メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ファッション」検索結果。

ファッションの商品検索結果全20,500件中121~180件目

ウール混ツイード・ジャケット ボリオリ アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

151,800

ウール混ツイード・ジャケット ボリオリ アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

まさに、イタリアンガーメントダイの感性が宿る、伝統とクリエイションの融合。 1890年に創業したイタリアの老舗〈ボリオリ〉といえば、大胆にもカシミヤジャケットを製品染めした「Kジャケット」が有名ですが、この斬新な発想こそが同社の真骨頂。「クラシック&モダン」をコンセプトに、伝統のサルトリア(仕立て屋)の技法と革新的な加工技術、そして高品質な素材を巧みに組み合わせながら時代を反映させ、他とは一線を画す独自のラグジュアリーを追求してきました。こちらのジャケットは、そのアイデンティティを継承し、古き良きブリティッシュテイストをモダンにアレンジした一着。ウールにリネン等を加えた生地は風合いよく、また製品染めにより、独特な色彩と柔らかさが表現されています。そこに伝統的なツイードのヘリンボーン柄が施されたジャケットは、まさに、伝統と革新の融合の賜物。極力芯地を省いた着心地も秀逸で、肩にふわっとのるナチュラルショルダーの構築により軽快に着こなせます。スタイルにこだわる紳士の美学と見事にシンクロする、贅沢な一着です。

染めにこだわった2重ガーゼパジャマ男女兼用 京和晒綿紗 ルーム・アンダーウェア 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

22,000

染めにこだわった2重ガーゼパジャマ男女兼用 京和晒綿紗 ルーム・アンダーウェア 【ライトアップショッピングクラブ】

空気の層を纏うかのような着心地と染め色を愉しむ。 寝具には心身ともにリラックスできるような格別の着心地のものを選びたいもの。おすすめは、〈京和晒綿紗〉が手がけた綿紗(ガーゼ)を重ねたパジャマです。特徴は、綿の汚れや不純物などを除去する工程「晒」を、日本にわずか数台しかない和晒釜を用い、昔ながらの方法で約4日間かけておこなっていること。そのため、繊維の断面がふんわりと丸くなり、吸水性や通気性のよい生地に仕上がっています。そこに京都のベテラン職人が生地の風合いを活かして自然の素材を使い、美しい染めを施しました。こだわりは水にも及び、染めにはカルキの影響を防ぐため、千利休や小野小町にも愛されたという名水、旧佐女牛井(醒ヶ井)付近の地下水を使用。生地が傷まないよう時間をかけて自然乾燥させ、いつまでも着ていたくなる心地よい一着に仕上げました。2重ガーゼでたっぷりと空気を含み、春夏は涼しく、秋冬は暖かいため、一年を通して快適な着心地を味わえます。男女兼用仕立てなのでご夫婦で揃えてもよく、休日ゆったりと寛ぎたい時にもぜひおすすめしたい一着です。

蝦夷鹿のメッシュ・ハンチング 羽原康裕 ファッション雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

25,300

蝦夷鹿のメッシュ・ハンチング 羽原康裕 ファッション雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

川の職人の手が生み出す、温かみのある蝦夷鹿革の帽子。 コーディネートの仕上げや防寒用に、帽子を被る機会が増える冬。そこでおすすめなのが、北海道旭川市で帽子専門店「アトリエどら猫」を営む羽原康裕氏が手がけた帽子です。羽原氏は本場フィンランドやドイツで帽子づくりを学んだ後に独立しました。素材へのこだわりと、被る人のことを考えた確かなつくりを信条としています。鹿革は一般的に牛革に比べ繊維が緻密で強度があり、透湿性・吸湿性に優れているといわれ、帽子づくりに適している素材です。その一方で、蝦夷鹿の革は野生動物ならではの傷も多く見られ、製品化するのは困難を極めます。しかし、試作を重ねていくことでようやく製品化に成功しました。同じ北海道で生まれた素材を無駄にせず、有効活用を提案したいという、羽原氏の想いが形になりました。デザイン性にも優れ、装いにアクセントを添える。こちらは、サッと被るだけで洗練された装いが完成すると当社でも人気の高いハンチング型に、パンチングを施した蝦夷鹿革を使用した一品。スマートに被れる流麗なフォルムにメッシュならではの軽やかさがプラスされ、より洒脱な印象です。裏地付きながら通気性に優れており、長いシーズン被れます。装いに洒脱さを添える、しなやかなハンチングです。

タスマニアウールジャージージャケット セイ 1927 アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

82,500

タスマニアウールジャージージャケット セイ 1927 アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

この端正な見た目で、実はジャージー素材 紳士服専業メーカーの〈井上清〉が創業85周年を記念し立ち上げたオリジナルブランド〈セイ 1927〉。こちらは、「“楽"な着心地を追求して辿り着いたのが、フラノのような端正な顔を持つ、タスマニアポロワース種の羊毛を使ったジャージー素材の開発でした」と、紳士服を知り尽くす同社代表取締役社長の井上康介氏が自信を持って提案するジャケット。フラノのような上品な見た目でありながら、ジャージー素材ならではの伸びやかな着心地が味わえる一着です。タスマニアポロワース種とは、タスマニア島で飼育される稀少な羊。「滑らかで弾力性に富み、ハリとコシ、上品な光沢を併せ持ち、白度や発色性にも優れているのが特徴です」と井上氏。さらに、毛織物の名産地・尾州で染めから整理加工までおこなうことで、トップ染めによるメランジ調の豊かな表情にふっくらとした温かみも備えた編み地に仕上げています。芯地やパッドなどを極力省き、軽やかですっきりとしたシルエットを実現する縫製技術も秀逸。ポイント部分に伸び止めのテープを使用しており、着崩れしにくいのも魅力。「一度着たらやみつきになる着心地をぜひ、ご堪能ください」。

西陣織 匠の手描きジャカード紋柄ジャケット セイ 1927 アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

96,800

西陣織 匠の手描きジャカード紋柄ジャケット セイ 1927 アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

精緻な柄を西陣織に昇華。匠技を纏う喜びをこの一着に 日本を代表する伝統工芸品ともいえる西陣織。〈セイ 1927〉は、その技術と品質の高さに惚れ込み、さまざまな西陣織のジャケットを創り上げてきました。こちらは、職人の手描きによるオリジナル柄を採用し、西陣織の高い技術で忠実に再現するという、手間暇かけた生地を使ったジャケットです。上質な正絹とシルクリネンの糸を染め分け、ジャカード織機で豊かに織り上げた生地は、繊細な光沢を湛えているのが特徴。ダイヤ格子柄と紋柄を組み合わせた精緻な織り柄は光の当たり具合で印象が変化し、高級感のある表情を愉しめます。手描きならではのランダムな線まで見事に表現しており、見れば見るほどその卓越した技術に驚かされる仕上がり。糸はブルーの濃淡を組み合わせているので、遠目だとブルー系の優しい色合いで華美になりすぎず、爽やかな印象。美しい発色と光沢を活かした丁寧な仕立ても魅力で、随所にハンドステッチミシンを施し、軽快に羽織れます。贅沢な西陣織の美をその目で、肌で感じてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク