メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ゴムなしソックス」検索結果。

ゴムなしソックスの商品検索結果全4件中1~4件目

【2色から選べます】 ORGANIC GARDEN(オーガニックガーデン) しめつけないアームカバー レディース[NS8817] 靴下の街・奈良県広陵町 ヤマヤさんのオーガニックコットンの靴下...

クラフトカフェ

1,620

【2色から選べます】 ORGANIC GARDEN(オーガニックガーデン) しめつけないアームカバー レディース[NS8817] 靴下の街・奈良県広陵町 ヤマヤさんのオーガニックコットンの靴下...

商品番号 NS8817 素材・加工 綿100% カラー 生成り、ブラウン、べんがら茜、べんがらグレーの4色 サイズ M(レディース)約50cm【4色から選べます】 ORGANIC GARDEN(オーガニックガーデン) しめつけないアームカバー レディース[NS8817] 奈良県広陵町は、日本国内における靴下生産の約4割を占める「靴下の街」。近年、靴下産業においても海外からの輸入比率が高まり、この状況に危機感をもった広陵町の繊維関連企業有志の方々が1994年に設立したブランドが、この“ORGANIC GARDEN"(オーガニックガーデン)です。 ブランド名にあらわされているとおり、オーガニックガーデンのアイテムは、オーガニックコットン(有機栽培綿)を主素材に採用しています。オーガニックコットンとは、化学肥料や農薬を3年以上散布していない土地で栽培され、漂白や防縮などの化学処理を全く施していないコットンのこと。化学物質を含まないので肌に優しく、化学処理されたコットンに比べて風あいもソフトなのが特徴です。 手首を締め付けない、ゴムなしアームカバー。ソフトで優しい着け心地が魅力です。 さらりとした綿素材なので、蒸し暑い夏場でも使いやすいところがGOODです!持ち運びにも便利で実用的なこちらのアイテムは、プレゼントとしてもおすすめです♪ 生成り、ブラウン、べんがら茜、べんがらクレーの4色よりお選びいただけます。どれも優しい風合い、ナチュラルな色味となっております。 手元拡大 きりっぱなし風デザイン 生地拡大 着用画像(モデルは女性) 指先をつかった作業のしやすいデザイン。手首に締め付けがなく、ソフトで柔らかな着け心地となっております。コンパクトなサイズ感なので持ち運びにも便利。日差しの気になる夏場、鞄に入れておくと安心のアイテムです。 ■...

こちらの関連商品はいかがですか?

ゴムなしボタニカルダイソックス/4色セット 上林希久子 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

9,936

ゴムなしボタニカルダイソックス/4色セット 上林希久子 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

ゴムがなくゆったりフィット。はき心地快適なくつ下。ウェアや小物にこだわる方でも、つい何も意識せずにはいてしまいがちなのがくつ下。しかし、長時間はき続けるうえに、一日が終わると脚はむくんでゴムの跡がくっきり、という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。毎日はくものだからこそ、せっかくならはき心地のよいものを選んで、快適さを追求してみてはいかがでしょうか。そこでお薦めしたいのが、新潟県五泉市で〈くつ下工房〉を主宰する上林希久子さんが手がけるくつ下です。「はく人にもはかせる人にも心地よい」を追求する上林さんの手から生まれた“ゴムの入っていない"くつ下は、ふんわりしたはき心地で当社でも評判を集めています。ゴムがなくてもずり落ちにくい秘密は、時間をかけてゆっくり大きく編み上げ、プレスして仕上げていることにあります。この方法だとそもそも大きく編まれているため、脚に優しくフィットします。そのため一日中はいていても足を締めつけにくく、快適にはいていただけます。こちらは、自然の植物から抽出した天然染料と化学染料を結合させる新しい技術「ボタニカルダイ」のコットン糸を使用した婦人用。裏糸には別の色糸を使用し、それを表に出すことで、崩しブロックのような幾何学柄を表現しました。にじんだように味わい深いメランジカラーと相まって優しい雰囲気を愉しめる、グレー、グリーン、ピンク、ベージュの4色セットでお届けします。

6つ折カーボンステッキ/婦人用 タカゲン 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

27,000

6つ折カーボンステッキ/婦人用 タカゲン 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

ハンドバッグにも入る!携帯に便利な「6つ折ステッキ」。銀座通りに面した場所に店舗を構えるステッキ専門店〈タカゲン〉の歴史は、130年余。刀剣商をしていた初代が廃刀令を受け、当時刀の代わりに流行した仕込み杖の製造などをしていたのが、ステッキ専門店としてのスタートです。以来、その技術の高さは広く認知されることとなり、昭和30年代には宮中が80歳以上の元老に功績を称えて贈る“鳩杖"を手がけたという実績も残しています。この店のステッキの特徴は、上質な素材を用いていることと、美しいデザインにあります。職人が一本一本手仕事で仕上げているだけに耐久性にも優れており、長く使えると愛用者にも好評です。ご紹介するのは、〈タカゲン〉が1974年から手がけている、携帯用のステッキです。普段のちょっとした歩行ではステッキなしで大丈夫という人も、街へ出かけての買い物や、旅先での美術館巡り、史跡巡りの際には足元がいささかつらくなってくることもあることでしょう。そうした場面で活用してほしいのがこちらの携帯用ステッキです。ハンドバッグにも入るようにコンパクトなサイズにたためる便利な6つ折タイプです。折りたたみというと強度は大丈夫なのかと不安がよぎるかもしれませんが、このステッキは中に太ゴムが仕込んであり、それぞれのパーツが外れない頑強な構造になっています。折りたたみでありながら通常のステッキに劣らない強度が自慢です。端正なデザインと質感の高さは、ホテルでのディナーなどドレスアップしたい場面でも充分に映えることでしょう。

SUMISENで作ったパイルソックス/4足組 パワーズ 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

8,532

SUMISENで作ったパイルソックス/4足組 パワーズ 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

炭の機能が足元に嬉しいソックス。今、備長炭や竹炭などの“炭"製品が多くの機能性を持つことで注目されています。炭の粉を素材に練り込んだり振りかけたりした製品も多々ありますが、このソックスの淡いグレーの秘密が“炭"にあると言ったらきっと驚かれることでしょう。使用したのは、最新のテクノロジーを駆使して生まれた炭素繊維生地「SUMISEN(R)」。まず綿花を高温で焼成し、炭素化。そうしてできた繊維と綿を合わせて紡績した糸を作り編み上げた、まさに“綿生まれ"の新しい自然素材なのです。ナノレベルの孔が開いた炭がそのまま繊維になっているので、表面積は備長炭の4倍以上。炭の持つ消臭・抗菌効果や遠赤外線効果、吸水性や接触冷温感効果を存分に発揮し、通年快適に着用できます。繰り返し洗濯しても効果が落ちにくいのも嬉しいポイントです。生地を丈夫に作るために、炭素繊維をポリエステルでカバーリングしています。また、パイルに編み立てているので肌触りがふわりと心地よく、遠赤外線効果で優しく足元を包んでくれます。炭の自然な色合いが活きたグレーは装いに合わせやすく、男女どちらにもお使いいただけます。洗い替えに便利な4足組なので、ご家族ではくのもお薦めです。

カシミヤ混タックボーダーくしゅくしゅタートル 鈴治 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

23,760

カシミヤ混タックボーダーくしゅくしゅタートル 鈴治 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

素材選びと多色使いが秀逸のタートル。12色もの色糸を使った細かなボーダーが美しいタートル。ニット好きの方なら、まずこのボーダーの細さに目を見張るでしょう。繊細で柔らかなカシミヤ、ふんわりとした温もりが魅力のアルパカ、そしてウールなどの異素材を組み合わせ、得も言われぬ風合いを醸し出しています。また、所々に絣染めにした太い節のあるスラブヤーンを用いて表面の凹凸と色合いに微妙な変化を持たせているのも特徴です。ちなみに、横編みで縞を作る場合、通常は1色の糸を往復させてから色を変えるため、一本の縞を作るのには2列分の幅を要します。しかしこちらは12色の糸を使い、一方向ごとに糸を変更することで、限りなく細いボーダー柄の実現に成功しました。手がけたのは、ものづくりにおいて「量より品質を大事にしている」という、老舗ニットメーカー〈鈴治〉。「今回使用したのは12ゲージのSESという古い横編み機で時間をかけて編み上げました」と〈鈴治〉の鈴木信重郎さんはいう。そしてその高い編みの技術に日々感激していると話すのは、〈鈴治〉と30年来の関係を持つデザイナー、加藤文子さんです。かく言う加藤さんも、国内外問わず活躍する世界的なカラーリスト。加藤さんが得意とする多色使いの世界観を〈鈴治〉が見事に表現しました。鮮やかながらも凛とした、大人の女性らしい色合い。デザインする上で加藤さんがイメージしたのは、クリスマスローズ。たおやかな淡い色合いに凛とした雰囲気を湛えた花。「植物が寒さに震える中、清楚に咲く一輪の花。寒い季節も上品にお洒落を愉しむ淑女にぴったりだと思いました」と加藤さん。ここまで理想通りの一着ができたのは、他でもない〈鈴治〉の力があってこそだといいます。そしてもうひとつこだわったのが、着るごとに柔らかさを増し、より身体に馴染む着心地になっていくこと。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク