メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ナイトウェア・パジャマ」検索結果。

ナイトウェア・パジャマの商品検索結果全12,109件中1~60件目

播州織シャトル織機のインディゴ中白ベスト 植山織物 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

14,904

播州織シャトル織機のインディゴ中白ベスト 植山織物 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

ベストは紳士の相棒。機能性に優れた実用的な一着。播州織の特徴は、先染めした糸を用いる技法にあります。生地を染色するのではなく、あらかじめ染色した糸を組み合わせて色柄を表現するため、織地の風合いや柄行きは、糸の良し悪しですべて決まると言っても過言ではありません。その播州にあって、さまざまな織機を駆使した生地づくりに取り組んでいるのが〈植山織物〉です。2018年で創業70周年を迎える同社は、素材となる綿花の吟味から生地の企画、製造までを、グループ会社一貫でおこなっています。そんな同社の飽くなきこだわりを感じさせる珠玉のアイテムをお届けします。近年、紳士の注目が高まっているのが、羽織るだけで様になり、体温調節にも重宝するベスト。〈植山織物〉が生地にもこだわり抜いた一着は、紳士のお洒落心をも満たしてくれます。特徴はインディゴでロープ染色した、「中白」状態の細番手の糸を使っていること。芯まで染まっていないので着るほどに自然と色が落ち、デニムのように味わいが増します。旧式のシャトル織機でゆっくり織り上げることで、柔らかな肌ざわりを実現。ジャケット並みにポケットを3個配しており、薄着の季節にもこの一着があれば便利です。

リーフ柄七分袖パジャマ アングル 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

11,880

リーフ柄七分袖パジャマ アングル 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

綿100%の快適な着心地で眠る夏場は爽快な着心地の衣類を身に着けたいものです。そこでおすすめしたいのが〈アングル〉が手がけるパジャマと肌着です。同社は1894年の創業以来、「深い味わいと快適さ」を追求し、企画、生産、販売まで一貫して手がけている老舗肌着メーカーです。四季折々の日本の気候を考慮し、着る人の立場に立った商品づくりをおこなっています。「リーフ柄七分袖パジャマ」は、就寝時だけでなく、家でゆったり寛ぐときのウェアとしても最適。淡色でふわりと描かれた花と濃淡色のリーフが相まって新鮮でお洒落な印象に。プルオーバータイプで、ストレッチ性のある生地を採用しているため着心地も快適です。軽やかな七分袖のデザインも暑くなってくる時期には嬉しい仕様です。上衣はリーフ柄ですが、下衣はシンプルな無地になっています。カラーはブルーと水色のリーフ柄が涼しげな印象を演出するネイビー系と、カーキとブラックのリーフ柄がシックな雰囲気のカーキ系をご用意。どちらもピンクの小花が可愛らしいアクセントになっています。次第に暑さが増していく季節にぴったりのリラックスウェアです。

近江・竿干しちぢみベスト セイ 1927 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

25,920

近江・竿干しちぢみベスト セイ 1927 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

大自然の恵みと職人技が生む「竿干しちぢみ」のシャツ地ベスト国内屈指の上質な麻織物として知られる「近江の麻」は、鈴鹿山系の豊かな水と琵琶湖を通る湿潤な風に恵まれた湖東地域で発展した織物です。ご紹介するのは、夏素材としておすすめしたい「竿干しちぢみ」のベスト。老舗紳士服専業メーカー〈セイ 1927〉が、シャツ地を使って手がけた軽やかな一着です。経糸には100番手双糸の綿糸、緯糸には強い撚りをかけた麻糸を使用。織り上げた生地を職人が丁寧に揉み込んで竹竿に下げ、気温や湿度に注意しながら自然乾燥させるのが「竿干しちぢみ」の昔ながらの技法です。こうすることで生地がゆっくりと時間をかけてちぢみ、機械乾燥では得られない自然なシボと風合い、そして適度なハリとシャリ感を生み出すのです。シボは生地を味わい深くするだけでなく、風通しのよい爽やかな着心地をもたらしてくれます。デザインは襟なしのシングルで装いに合わせやすく、前面に付いたポケットは、薄着になるこの時期に重宝します。シンプルなデザインが「竿干しちぢみ」の表情を引き立てており、その魅力を存分にご堪能いただけます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク