メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「重ね着」検索結果。

重ね着の商品検索結果全13,383件中1~60件目

SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) PACKABLE LIGHT BLOUSON

TOKYOlife

20,900

SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) PACKABLE LIGHT BLOUSON

シンプル&タイトなシルエットに高機能を備える冬の終わると、本格的なツーリング・シーズンが訪れる。だが春は寒暖の差が大きく、ウェア選びが難しい季節でもある。そんな時にオススメしたい着こなしはレイヤード、つまり「重ね着」なのだが、なかでもアウターとインナーの中間に着る"ミドルレイヤー"選びが重要だ。 今回シンイチロウ・アラカワに別注したのは雨、風、寒さによるライダーの負担を和らげるマルチで高機能なブルゾン。表地には耐久撥水性、透湿性、防風性、保温性、ストレッチ性を兼ね備えたライトシェル素材を採用。裏地には太陽光を熱に換えて蓄えるとともに、人が発する熱を反射して体温を保つ「サーモトロン」を使用する。薄手だが軽くて温かい、理想的なミドルレイヤーだ。昼夜の気温差が大きいときや高差の大きいツーリングルートなどでは脱ぎ着することで暑さ寒さに対応することができ、タイトフィットなシルエットなので重ね着しても着膨れしないのが嬉しい。 ジャケットはポケットに収納し、ボール状にまとめることができる。仮眠時の枕として使ったり、ツーリング先でキャッチボールをして身体をほぐしたり(?)と、シンイチロウ・アラカワらしい"遊びゴコロ"も備えた一着なのだ。

SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) NECK FIT TRACK JACKET

TOKYOlife

20,350

SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) NECK FIT TRACK JACKET

冬ライド時のレイヤリングに活躍する、スリムなウォームジャケットいよいよ冬本番だが、じつはこのごろのオートバイ乗りには「シーズンオフ」がありません。なぜならライディングウェアの進化やバイク装備の充実(グリップヒーターやシートヒーターなど)により、ウィンターライドがどんどん快適になっているから。それにともない、ライダーの冬ウェアの着こなしも変わってきました。それはアンダーウェア、ミッドウェア、アウターとそれぞれ保温性、防寒性のあるウェアを重ね着する「レイヤリング」と呼ばれる着方です。状況に応じて体温調節が必要なアウトドアウェアと同様なのです。そんなライダー的レイヤリングにぴったりなウェアがこの「シンイチロウアラカワ」の防風トラックジャケット。防風性、保温性に優れた素材を使い、薄手ながら暖かく、さらに前面にナイロン素材を重ねることで風の進入を防ぎます。襟部分をあごのカーブに合わせた形状に仕上げ、ネックウォーマー的な役割ももたせています。冬はインナーウェアとして、春からはアウターとしても着回せる、スタイリッシュなトラックジャケットなのです。※商品の詳細はこちら●背中の刺繍はブランド名である「SHINICHIROARAKAWA」の文字をランダムに並べ替えたもの。荒川眞一郎氏らしいウィットを感じるディテール。●アゴのラインに沿って立体的に仕上げられたエリ。上までジッパーを閉めることで、風の進入を防ぎネックウォーマー的な役割も果たします。●フロント身頃にはナイロン素材を重ね、防風効果をアップさせている。胸元の赤いワンポイントはSHINICHIRO ARAKAWAのトレードマーク。●正面から見ると、エリの立体的なパターンがよくわかる。エリの先が台形になっており、ファスナーを閉じても口に当たりません。●裏地は軽く起毛した素材で肌触りがいい...

and wander(アンドワンダー) バンドカラーショートスリーブシャツ【dry rip short sleeve shirt】

TOKYOlife

25,300

and wander(アンドワンダー) バンドカラーショートスリーブシャツ【dry rip short sleeve shirt】

優れた機能性とデザイン性を持ち、アウトドアブランドでありながら街中でもおしゃれに着こなせるファッション性で数々のファッションフリークを魅了し続けるand wander(アンドワンダー)。バンドカラーで洒落感あふれる、ドライリップのプルオーバーシャツがリリースです。クールマックスとコットンを混紡したリップストップ素材は、薄手ながらしっかりとした強度を誇ります。もちろん吸汗速乾性を持ち合わせ、不快な汗やムレをしっかりと発散してくれます。その生地を20番手という太い糸で巻き縫いすることで、シームにパッカリングが起こり独特の表情を作り出しています。少しゆったりとした身幅と、背面のセンターボックス仕様で快適な動きやすさを生み出しています。背面や肩回り、裾のドローコードにはブランドのアイコンでもあるリフレクターステッチを施し、視認性とデザイン性を高めています。脇下のベンチレーションや胸ポケットのカラビナなど、ブランドのデティールへのこだわりを感じます。バンドカラーの洒落感が夏場一枚でも様になりますし、フーディやロンTとの重ね着もオシャレに楽しめる、この春夏注目の1枚です。

KLATTERMUSEN(クレッタルムーセン) テンセル混メリノウールTee【Fafne Activity Baselayer Tee】

TOKYOlife

14,300

KLATTERMUSEN(クレッタルムーセン) テンセル混メリノウールTee【Fafne Activity Baselayer Tee】

北欧スウェーデン発のアウトドアブランド“KLATTERMUSEN(クレッタルムーセン)"ハードな環境でも活躍する機能性と、北欧ならではの高いデザイン性で、アウトドアフリークだけでなく、ファッション方面からも熱い支持を受けています。機能素材を組み合わせ、デザイン性と快適性の両立を目指したハイスペックTeeシャツのリリースです。今作は、テンセルと呼ばれる木材パルプから作られる再生繊維と、天然の機能繊維であるメリノウールを組み合わせて作られたテクニカルなTシャツです。テンセルは柔らかく伸縮性のある気持ちのいい肌触りと、吸湿性と速乾性と持ち合わせた機能繊維。それにメリノウールのもつ温度調節機能と防臭性が合わさり、季節気候問わず快適な環境をキープしてくれます。パーツの組み合わせによって表現したブランドアイコンでもあるトライアングルマークがデザイン性を高め、この一枚でもオシャレなアウトドアスタイルを作り出します。シルエットは適度に細身でどなたでもお召いただきやすいもの。ベースレイヤーとして重ね着しても、夏場に一枚で着ても様になる絶妙なフィット感です。アウトドアからタウンユースまで、秋冬にはベースレイヤーとしても快適な、オールシーズンシチュエーション問わず使える、万能Teeシャツです。

Tokyo Motorist(トーキョー・モータリスト) ライディングマルチレイヤー 【RIDING MULTILAYER】

TOKYOlife

9,790

Tokyo Motorist(トーキョー・モータリスト) ライディングマルチレイヤー 【RIDING MULTILAYER】

冬の防寒アンダーとして、春先のロンTとして 理想(i DEA)のライディングウェア&ギアを作ろうという「イデア・モトナビ」。本誌とTOKYO Wheelsによる大人のバイク乗りに向けた「トーキョーモータリスト」による、防寒性と防風性を備えたインナーとして、そしてロンTとしても着られるマルチな一着が出来た。 寒い冬、保温性の高いアンダーウェアを着るというのはライダーに限らず常識だが、その多くはいかにも“下着"というデザインで、その上にミドルレイヤー、ジャケットなどと何枚も重ね着することが前提となっている。 そこでトーキョー・モータリストが考えたのは、防寒アンダーとして使える保温性、防風性を備えながら、ジャケットを脱いだときにもロングTシャツとして違和感なく着ることのできる、都合のいいウェア。 ベースとなるグレーの生地は身体から蒸発する汗を利用して発熱する保温素材。直接肌に触れることも考慮し、滑らかで優しい肌触りだ。その上に重ねたブラックの生地は特殊ポリマーで薄膜コーティングを施し、防風性、撥水性、ストレッチ性を併せ持ったナイロン系の素材だ。この2つの素材を重ねることで、寒い時期の防寒インナーとしての機能をもたせつつ、半袖TシャツとロングTを重ね着したかのようなデザインに仕立てている。 襟はクルーネックとハイネックの中間のモックネックで、首元からの風の浸入を防いでくれる。 商品名の「MULTILAYER」には保温素材と防風素材を“重ねる"という意味と、インナーとしてもロングTシャツとしてもマルチに着こなせる、という意味を込めている。 真冬だけでなく、3シーズン着られるマルチなウェアとして活躍してくれる一着だ。【ポイント】●襟は高すぎず低すぎないモックネックとして、冬から春秋まで対応する。●首元にはデザイン上のポイントとなる「TOKYO...

and wander(アンドワンダー) ドライリップショートスリーブシャツ【dry rip short sleeve shirt】

TOKYOlife

25,300

and wander(アンドワンダー) ドライリップショートスリーブシャツ【dry rip short sleeve shirt】

優れた機能性とデザイン性を持ち、アウトドアブランドでありながら街中でもおしゃれに着こなせるファッション性で数々のファッションフリークを魅了し続けるand wander(アンドワンダー)。バンドカラーで洒落感あふれる、ドライリップのプルオーバーシャツがリリースです。クールマックスとコットンを混紡したリップストップ素材は、薄手ながらしっかりとした強度を誇ります。もちろん吸汗速乾性を持ち合わせ、不快な汗やムレをしっかりと発散してくれます。その生地を20番手という太い糸で巻き縫いすることで、シームにパッカリングが起こり独特の表情を作り出しています。少しゆったりとした身幅と、背面のセンターボックス仕様で快適な動きやすさを生み出しています。背面や肩回り、裾のドローコードにはブランドのアイコンでもあるリフレクターステッチを施し、視認性とデザイン性を高めています。脇下のベンチレーションや胸ポケットのカラビナなど、ブランドのデティールへのこだわりを感じます。バンドカラーの洒落感が夏場一枚でも様になりますし、フーディやロンTとの重ね着もオシャレに楽しめる、この春夏注目の1枚です。

HOUDINI(フーディニ) 撥水耐風Teeシャツ【Weather Tee】

TOKYOlife

14,300

HOUDINI(フーディニ) 撥水耐風Teeシャツ【Weather Tee】

優れたデザインと、ハードなアウトドアフィールドでも快適な着心地を実現する、高機能かつハイセンスなウェアを世に送り出すHOUDINI(フーディニ)。そんな彼らから、ミニマルでシンプルなデザインから想像もできない高い機能性を持った、ハイスペックTeeシャツ【Weather Tee】がリリース。その名の通りの悪天候に対応するTeeシャツで、ボディに採用されたC9 Ripsto生地は、超軽量ながら耐久性に優れ、耐風性、耐水性、透湿性を併せ持つ高機能ファブリック。つまりシンプルなTeeシャツの形をしていますが、その実、高耐久、撥水、透湿を持った超軽量ウィンドウブレーカーにもなるというスゴイやつ。ボリュームはTeeシャツのままなので、携帯性にすぐれるというのもポイントです。冷たい風が吹く春や秋冬の肌寒い季節のインナーとして、また梅雨時期や夏の夕立など天候が変わりやすい季節にも活躍してくれる万能アイテム。フィット感も程好いリラックス系。着ぶくれせずシャツやインナーの上にベストの代わりに重ね着するのもお勧めです。左ポケットに収納が可能なパッカブル仕様でもあるので、もしもの為の保険として携帯しやすいところも嬉しいポイントですね。普通のTeeシャツでは表現できないテックアイテムならではのデザインが、ファッションアイテムとしても生きてくるオシャレかつ機能的な逸品です。

SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) WIND COVER PANTS

TOKYOlife

30,800

SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) WIND COVER PANTS

冬のツーリングに欠かせない防寒装備。上半身はアンダーウェア、ニット、ジャケットなどを重ね着すればいいが(最近は伝熱ウェアも増えた)、問題は下。パンツの下にスパッツを一枚重ね履きするぐらいで、真冬のロングライドでは寒さを感じる場面も多い。そこで重宝するのがオーバーパンツだが、残念なのは見た目のカッコ悪さ。太めでいかに“防寒着"という感じが拭えなかった。今回、シンチイロウアラカワがつくったのは、“細身でスタイリッシュな防寒パンツ"という、ありそうでなかった一着。表地は防風、撥水機能を備え、裏地には保温性の高いキルティング素材を採用。表地は光沢感を抑え、街乗りでも違和感がない。ライド時に重宝するさまざまなポケットを備えつつ、見た目はすっきりとしたシルエットに仕上がっている。これ一枚ででもオーバーパンツとしても履くことができる。街乗りからツーリングまで重宝する、スタイリッシュで便利な一着だ。※商品の詳細はこちら●両足左右にはジッパー付きポケットを装備。携帯電話やコインパースなどを入れておくことができる。赤い引き手がアクセントに。●ポケット部のステッチは反射素材を採用。ヒザにダーツを取った立体的なシルエットによりライディング時にも動きやすい。●両サイドのオープンファスナーにより下にパンツを履いていても脱ぎ履きはスムーズ。裏地は保温性に優れるキルティング素材を採用。●ヒザ部分にはパッド用のポケットがあり、 KUSHITANI製の膝パッド(ベンチレーションソフトパッド/別売)を装着することができる。●太腿部には高速のチケットやカードなどを入れておくのに重宝する大容量のポケットを備える。アウター素材は防風、撥水、透湿性を備える。●サイドのファスナーを開くことでブーツアウトでの履きこなしにも対応する。ちらりと覗く赤い裏地がアクセントになる。

ENCENS(エンソン) コットンフランネルオープンカラーシャツジャケット【OPEN COLLAR L/S SHIRT】

TOKYOlife

26,400

ENCENS(エンソン) コットンフランネルオープンカラーシャツジャケット【OPEN COLLAR L/S SHIRT】

2020年秋冬シーズンから本格スタートを切った注目のドメスティックブランド「ENCENS(エンソン)」からほっこり暖かいコットンフランネルのオープンカラーシャツが届きました。1stシーズンは白でも黒でもなく、ネイビーを基調としたコレクションになっており、それらと相性の良い一着です。デザイナーが考えた絵をパターンに起こすのではなく、パタンナー視点で完成形を見据えた設計をする「ENCENS(エンソン)」のプロダクトは本当に着心地が良い。本作は秋冬らしい温もりを感じるコットン素材のフランネル生地を使用したオープンカラーシャツ。大き目のフロントポケットや、カフスを廃した袖口など、シャツジャケットを意識したアウター感覚の一着です。重ね着もしやすいよう、アームホールや袖口にはゆとりを持たせているのもパタンナー視点ならでは。また、コットンフランネルはしっかりとした生地なため、着心地と可動性を担う2枚使いのヨーク部分の裏地を薄手のキュプラに変更しています。こういった表からは見えない細かなこだわりが、ENCENSにしかない着心地に反映されています。同生地のイージーパンツツとセットアップで着用することも可能なので、上下対でお楽しみ頂けます。もちろん単品使いもOKで、ジーンズやスラックスにジャケット感覚で羽織るのもオススメ。フランネル生地の肌触りの良さや暖かさは、秋冬に重宝すること間違いナシ。

KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン) ラインプリントロングスリーブTeeシャツ【West Coast Long Sleeved Tee】

TOKYOlife

11,000

KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン) ラインプリントロングスリーブTeeシャツ【West Coast Long Sleeved Tee】

上品さの中にラギッドさを差し込む名手“KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン)"から、夏の定番シリーズよりロンTeeが登場。本作はMADE IN USAの上質な超長綿として有名なスーピマ原綿を使用して紡績した、KAPTAIN SUNSHINEオリジナルの丸胴ボディを採用。ヴィンテージアイテムにあるようなドライな風合いと、少し粗野な雰囲気あるムラ感が特徴です。そんな定番のWest Coast Teeシリーズに、ロングスリーブが仲間入りしました。正面から見る限り何の変哲もない白のロンTeeですが、コイツの顔は後ろにあるんです。道路の白線よろしく、両袖にプリントされたカラーラインが特徴的な一枚。半袖Teeは胸に太くプリントが入りますが、ロンTeeはレイヤードを考慮し、半袖と重ね着した時に本領を発揮します。もちろんコイツ一枚で着るのはOK!ですが、Teeシャツの袖口からチラっと伸びるこのラインを見せつけるのが乙ってもんです。今シーズンのラインプリントは定番のネイビーに加え、サンドとサーモンピンクというペールトーンをチョイス。じわぁ〜と染み込んだプリントがまた非常に味わい深く、60sのウェストコーストを連想させます。このさり気無さ、洒落てますよホント。

セルヴァン 重ね着風プルオーバーシャツ

インナーショップ リーズ

2,678

セルヴァン 重ね着風プルオーバーシャツ

◇1枚なのに重ね着風だからお出かけも簡単らくちん! ◇首元と裾に生地の切り替えがあり、1枚なのにタンクトップを重ね着したようなデザイン ◇ポリエステル×レーヨンの素材を使用して肌触りが良く、光沢・ドレープ性があります。 ◇ボーダーと無地、ボーダーと花柄の重ね着風がおしゃれな1枚です。 ◇重ね着風のデザインでおしゃれ!何枚も重ね着しなくていいから着ぶくれしない。 ◇前身頃裾に大きめのプリーツ入りで胸元からきれいなドレープが出ておしゃれ。 ◇綿100%だから肌触りも良く吸水性にも優れています。 ◇何枚も重ね着をしなくていいので着ぶくれも気にならない。 ◇ヒップまですっぽり包む丈で、気になるお尻まわりが隠れるから体型カバーにも。 ◆カラー コーラル ターコイズ ネイビーボーダー グレーボーダー ◆素材 ポリエステル65%・レーヨン35% ◆サイズ M バスト79〜87cm 身長154〜162cm L バスト86〜94cm 身長154〜162cm LL バスト93〜101cm 身長154〜162cm 3L バスト100〜108cm 身長154〜162cm ◆生産国 中国 ◆取扱注意事項 ・洗濯ネットを使用してください。アイロンは当て布をしてください。 ・弱く絞る、もしくは短時間脱水してください。 ・使用時に強い摩擦を受けたり、水や汗等で湿った状態で他の物とこすり合わせると色が移る恐れがあります。 ・色移りしやすいので他の物と別に洗ってください。蛍光増白剤入り洗剤のご使用はお避けください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク