メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「遠州木綿」検索結果。

遠州木綿の商品検索結果全184件中1~60件目

送料無料
本場筑前博多織 名古屋帯 仕立て上がり 正絹 赤墨色の地 白緑 白梅鼠 献上柄 七献上 黒木織物謹製 伝統工芸 筑前 博多帯 全通柄 金証紙

Amazon

29,700

本場筑前博多織 名古屋帯 仕立て上がり 正絹 赤墨色の地 白緑 白梅鼠 献上柄 七献上 黒木織物謹製 伝統工芸 筑前 博多帯 全通柄 金証紙

【伝統技術×新感覚 本場筑前博多織 名古屋帯】 キュッと締まり結びやすく、着くずれしにくい 本場筑前博多織名古屋帯は、絹の美しい光沢と しゃっきりとした風合いが魅力的な伝統の帯。キチンと感のある上質な織りの八寸名古屋帯は、 遠州綿紬、阿波しじら織など木綿の着物や紬、 小紋など、カジュアルな普段着に季節を問わず 気軽にコーディネートが出来る。 好みの色や柄を選び、自分なりの粋な着こなしをお楽しみ頂けます。 【品質表示】種別:博多織 八寸名古屋帯 素材:正絹100%柄域:全通柄 サイズ:長さ約360cm前後 幅/約31cm 製造:(株)黒木織物 謹製 博多織工業組合の金色証紙付き 【お仕立てについて】 本品は、京都府または徳島県内の和裁士により、 丁寧な「松葉仕立て」を致しております。 ご注文後のお仕立て期間が無い即納品です。【博多織の献上柄について】 慶長5年(1600年)黒田長政が筑前を領有するようになってからは、幕府への献上品として博多織を選び、毎年3月に帯地十筋と生絹三疋 を献上するようになりました。その模様は仏具の「独鈷」と「華皿」との結合紋様と中間に縞を配した定格に固定されていました。 それは以前は単に独鈷、華皿浮け柄といわれていたものが、それ以来「献上」と呼称されるようになったのです。「独鈷」 密教法具の一つ。真言宗では、煩悩を破砕し、菩薩心を表す金属製の仏具であり、修法に用いられます。細長く手に握れるほどの大きさで、 中程がくびれ両端がとがっています。「華皿」元来は仏具の一種。仏の供養をするとき、花を散布するのに用いられる器です。 ※『博多織の献上とは』の文章は博多織工業組合の利用許諾を受けて掲載しております。(出所:博多織工業組合HPより)

スポンサーリンク
スポンサーリンク