メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「反物木綿」検索結果。
お客様が入力された検索条件に該当する商品が見つかりませんでした。

こちらの関連商品はいかがですか?

会津木綿の晴雨兼用日傘 前原光榮商店 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

15,984

会津木綿の晴雨兼用日傘 前原光榮商店 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

会津の歴史息づく趣深い一本1948年創業の〈前原光榮商店〉は、皇室御用達の店としても知られる老舗傘メーカーです。そんな同店が東日本大震災からの復興支援のために特別に企画したのが会津木綿を使用した傘。ご紹介するのは、折りたたみタイプで好評を博したその傘の長傘タイプです。グレー地にブルーの縞柄が美しく映える生地は、創業100年を超える会津木綿の老舗〈山田織元〉が手がけたもの。江戸時代初期から生産が始められた会津木綿は、もともとは仕事着など実用的な用途から作られたため、丈夫で長持ちするのが魅力です。しかし着物生地のため傘生地としては幅が足りず、この傘は2反の織地を組み合わせて贅沢に仕立てています。また、防水コーティングがかかりにくい生地ですが、通常一度で済むコーティングを二度おこなうことで晴雨兼用日傘の基準値をクリア。それにより生地が厚くなり裁断・縫製にも非常に手間がかかっています。このように労を惜しまずつくり上げた傘は、会津木綿ならではの素朴な風合いと温かみに溢れ、洋装はもちろん和装に合わせれば装いを情緒たっぷりに演出してくれます。少しでも会津の商品を流通させたいという傘の老舗の気持ちに応え、職人が末永く大切に使えるようにと手仕事に思いを込めた一本です。

糸車・オフカラーワンピース 工房藍木野 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

95,040

糸車・オフカラーワンピース 工房藍木野 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

琉球の流れを汲んだ、古典柄を今流にアレンジ。個性的な柄が目を引くこちらのワンピースは〈野村織物〉の反物を使ったものです。古典柄のひとつである「糸車」を大胆にアレンジ。糸車から送られる糸を巻きつける、エ字形のかせをモチーフにしています。経糸・緯糸ともに柄部分をくくって防染する、久留米絣の真髄「くくり」の作業によって、躍動感溢れる意匠に仕上げました。琉球調の経絣を部分的に配すことで、黒地と白糸のコントラストが美しく映え、味わい深い印象を与えてくれます。デザインは、胸元にV字の切り替えを入れたオフカラー。首もとにくしゅっとしたニュアンスを添えつつもすっきりと仕上げているのがポイント。背面の襟に付いたボタン3つとファスナー開閉で楽に脱ぎ着ができるのも特徴です。両脇には、何かと便利なポケットを配しました。ゆったりとしたAラインのシルエットながら、ハイウエストの位置に切り替えを入れることで胸もとは程よくフィット。おなかや腰まわりを美しくカバーするパターンで仕立てているので、すっきりと着こなせます。洗練されたフォルムがエレガントな雰囲気を醸し出す一着。シックな色合いながらも動きのある柄が装いに華やぎをもたらし、街着としても、およばれ着としても重宝しそうです。

久留米縞のボレロジャケット 工房藍木野 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

54,000

久留米縞のボレロジャケット 工房藍木野 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

趣のあるシックな柄を、軽快なボレロジャケットで。「サッと羽織れる夏のジャケットが欲しい」というお客様の声にお応えして〈工房藍木野〉が手がけたのが、ボレロタイプのジャケット。〈久保織物〉の端正な吉田縞の反物を使用し、軽快な一着に仕立てています。デザインは美しいショールカラー。一枚仕立てならではの軽やかな襟は、折り返す分量によって異なる表情を愉しめるのが魅力です。また、穏やかなカーブを描く裾が愛らしさを漂わせています。襟から裾まわりにかけて、共地をバイアス使いにしてぐるりとトリミング。手首が覗くゆったりとした八分丈の袖口も同様の仕様に仕立てました。地の縦縞に対して斜めに走る縞柄が、さりげないアクセントを添えています。コンパクトなショート丈は、ボリュームのあるワンピースやスカートにも合わせやすい絶妙なバランスで、スタイルを美しく演出。さまざまなコーディネートに合わせていただけます。日射しが気になるときや、室内の冷房対策など、これからの時季の幅広いシーンで活躍する一着。さっと羽織るだけで、洗練された装いが完成するので長く重宝していただけるアイテムです。

伝統工芸・阿波藍染めしじら織のシャツ 長尾藤太郎 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

21,168

伝統工芸・阿波藍染めしじら織のシャツ 長尾藤太郎 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

シボが快適なしじら織シャツ暑い時期に着る半袖シャツのよし悪しは、袖を通した瞬間にわかるものです。汗をかいても素肌に張りつきにくい肌触り、自然素材ならではの爽やかさ、さらには目にも涼しく、雰囲気も粋であるなら申し分ありません。ご紹介する「伝統工芸・阿波藍染めしじら織のシャツ」は、そのすべてを兼ね備えた贅沢で手の込んだ一枚です。阿波正藍しじら織は、国指定の伝統的工芸品ですが、その由来は蜂須賀旧藩主の時代に、一般市民が絹を着ることを禁じられたことから始まりました。そのために商人は木綿織物で外見を美しく見せるために工夫を凝らしました。古くから伝えられていたタタエ縞を参考に改良を加え、阿波特産の藍染料を使用し縞織物を製織しました。それを乾燥させるために戸外に干したところ、突然の雨に見舞われて濡らしてしまいます。そして晴れた後に日光のもとで乾かしたところ、布面に凹凸が生じたのだといいます。それにヒントを得て夏場に最適な衣料として大きな需要をあげ、明治2年「しじら」と命名されました。その逸話の通り、しじら織には独特のシボがあり、肌に触れる面積が少ないので清涼感のある肌触りが得られます。ご紹介するのは、阿波しじら織の巨匠で平成10年に黄綬褒章を、16年に旭日双光章を受章した長尾藤太郎さんが手がけた逸品。しじら織に「絣柄」「菊紋柄」を施した2趣。裾の両脇はスリット入りで動きやすく、左胸のポケットも便利で粋なシャツです。

竺仙松煙染め・奥州絣のビッグワンピース 心衣 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

170,640

竺仙松煙染め・奥州絣のビッグワンピース 心衣 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

モダンで優しい色柄をシックに装う、爽涼な〈竺仙〉浴衣地ワンピース高温多湿な日本の夏。蒸し暑い日々を快適に過ごすには、肌に優しく、汗を吸う綿素材のウェアがぴったりです。中でも日本古来の浴衣は、綿素材の代表ともいえる装いのひとつ。こちらは、そんな浴衣地を日常で気軽に愉しめるワンピース。手がけたのは、日本の伝統的な生地の魅力を引き出すウェアを提案し、注目を集める〈心衣〉です。生地に使用したのは、東京・日本橋の老舗呉服店〈竺仙〉の反物。手織り紬を思わせる奥州絣の豊かな風合いが魅力です。富貴を呼ぶ縁起物として知られる、連なる千鳥が飛ぶ様子を図案化した「鳥たすき」柄は、中の細かな水玉模様と相まってモダンな印象。松煙染めによる淡いグレーの色彩で表現された意匠は、シックながら爽やかさを醸します。ところどころ濃色に手挿し染めを施して、柄行きにアクセントを添えました。デザインはシンプルなワンナップカラーで、胸もとまでボタンを配した被るタイプ。ゆったりとした着心地で、裾にかけて緩やかに広がるAラインシルエットが、気になるボディラインをさりげなくカバーします。肘が隠れる六分丈の袖が軽快な印象を与えてくれます。

絹紅梅浴衣「菊唐草」 竺仙 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

140,400

絹紅梅浴衣「菊唐草」 竺仙 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

涼感溢れる格子地に菊唐草、江戸の粋を感じさせる〈竺仙〉の力作東京・日本橋の老舗浴衣専門店〈竺仙〉。天保年間、奢侈禁止令の御触書が出る最中に店を開いた初代仙之助は、木綿の藍一色でとことん洒落た江戸小紋や中形の本染浴衣を世に送り出し、粋人を虜にしました。近年では、伝統的な意匠や技術を継承しつつも、“浴衣はファッション"という位置付けで現代感覚に合う浴衣を展開。今夏も、上質な素材に〈竺仙〉ならではの洒脱な意匠が映える逸品をお届けします。こちらの浴衣は、上品な透け感が美しい絹紅梅を使用した一枚。絹紅梅は、絹地に綿糸で細かな格子状の凹凸を織り込んだのが特徴で、汗をかいても肌に張りつきにくく、サラリとした風合いで軽やかな着心地が愉しめます。古い染型を復刻したという柄は、縁起のよい唐草紋様に大きな菊花を合わせた大胆なデザインのもの。矢田型紙店三代目、江戸型彫師の矢田幸蔵さんが型を担当。福島県須賀川の老舗〈形幸染物店〉の三代目、渡辺幸典さんが昔ながらの手付け、手染めにこだわって染め上げました。精緻な柄は小紋染という技法によるもので、菊の花びらの一枚一枚が繊細に浮かび上がり、ため息が出るほど美しい仕上がりです。仕立ては〈絹泉花〉が担当。すべて手縫いで行われ、襟裏には絹の絽を、さらにお尻に当たる部分の居敷当にも、絹の羽二重を合わせた高級感漂う仕立て。贅を尽くした職人の手仕事をお愉しみください。

羊毛キルティングわたの半てん/婦人用 メリノン 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

29,160

羊毛キルティングわたの半てん/婦人用 メリノン 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

羊毛わたと「メリノン」で身も心も暖かく軽やかに。ご紹介するのは、暖かくふわりと羽織れる半てん。首まわりや肩から背中、腰にかけて毛足約22mmのメリノウール素材「メリノン」を使用した一着です。前身頃と袖の裏地には羊毛わたを薄いシート状にした、独自の素材を使用。厚さ約13cmもある10層の羊毛わたを約5mmまで圧縮することで、絡み合った羊毛の中に無数の空気穴が生まれるため、非常に薄くても柔らかく、暖かさをキープしてくれます。このシート状の羊毛わたを、肌に触れてもひやりとせず、透湿性があって蒸れにくい高密度のタフタ生地でキルティングしています。「全体に『メリノン』素材を使うとかさばって動きにくくなってしまうので、羊毛を使いながらも薄くて暖かい生地を作りたいと思ったのがきっかけです。多くの優れた特性を持つ羊毛で、冷え性の方も快適に過ごせるアイテムを作りたい一心でした」と〈メリノン〉を使った商品を手がけている、タクトコーポレーション代表の森田さん。表地は、独特のムラ感が味わい深いスペック染めの木綿生地に、ステッチ刺しゅうを施し、袖口は折り返せるため、水仕事をするときなどに便利。犬の散歩などちょっとした外出にもお薦めしたい、お洒落な一着です。

紳士用浴衣/小千谷縮 竺仙 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

72,360

紳士用浴衣/小千谷縮 竺仙 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

糸からこだわった、夏に最適の清涼素材。高温多湿な日本の夏を涼やかに演出してくれる浴衣。平安時代、沐浴中に着ていた湯帷子が始まりとされる浴衣は、後に江戸町人の粋なファッションとして定着しました。本格的な夏を目前に控える中、ご紹介したいのは老舗浴衣専門店の〈竺仙〉が手がけた浴衣。同店には、天保13年(1842年)、奢侈禁止令の御触書が出る最中に店を開いた初代仙之助が、木綿の藍一色でとことん洒落た江戸小紋や中形の本染浴衣を世に送り出して粋人を虜にしたという歴史があります。そして近年では、伝統的な意匠や技術を継承しつつも、“浴衣はファッション"という位置づけで現代感覚に合う浴衣を展開。多くの人たちから高い評価を得ています。こちらは麻素材の紳士用浴衣。ハリとコシのある麻は、ベタつかずシャキッとした肌ざわりが特徴。また通気性もよいため蒸し暑い夏季に最適です。生地の素材には、オーガニックラミーと苧麻を混紡し、こんにゃく糊を固着させた誂え糸を使用。経糸に追撚をかけて趣あるシボも表現。さらに、生地に特殊な糊加工を施すことで絹のような上品な光沢を持ち、かつ綿の約2倍、羊毛の約4倍の強度となり洗濯を重ねても傷みにくくしています。手の込んだつくりながら、さりげなく見せるところに美意識を感じる一枚です。

亀田縞ちぢみの爽快シャツ 和の匠 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

14,040

亀田縞ちぢみの爽快シャツ 和の匠 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

涼しげな"亀田縞ちぢみ"の風情、亀田縞ならではの風趣に富んだ涼やかな縞模様を表現。新潟県の亀田は、新潟平野を流れる信濃川、阿賀野川とその支流に囲まれた地域。農民は腰まで泥水に浸かるという劣悪な環境のなかで水耕作業に従じていたといいます。そんな厳しい暮らしの中で江戸時代中期に生まれたのが、亀田縞という木綿織物。縞の美しさとソフトな風合いが特徴のこの織地は、亀田地方の農作業に耐えるワークウェアとして発展しましたが、和装から洋装に変わる時代の変遷の中で一度姿を消しています。その亀田縞を現代に甦らせているのが、〈中営機業〉の中林照雄さん。「10年ほど前から、かつての資料をもとに最新の技術を駆使し、亀田縞を現在に甦らせる試みを行っています。こちらは夏にふさわしい快適なちぢみの生地に改良しました」と中林さんは語ってくれました。従来の亀田縞はやや地厚で、20番手クラスの糸を使うことが多いですが、こちらのシャツには経糸に80番双糸を、緯糸に強撚糸を採用。肌に優しい柔らかな風合いになるよう低速織機でゆっくりと織り上げています。そうして生み出された薄手の生地は、糸の張力の差により細かなシボが生まれ、肌に密着せずに爽やかな着心地を愉しめます。インディゴの糸を使って表現した涼やかな縞模様の柄行きも、過去の資料を元に作り出しているため、かつての亀田縞のような風趣に富んだ仕上がりになっています。隠しボタンダウン仕様のデザインなので、襟元が崩れず上品に着こなせるのも魅力。着るほどに増す風合いに、愛着も湧きそうです。

紅梅小紋浴衣「萩」 竺仙 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

88,560

紅梅小紋浴衣「萩」 竺仙 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

職人が染めを施した発色豊かな小紋柄。高温多湿な日本の夏を涼やかに演出してくれる浴衣。平安時代、沐浴中に着ていた湯帷子が始まりとされる浴衣は、後に江戸町人の粋なファッションとして定着しました。本格的な夏を目前に控える中、ご紹介したいのは老舗浴衣専門店の〈竺仙〉が手がけた浴衣。同店には、天保13年(1842年)、奢侈禁止令の御触書が出る最中に店を開いた初代仙之助が、木綿の藍一色でとことん洒落た江戸小紋や中形の本染浴衣を世に送り出して粋人を虜にしたという歴史があります。そして近年では、伝統的な意匠や技術を継承しつつも、“浴衣はファッション"という位置づけで現代感覚に合う浴衣を展開。多くの人たちから高い評価を得ています。小紋柄が美しい婦人用浴衣は、格子状に太い糸を織り込んだ綿100%の生地に、江戸時代より伝わる染め技法のひとつ「引き染め」を施した一枚です。小紋の型を手がけたのは江戸型彫師で矢田型紙店三代目の矢田幸蔵さん。染めをおこなったのは〈劔美工芸〉。刷毛に染料を付けて一気に染め上げる引き染めによって、発色のよいブルーに染まり、地色の白が文様として鮮やかに現れますが、色ムラにならないよう染めるのは、高度な技術を持った職人でないと難しいといいます。さらに手差しで文様に合わせて色を入れることで、愛らしい雰囲気を加えています。こうして完成した生地はシャリ感があり、上品ながら清涼感のある印象です。なお、「萩」という名称で〈竺仙〉でも長く人気を誇っている柄がありますが、今回ご紹介するのは2018年の型です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク