メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「帽子」検索結果。

帽子の商品検索結果全20,400件中1~60件目

麦わら帽子 マノン[田中帽子/女性用]

ディノス

11,880

麦わら帽子 マノン[田中帽子/女性用]

職人の手仕事が生み出す、日本製の麦わら帽子。伝統工芸としての手仕事はそのままに、デザインを現代風に取り入れて製品化しました。クオリティの高さと品格ある上質なかわいらしさが、夏をすがすがしく感じさせます。 毎年暑さの厳しい夏が続き、頭部を守る「夏の帽子」が注目されています。なかでも天然素材で、昔ながらの麦わら帽子が大人気です。■100年の歴史と伝統の田中帽子 〜5代目に引き継がれた老舗の麦わら帽子〜1世紀以上の伝統を持つ老舗帽子店の創業は明治13年。埼玉県の春日部市は古くから麦の集散地として知られてきました。麦わらを漂白して平たくつぶし、編み上げた「麦わら真田」の生産は農家の副業でした。田中帽子店は、明治13年頃から農家の副業として始め、麦を編み込んで組み紐状態にした「真田(サナダ)」を作り始めたが発端。明治30年ごろからは麦わら真田を改良し、現在のような麦わら帽子が生産されるようになりました。■伝統は5代目田中英雄氏にに継承現在は、5代目の田中英雄さんが事業を引き継ぎ、伝統を継承しながらも新たな流行も取り込み生産しています。4代目の田中行雄さんも現役の職人として日々、帽子を作り続けています。

麦わら帽子 マラン・フェム[田中帽子/女性用]

ディノス

8,640

麦わら帽子 マラン・フェム[田中帽子/女性用]

職人の手仕事が生み出す、日本製の麦わら帽子。伝統工芸としての手仕事はそのままに、デザインを現代風に取り入れて製品化しました。クオリティの高さと品格ある上質なかわいらしさが、夏をすがすがしく感じさせます。 毎年暑さの厳しい夏が続き、頭部を守る「夏の帽子」が注目されています。なかでも天然素材で、昔ながらの麦わら帽子が大人気です。■100年の歴史と伝統の田中帽子 〜5代目に引き継がれた老舗の麦わら帽子〜1世紀以上の伝統を持つ老舗帽子・田中帽子店の創業は明治13年。埼玉県の春日部市は古くから麦の集散地として知られてきました。麦わらを漂白して平たくつぶし、編み上げた「麦わら真田」の生産は農家の副業でした。田中帽子店は、明治13年頃から農家の副業として始め、麦を編み込んで組み紐状態にした「真田(サナダ)」を作り始めたが発端。明治30年ごろからは麦わら真田を改良し、現在のような麦わら帽子が生産されるようになりました。■伝統は5代目田中英雄氏にに継承現在は、5代目の田中英雄さんが事業を引き継ぎ、伝統を継承しながらも新たな流行も取り込み生産しています。4代目の田中行雄さんも現役の職人として日々、帽子を作り続けています。

麦わら帽子 ブルーノ[田中帽子/男性用]

ディノス

7,560

麦わら帽子 ブルーノ[田中帽子/男性用]

真夏の日差しから頭部を守る強い味方の麦わら帽子。職人の手仕事が生み出す麦わら帽子は日本製の誇りと伝統を継承して、上質なクオリティと品格ある仕上がりを楽しめます。 毎年暑さの厳しい夏が続き、頭部を守る「夏の帽子」が注目されています。なかでも天然素材で、昔ながらの麦わら帽子が大人気です。◆日本の麦わら帽子にワイルドなテンガロンハット日本の伝統的な夏の帽子といえば麦わら帽子。その”麦わら”で、田中帽子が新たに作ったのがアメリカンテイストの日本製テンガロンハット。長いツバのサイドを反り上げたデザインが特長。あご紐付きなので、アウトドアのほかフィッシングやヨット、ゴルフとスポーツにもおすすめです。100年以上の歴史を持つ田中帽子だからこそ可能にした逸品です。革のベルトがよりワイルドなイメージを醸し出す帽子には本牛革のベルトとアンティックゴールドのバックルがついており、カジュアルな中にも大人の雰囲気が漂います。夏のカジュアルスタイルにマッチする帽子です。麦の茎を7本で編み上げた真田が材料麦わら帽子の材料は真田と呼ばれる7本の麦で編んだものが使われています。1本1本手で編み上げられた真田を霧吹きで湿らして縫製していきます。その後、型入れして天日で水分を飛ばし乾燥させて装飾します。縫製・型入れ・装飾を3人の分業により1つの帽子に仕上げていきます。

エスカルゴ帽[ORIHARA STYLE/ オリハラスタイル]

ディノス

8,640

エスカルゴ帽[ORIHARA STYLE/ オリハラスタイル]

オートクチュールのようなシルエットが魅力! 素材は、涼しげな麻素材を使用。シャリ感があり、夏の装いにぴったり。エスカルゴ帽の名に相応しく、円を描く様に生地を裁断しエスカルゴの殻のように縫製。大変贅沢な生地の使い方は3D製図と呼ばれる、本来オートクチュールなどで使われる技法。それは、日本人の頭型模型に針を入れ、立体で型紙を作る手法。通常の平面製図とは違って、より日本人に合ったシルエットの実現を可能にしました。◆「エスカルゴ帽」正面から見るとスッキリとした印象を与えるが、横から見るとしっかりと顔全体を覆い隠し、日差しから守ってくれるデザイン。エレガントながらナチュラルな麻素材はどんな装いにも合い、旅行やショッピングにもおすすめ。内側もメッシュ素材を使っているので通気性も抜群。帽子デザイナーであり、職人でもある折原尚氏率いるラプト・トゥーコンプレックス社による日本製。◆ORIHARA STYLE/プロフィールDesigner : 折原 尚東京生まれ。1897年から続く帽子製造業を営む両親のもとで育つ。1991年に服飾専門学校のデザイン科卒業後、アパレルメーカーに入社し、商品企画開発に始まり、デザイン、パタンナー、バイヤーを経て、帽子デザイナーになる。その後、父親の弟子として、職人としての修業を経た後、2003年に自身の会社である「ラプト・トゥーコンプレックス有限会社」を立ち上げる。以降、自身のブランドを立ち上げ、帽子専門店を都内に出店。また、アーティストやタレント、スポーツ選手等の帽子のデザインも手掛け、その中で新しい形の「女優帽」が口コミでヒット商品となっています。折原氏の得意とし、採用している3Dパターン製図は立体から製図を設計。オートクチュールやオーダーメイドの方式で、絶妙なシルエットラインが特長です。現在は...

麦わら帽子マラン・オム ブラック[田中帽子/男性用]

ディノス

8,640

麦わら帽子マラン・オム ブラック[田中帽子/男性用]

真夏の日差しから頭部を守る強い味方の麦わら帽子。職人の手仕事が生み出す麦わら帽子は日本製の誇りと伝統を継承して、上質なクオリティと品格ある仕上がりを楽しめます。 毎年暑さの厳しい夏が続き、頭部を守る「夏の帽子」が注目されています。なかでも天然素材で、昔ながらの麦わら帽子が大人気です。■100年の歴史と伝統の田中帽子 〜5代目に引き継がれた老舗の麦わら帽子〜1世紀以上の伝統を持つ老舗帽子店の創業は明治13年。埼玉県の春日部市は古くから麦の集散地として知られてきました。麦わらを漂白して平たくつぶし、編み上げた「麦わら真田」の生産は農家の副業でした。田中帽子店は、明治13年頃から農家の副業として始め、麦を編み込んで組み紐状態にした「真田(サナダ)」を作り始めたが発端。明治30年ごろからは麦わら真田を改良し、現在のような麦わら帽子が生産されるようになりました。■伝統は5代目田中英雄氏にに継承現在は、5代目の田中英雄さんが事業を引き継ぎ、伝統を継承しながらも新たな流行も取り込み生産しています。4代目の田中行雄さんも現役の職人として日々、帽子を作り続けています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク