メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「50 代ファッションワンピース」検索結果。

50 代ファッションワンピースの商品検索結果全1件中1~1件目

ラッセルレースワンピース リリーレース インターナショナル 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

29,160

ラッセルレースワンピース リリーレース インターナショナル 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

精緻なフラワーレースをエレガントに纏う。その精緻な意匠から「糸の宝石」ともいわれ、いつの時代も女性たちを虜にしてきたレース。ご紹介するのは、多彩なレースを手がける〈リリーレース インターナショナル〉による軽やかなウェアです。同社は創業50周年を迎えた2016年、本格的な海外展開に向け、社名を〈西村レース〉から変更しました。「当社は“全員のアイデアを形にする"のがモットー。社内ミーティングを重ね、心を込めてオリジナルレースを製作しています。今回は“ボタニカル(植物)"をテーマに、当社が得意とするラッセルレースでウェアを仕立てました」と語るのは二代目の西村政起さん。このレースに使われる経編機は、繊細なデザインを立体的に表現することができるのですといいます。精緻なフラワー柄のレースを採用したワンピース。「花の輪郭には濃い紺色の糸を、中心部には淡い紺色の糸を用いて柄を立体的に浮き立たせました」と西村さん。レース生地の両端がスカラップになっており、袖口と裾にスカラップ部分が出るように仕立てているのも見事です。裏地に使用したブルーグリーンのストレッチ生地がレースをより優美に彩っています。

こちらの関連商品はいかがですか?

ワンピース/モノグラムクロッチ 大西和子 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

54,000

ワンピース/モノグラムクロッチ 大西和子 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

「のら猫クロッチ」を刺しゅうで、表現した遊び心溢れるワンピース。一見、シックなモノトーンのワンピース。しかしよく見ると、鋭い眼を光らせた猫の顔がずらりと並んでいます。この猫の名はクロッチ。赤いスカーフがトレードマークのいかしたのら猫で、ガラは悪いが心優しく、他の猫たちからも一目置かれる存在です。クロッチの生みの親はクリエイティブデザイナーの筒井公子さん。クロッチはNHKアニメ「動物かんきょう会議」のマスコット役としても人気を博しました。こちらは、エンブロイダリーレースのブランドを主宰するデザイナー、大西和子さんとのコラボレーションで生まれた一着。布地にマシンステッチを施して作り出すエンブロイダリーレースは繊細さと優美さが魅力ですが、のら猫らしさを出すために、クロッチはフリーハンド風のステッチで仕上げています。「クロッチは自然を愛するのら猫なので、墨染糸のフリーステッチがしっくりと馴染んでくれました」と大西さん。素材はナチュラルな着心地を愉しめる綿を100%使用。気になる肘をカバーする七分袖のシンプルなデザインに仕立て、袖口と裾を無地にすることで個性的な刺しゅう柄を引き締めました。ハイネックのプルオーバーと合わせるのもお薦めです。

フレンチ袖のプルオーバー/スミレと原っぱ 大西和子 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

20,520

フレンチ袖のプルオーバー/スミレと原っぱ 大西和子 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

カラフルで繊細な刺しゅうに心惹かれるプルオーバー爽やかな風が吹く草原に、可憐な花を咲かせるスミレ。そんな愛らしい世界を刺しゅうで表現したのが、こちらのプルオーバーです。手がけたのはオリジナルのエンブロイダリーレースを手がけるデザイナー、大西和子さん。エンブロイダリーレースとは布地にマシンステッチを施して作る刺しゅうレースのこと。緻密なデザインと熟練の技術、そして膨大な手間を要する大変贅沢なものです。前身頃には、6色もの色糸を使ってヘリンボーン状に小さな葉を刺しゅうし、原っぱを表現。その隣には大西さんお馴染みのモチーフであるスミレを、余白を残しながらバランスよくちりばめました。細密画のような細かな刺しゅうと巧みな色使いが相まって、まるで花が日射しを浴びながら躍っているかのような印象です。生地にはストレッチ性のあるコットンベア天竺素材を使用。立体的なパターンを採用しているため、着心地は快適です。袖は刺しゅうに影響しないよう、生地を切り替えずに仕立てました。肩が隠れるつくりになっているので、一枚でも上品に着こなせるのが嬉しい。

フレンチ袖のプルオーバー/多色スミレ 大西和子 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

30,240

フレンチ袖のプルオーバー/多色スミレ 大西和子 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

色鮮やかなスミレが咲き誇る一枚。サラリとした肌触りの生地に咲く繊細なスミレの刺しゅうに心惹かれるプルオーバー。可憐なモチーフと奥行のある色の重なりが着る人を優美に引き立ててくれます。手がけたのは、エンブロイダリーレースブランドを主宰するデザイナー、大西和子さん。エンブロイダリーレースとは布地にマシンステッチを施して作られる刺しゅうレースのことで、図案のデザインから仕上げまでに膨大な時間を要する大変手の込んだものです。立体的な柄の美しさはもちろん、ステッチによって生まれる凹凸が素肌に心地よく、着るほどに洗うほどに優しい風合いになっていくのも特徴です。生地にはシルケット加工を施したコットン天竺を使用。全面に施された鮮やかなスミレの刺しゅうは10色の色糸を駆使しています。特にブルー系の糸を多色使いしており、襟元から裾にかけて移り変わるグラデーションが華やかな印象です。肩を優しく覆うフレンチスリーブが女性らしいデザイン。一枚ではもちろんのこと、ジャケットなどのインナーとしても装いを上品に彩ってくれることでしょう。

海島綿の刺繍付きプルオーバー 丸善 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

25,920

海島綿の刺繍付きプルオーバー 丸善 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

スパンコールの煌めきとともに愉しむ幻のコットン「海島綿」の格別な風合い。カシミヤのような滑らかな肌触りとシルクのような光沢を併せ持つ、高級コットン「海島綿」。カリブ海や西インド諸島のごく限られた地域でしか栽培できず、生産量は綿全体のおよそ10万分の1。その稀少性ゆえ“幻のコットン"とも称されています。海島綿は16世紀後半、英国が西インド諸島を領有した際に王室に献上されて以来、英国が厳しく管理。長きにわたり門外不出でその品質が守られてきました。そのため、日本での入手は大変困難でしたが、〈丸善〉は1975年に原綿の輸入が認められる以前からいち早く海島綿を紹介。「〈丸善〉に行けば海島綿の商品が手に入る」と評判になったほどです。現在もなお、海島綿を扱えるのは厳しい基準を設けた審査をクリアしたメーカーのみ。まさに女王のような品格を持つコットンです。ご紹介するのは、その格別な風合いを愉しめるプルオーバー。シンプルなデザインでありながら、首まわりに配されたスパンコールがさりげない煌めきを放つ一枚。細かなスパンコールを使い、手作業で幾重にも刺しゅうする手間は大変なもの。生地と同色のスパンコールを使用しているため派手にならず、上品に着られるのが嬉しい。脇からバストラインにダーツを入れることで、一枚で着てもすっきりとしたシルエットを演出。ジャケットのインナーとしても重宝します。

海島綿ボトルネックプルオーバー/七分袖 COTTON FACTORY 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

16,200

海島綿ボトルネックプルオーバー/七分袖 COTTON FACTORY 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

“繊維の宝石"で愉しむ優しい着心地日々活用するシンプルなプルオーバーは品質にもこだわりたいものです。しかし、大人が心地よく着られるものとなると選択肢は少なくなります。そこでご紹介したいのが、“繊維の宝石"と称される高級コットン、海島綿を使用した一着です。カリブ海のごく限られた地域でしか栽培できないこの綿は、生産量が綿全体のおよそ10万分の1。繊維が細く長くしなやかでシルクのような光沢があり、その肌触りはカシミヤに例えられるほどです。この海島綿、かつては英国の管理下にあり、現在でも厳しい基準をクリアしたブランドだけが扱うことを許されています。そんな数少ないブランドのひとつが〈COTTON FACTORY〉。上質なコットンで着心地のよいウェアを提案し、多くの淑女から支持を集めています。ご紹介するのは、首元を優しく包み込むボトルネックのプルオーバー。フロントに切り替えがないのですっきりと装え、肌当たりも滑らか。袖は、一枚で着ても重ね着にも重宝する七分袖で、春先から夏までお愉しみいただけます。手洗いできるので日々気軽に着られるのも嬉しい。肌を明るく見せるふんわりと優しい色合いも魅力。色違いで揃えてもコーディネートの幅が広がることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク