキマーク"は、厳しい基準をクリアした企業のみに許される信頼の証です。〈ジム〉のこだわりはそれだけではない。肌触りや厚さを日本向けにアレンジするため、原料のみを輸入。確かなノウハウを持つ国内の企業に依頼し、糸の紡績から手がけてニットを完成させます。至福の着心地で英国伝統の柄を愉しむ。ご紹介するのは、英国羊毛を50%使用したアラン柄のベスト。ケーブル模様やダイヤ模様といった伝統の柄を、現代の編み技術で繊細に表現した。ミックスカラーの編み地が奥行きを持たせ、ふっくらとした着心地も魅力です。襟は、女性らしい小さめのショールカラー。木製のボタンが素朴な温もりを演出している。半袖タイプのベストなので肩まで暖かく、長袖のシャツやカットソーなどと組み合わせて、さまざまな重ね着スタイルを愉しめます。〈ジム〉の熱意が込められた、着るほどに風合いと愛着が増す至福のウェアをご堪能ください。

スモールマフラー付カシミヤクルーネックセーター マッセルバラ セーター 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

54,000

スモールマフラー付カシミヤクルーネックセーター マッセルバラ セーター 【ライトアップショッピングクラブ】

クルーネックとスモールマフラーの合わせ技で、心地よさと洒落感が格段にアップ。東京の南青山から大人に相応しいカジュアルウェアを発信する〈マッセルバラ〉。オーナー兼デザイナーの金田敏氏が提案するウェアは、自分と同じ熟年世代の視座に立った独自のアプローチが特徴です。ご紹介するアイテムも、自らが考案し愛用していたスタイルを、ぜひお客様にも試していただきたいとの想いから製品化を実現。金田氏にそのこだわりを伺いました。 「私はカシミヤセーターをTシャツの上から直に着るのが好きで、ずっとこの着こなしを楽しんでいます。心地よくて一度味わうと、やめられなくなりました。この着方が何よりカシミヤの暖かさを実感できると思うのです。さらにクルーネックセーターにスモールマフラーを合わせるのが、私流の着方です。たまたま、自分の子供が使っていた子供用の小さなマフラーがあって、スカーフのように着用してみたら丁度よかったというのがきっかけでした。クルーネックの中にスモールマフラーを入れ込んで着用すると、襟元が暖かで、しかも洒落た雰囲気になります。歳を重ねると、首元にはやはり巻物が欲しいんですね。巻物を添えるとさまになるんです。スカーフのように着用できるニットマフラーなんて、たぶん他に無いと思います。ニットですと巻いた際に襟元がくずれにくいというメリットもありますね」

スポンサーリンク
スポンサーリンク