メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「power to the people」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

Pearson(ピアソン) サイクルキャップ【Big in Japan】

TOKYOlife

3,456

Pearson(ピアソン) サイクルキャップ【Big in Japan】

Pearson は1860年にロンドンで創業したスポーツバイク専門店です。多くのサイクリスが集まる人気ショップから生まれた洗練されたデザインのアパレル製品は、ロンドンを出て広く世界に発信されています。このコットンキャップもその1つ。一見どれも同じように見えるサイクルキャップですが、これこそ洗練されたデザインです。クラシックな4パネルのサイクルキャプは、普遍的な形だかろこそ、その配色やロゴの入れ方。ライン一本の太さにツバのサイズなど、それぞれのバランスがその印象を大きく左右します。【Big in Japan】は、日本国旗とイギリス国旗を連想する白色を基調としたボディに赤とネイビーを刺した配色。ツバ上面と左側面には洗練された字体の『Pearson』ロゴ、右側面にはブランドのワンポイントマークであるチューダーローズが入り、ツバを上げればイギリス国旗・チューダーローズ・Pearsonロゴが誇らしげに顔を出します。この全てが見事に調和して、シンプルなサイクルキャップは洗練されたサイクルキャップたり得るのです。・Machine washable・100% cotton・Free Size(頭回り57㎝の弊社スタッフ着用で、しっくり被れてやや余裕があるサイズ感です。)

Peloton de Paris(プロトン ド パリ) サイクルキャップ【Black Flower】

TOKYOlife

3,024

Peloton de Paris(プロトン ド パリ) サイクルキャップ【Black Flower】

伝統的なロードレース"春のクラシック"が玄関先を通る。レースに登場する石畳がその角を曲がれば現れる。ロードレースが生活の1部として在るベルギーで生まれたPeloton de Parisは、高品質のサイクリングアパレルとカジュアルウェアを組み合わせた素晴らしいデザインのサイクリングアパレルブランドです。そのPeloton de Parisを象徴すると言っても過言ではない、他で見ることが出来ない美しいデザインのサイクルキャップです。4パネルのオーソドックスなサイクルキャプでありますが、コットン35%にポリエステル65%とすることで、速乾性、耐久性を高め、洗濯後の型崩れやシワも出にくい仕様です。サイクルキャップは、夏場は汗を吸い上げ顔へ流れ落ちる大量の汗をストップし、冬場は防風防寒の役割も果たすなど、シーズンを通してライダーの快適さを保つ重要なアイテムです。だからこそ、一見して同じに見えてもこの素材への拘りは重要なんです。また、ヘルメットを脱いだ時のファッションアイテムとしても不可欠なものですから、チラッとしか見えないからと言って、デザイン選びも手を抜いてはいけません!その点このサイクルキャップ【Black Flower】のツバを上げた時にチラリと見えるフラワーデザインは最良のバランスですね。

Deus ex Machina(デウス エクス マキナ) シアサッカー6パネルキャップ【DALVEY CAP】

TOKYOlife

5,940

Deus ex Machina(デウス エクス マキナ) シアサッカー6パネルキャップ【DALVEY CAP】

デウスと言えばお馴染みのブランドロゴのキャップ!との印象を持たれている方も多いでしょう。通年リリースがあるものの、やはり春夏シーズンは格別テンションがあがりますよね。ご紹介するこちらはメインボディにシアサッカー素材を用いた6パネルキャップ。シアサッカーと言えば、シャツや寝間着等に用いられることが多い、清涼感ある春夏ファブリックの代表格。柔らかな空気感のある凹凸とシャリ感が涼しげであり、軽さもある…つまり被りモノにはもってこいのファブリック。そんなシアサッカーをモノトーンカラーでまとめ上げることで、ソリッドな仕上がりのサマーキャップとして完成させています。フェイスのブランドロゴは刺繍で表現。そして実はボディと同色でレフトバックパネルにもロゴ刺繍が隠れているんです。これ見よがしにではなく、さり気なくアピールできるのは大人カジュアルとしての高評価ポイントですね。フィッテイングはやや浅め。アジャスターはあえてラバー仕様にすることでスッキリとした見た目にし、ストリート感は排除。多数のアクティビティ、イベントシーンで必然と増えるキャップの必着シーン。数多のキャップでお悩みでしたら、デウスで必ずやお気に入りが見つかるハズです。

alk phenix(アルクフェニックス) エンボス加工ダンボールニットキャップ【dome cap/3D-urake】

TOKYOlife

9,612

alk phenix(アルクフェニックス) エンボス加工ダンボールニットキャップ【dome cap/3D-urake】

サコッシュ同様に定番となり、人気を博した『dome cap』が入荷してまいりました。今回採用された素材は【3Dウラケ】という見た目にも新鮮な素材です。前回は大胆な加工を前面に押し出した商品でしたが、今回は素材感を活かすためにデザインはシンプルに変更されています。(ライン状のリフレクターがありません)更に、この素材の特性上非常に軽量に仕上がっており、長時間被っていても、疲れません。最大の特徴であるエンボス生地を引き立たせるために敢えてシンプルに仕上げています。しかしながら、得意の機能性はちゃんと装備してます。深く被れるデザインにストレッチ性と撥水性を持たせております。生地にはUVカット加工も施されている為、紫外線対策も安心。頭皮へのダメージも防いでくれるので、嬉しいポイントでもあります。また、このキャップの構造が非常に興味深い作りとなっております。トップ部分の縫製を三段階に分けることで、ドームのような構造となり、そのまま畳むことも可能、コンパクトになるため携帯にも便利です。しっかりとホールド感がありますが、サイズ感はややゆったりめと窮屈さを感じさせない被り心地も特徴です。サイズ調整も非常に簡単で、ワンハンドアジャスターのドローコード仕様となります。気軽に、いつも被れるキャップは日々のスタイリングにも重宝するアイテムなので携える機能が優れていれば嬉しい事ばかりです。

narifuri(ナリフリ) “narifuri×CA4LA"ベンチレーションサファリハット【VENTILATION SAFARI HAT/NFC4-05】

TOKYOlife

10,584

narifuri(ナリフリ) “narifuri×CA4LA"ベンチレーションサファリハット【VENTILATION SAFARI HAT/NFC4-05】

様々なブランドとコラボレーションし、サイクリングに使える機能性と高いファッション性の融合を目指すnarifuri(ナリフリ)。コチラのサファリハットはnarifuriと日本製にこだわった帽子づくりをつづける帽子メーカー“CA4LA"とのコラボレーションアイテムです。メイン素材には高耐久の撥水リップストップナイロンを使用。非常に軽くて柔らかい被り心地ですが、しっかりと水をはじいてくれるので多少の雨でも問題ありません。頭頂部とサイド部分は撥水メッシュに切り替えているので汗ムレはきちんと逃がしてくれます。つば先にはワイヤーなどは入っていないので小さく折りたたんで持ち運びもらくちん。ヘルメットを取った後の乱れた髪を隠すのにご使用いただくのも良いですね。取り外しが可能なあご紐や、後についているサイズ調整用のドローコードにはリフレクター素材を使用しています。こういった細かい部分のこだわりはさすがですね。マウンパやウィンブレなどのカジュアルアイテムにも、ジャケットなどのドレスアイテムの外しとしても相性抜群のオシャレアイテムです。この機能性とデザイン性をぜひ一度お試ししてみてください。

Doria1905(ドリア1905) フェドラ型 ペーパーハット

TOKYOlife

20,520

Doria1905(ドリア1905) フェドラ型 ペーパーハット

紳士の頭上は当然コチラで正解です。正真正銘のMade in Italyを守り抜く伝統ある老舗Doria1905(ドリア1905)からクラシカルな中折れ帽をご紹介です。Doria1905(ドリア1905)の帽子は、デザイン、木型の選定、プロトタイプ製作、裁断などおよそ20の工程を経て完成されています。某有名メーカーの請負を数多くこなしていることでも有名で、業界でも屈指の技術力を誇る本格派。 全ての工程において一点ずつ、そして、ディテールに至るまで細心の注意を払いながら職人の手作業により仕上げられている拘りで、ALL Made in Italyを貫く信頼あるファクトリーなのです。シルエットはハットの中でも馴染み深いフェドラ型を採用。頭頂部が大きくへこみ、短めのツバが特徴の中折れハット。クラシカルなモデルはハットの種類の中でも王道シルエットとして馴染み深く気軽に楽しめるモデルとなっています。コンパクトにまとまった端正な容姿が特徴で、カジュアルなスタイリングからドレスカジュアルのスタイリングまで幅広く対応してくれる中折れハットはイタリアンクラシコにも親和性の高いアイテムとなっています。そしてグログランテープのワタリ部分にはDoria1905のブランドアイコンのチャームをスタバイ。シンプルながら存在感あるハットの横顔にアクセントをもたらしています。職人の手作業により丁寧に仕立てられており、繊細で上品な表情は被り心地も一級品。軽いだけではなくしっかりとハリがある為、違和感なく着用することができるように設計されています。通気性も申し分ないので実用性としても非常に高いのも見逃せません。イタリアンクラシコには欠かせないスタイリングを気軽に取り入れられるアイテムとして、信頼のおけるDoria1905(ドリア1905)をぜひ一度お試しください。

Doria1905(ドリア1905) ラピッドファー フェドラ型 ハット

TOKYOlife

35,640

Doria1905(ドリア1905) ラピッドファー フェドラ型 ハット

紳士の頭上は当然コチラで正解です。正真正銘のMade in Italyを守り抜く伝統ある老舗Doria1905(ドリア1905)からクラシカルな中折れ帽をご紹介です。 Doria1905(ドリア1905)の帽子は、デザイン、木型の選定、プロトタイプ製作、裁断などおよそ20の工程を経て完成されています。某有名メーカーの請負を数多くこなしていることでも有名で、業界でも屈指の技術力を誇る本格派。 全ての工程において一点ずつ、そして、ディテールに至るまで細心の注意を払いながら職人の手作業により仕上げられている拘りで、ALL Made in Italyを貫く信頼あるファクトリーなのです。シルエットはハットの中でも馴染み深いフェドラ型を採用。頭頂部が大きくへこみ、短めのツバが特徴の中折れハット。クラシカルなモデルはハットの種類の中でも王道シルエットとして馴染み深く気軽に楽しめるモデルとなっています。コンパクトにまとまった端正な容姿が特徴で、カジュアルなスタイリングからドレスカジュアルのスタイリングまで幅広く対応してくれる中折れハットはイタリアンクラシコにも親和性の高いアイテムとなっています。そしてグログランテープのワタリ部分にはDoria1905のブランドアイコンのチャームをスタバイ。シンプルながら存在感あるハットの横顔にアクセントをもたらしています。また上質なラビットファーフェルトを採用しており、職人の手作業により丁寧に仕立てられたハットは繊細で被り心地も一級品なのです。イタリアンクラシコには欠かせないスタイリングを気軽に取り入れられるアイテムとして、信頼のおけるDoria1905(ドリア1905)をぜひ一度お試しください。その居心地の良さと確実に決まるクラシコスタイルは一度ハマルと手放せない逸品となるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク