メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「メンズ・紳士服」検索結果。

メンズ・紳士服の商品検索結果全16,400件中1~60件目

サマーウールの半袖シャツ ロック 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

21,600

サマーウールの半袖シャツ ロック 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

夏のウールを軽やかに着こなす生地の裁断から縫製、仕上げまでを一貫して自社でおこない、上品でベーシックな服づくりを得意とする紳士シャツブランド〈ロック〉。ご紹介するのは、ウールを夏仕様にアレンジした爽やかな半袖シャツです。ウールと聞くと冬をイメージする方も多いかもしれませんが、実は吸水・発散性に優れているため、汗をかきやすい時季にこそ相応しく、アウトドアウェアなどに使われることも多い素材です。こちらには稀少なメリノウールをもとに、“夏のウール"として開発された「サイロスパン」という糸を使用。強度と光沢を持つこの糸にウォッシャブル加工を施し、加工や織りにおいて高い技術を持つ尾州の織元が、昔ながらのドビー織機でゆっくりと織り上げました。これにより、ウールならではの柔らかな風合いに加え、清涼感とシャリ感のある手ざわりを実現。蒸し暑い日本の夏にもぴったりの生地に仕上げています。淡いネイビー地に爽やかな3色のストライプが美しく映えるこちらのシャツは、着るだけで顔まわりを明るく見せてくれます。薄くて軽くシワになりにくいうえ、ご家庭の洗濯機で洗えるのも嬉しい一枚。普段使いはもちろんのこと、旅先の装いにも重宝します。

遠州綿紬・多色織りシャツ/富士の彩り 和の匠 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

14,040

遠州綿紬・多色織りシャツ/富士の彩り 和の匠 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

富士の景色を美しい諧調で表現富士山と聞いてまず頭に浮かぶのは、末広がりのシルエット。その中でも三河・泉州と並んで綿の3大産地として栄えた静岡県遠州地方から望む富士は、頂上付近の冠雪の神々しいまでの白さが印象的。ご紹介するのは、白から藍色に移ろう富士の山肌を遠州綿紬のグラデーションでストライプ調に表現したシャツです。遠州綿紬の始まりは江戸時代。遠州地方の温暖な気候と豊かな土壌は綿の栽培に適しており、農家の冬仕事として発展、明治時代には庶民的な織物として定着しました。現在、機屋は数少なくなったものの、遠州綿紬は独特の柄行きと優しい風合いで注目を集めています。こちらのシャツは緯糸に1色、経糸に4色の色糸を用いて山頂から裾野にかけての色の移り変わりを表現。緯糸はカラー「昼富士」に白練、「夜富士」に漆黒を、経糸にはいずれも紺青、納戸、瓶覗、月白と、十二単の襲に用いられる和の伝統色を採用し、昼と夜の異なる表情を上品な色合いでまとめています。遠州の熟練職人が昔ながらの低速織機で丁寧に織った生地の、ふっくらと優しい風合いも魅力。遠州地方から見る気高く美しい富士の姿を当地伝統の織技で味わう。これ以上の贅沢はないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク