メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「シャツ」検索結果。

シャツの商品検索結果全16,400件中1~60件目

ドレス仕立てのリネン混・二重ガーゼシャツ 荻田縫製 シャツ/ベスト 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

11,000

ドレス仕立てのリネン混・二重ガーゼシャツ 荻田縫製 シャツ/ベスト 【ライトアップショッピングクラブ】

ふんわりガーゼで心地よく、ノーネクタイでも襟もとは美しく。「大人に相応しいカジュアルシャツとは何か」を考え抜き、長年ドレスシャツをつくり続けている〈荻田縫製〉と共同開発した当社限定のカジュアルシャツです。創業60周年を迎えた〈荻田縫製〉がシャツづくりにおいて最も重視する、心地よさと見映えの良さを高水準で両立させています。素材に選んだのは、ふんわりとした柔らかさが際立つダブルガーゼ生地。上質なコットンにリネンを加えて表情豊かに織り上げ、ドレッシーな雰囲気に仕上げています。通常、柔らかい素材を使うと襟の形がくずれやすくなり、だらしなく見えがちですが、台襟や襟先、胸もとの前立てにも薄い補強布を入れているため、第1ボタンを開けて着たときもきれいなシルエットをキープ。ネクタイをせずとも襟もとが美しく決まります。また、肩まわりは高級ドレスシャツで用いられるスプリットヨークを採用することで、腕の動きがスムーズになり、着心地は非常に快適。〈荻田縫製〉の真骨頂である縫製は、80番手という細いミシン糸を使い、3cmの間に18針という非常に細かい運針によって高級感と耐久性を実現しています。ドレスシャツづくりで培った知恵と技術が随所に生きるこだわりの一枚です。

柳式・綿絹ポーラ織り半袖上衣/男女兼用 大峡健市 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

28,600

柳式・綿絹ポーラ織り半袖上衣/男女兼用 大峡健市 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

涼風吹き抜ける“織り"を粋に纏う“染織界の巨匠"と呼ばれた柳悦孝氏に19歳より師事し、厳しい指導のもと“柔らかくて軽く、着心地がよくて長持ちする織物"をとことん追求してきた大峡健市氏。ご紹介するのは、柳氏の監修のもと開発した織地を使用した「柳式・綿絹ポーラ織り半袖上衣」です。随筆家の白洲正子氏が銀座の染色工芸店「こうげい」の店主だった頃、白洲氏と交遊があった柳悦孝氏は、白洲氏の夫である白洲次郎氏が英国で仕立てたウールのポーラジャケットに惚れ込みました。その生地を元に独自の糸使いと染色、織りへと昇華させたのが、この“綿絹ポーラ"です。こちらの上衣は、綿に絹を組み合わせた糸に1000回以上撚りをかけ、平織りにすることでシャリ感のある肌ざわりを生み出しています。太さに変化のある縞模様は、悦孝氏の「縞割り」を忠実に再現したもの。生地の表面に浮かぶ細かなネップ(節糸)とも相まって、何とも味わい深い風合いをつくり出しています。薄手ながらしっかりとした織地なので、Tシャツなどの上からジャケットのように羽織る着こなしもおすすめ。夏らしい清涼感のある着心地を実感していただけます。

カットドビー・セレモニーシャツ 田屋 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

29,700

カットドビー・セレモニーシャツ 田屋 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

織りの技術を胸もとに忍ばせた、心憎いセレモニーシャツ。米沢織の産地・山形県米沢市にある自社工房でネクタイ生地の製作に取り組んでいる〈田屋〉ですが、実はその織りの技術を活かし、上質なシャツも生地から手がけています。「ネクタイに注目されることが多い〈田屋〉ですが、シャツづくりの歴史も非常に長いのです」と〈田屋〉チーフデザイナーの佐藤由記也氏。そんな同店が新たにお届けするのが、「カットドビー・セレモニーシャツ」です。同店は独自の多色織り技法を用いたカジュアルな柄行きのシャツを主に製作しているのですが、こちらのシャツは祝いの席から弔事まで活躍するベーシックな一枚に仕立てられているのが特徴です。細番手の100番手双糸を用い織り上げたコットン100%の生地を採用しており、肌ざわりはしっとりとして実に滑らか。上品な光沢が浮かび、一目で"上質"とわかる表情を湛えています。このシャツの心憎いポイントは、実は左胸のポケットに「レクイエム」の羽根ペンモチーフを、さりげなく配しています。通常ならば刺しゅうをあしらうところですが、やはりそこは織りを得意とする〈田屋〉。カットドビー技法により繊細に表現しています。セレモニーシャツですが、主張しすぎないデザインなので日常での着用もおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク