メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「メンズ・紳士服」検索結果。

メンズ・紳士服の商品検索結果全20,500件中181~240件目

タイプライター・フレンチシャツジャケット FOBファクトリー アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

16,500

タイプライター・フレンチシャツジャケット FOBファクトリー アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

日常使いでどんどん着込んでほしい。愛着の湧く風合いが育っていきますよ。 「フレンチカバーオールをベースにした春先用のコートをつくったのですが、それがたいへん好評だったので、より軽快なジャケットをデザインしました。」と語るのは、〈FOBファクトリー〉代表取締役の礒野氏。「〈FOBファクトリー〉で使用する生地はほぼオリジナルです。こだわると一般的な生地では満足できず、まず生地からつくり始めるんです。このジャケットにはタイプライタークロスという生地を使っていますが、コットン70%、ナイロン30%という比率でつくっています。コットン100%より軽く丈夫なので長年着ていただけるからです。コットンの比率が多いのは、ナチュラルでマットな表情が化繊より普段着に合わせやすいんです。この生地は高密度に織り上げているのでハリがあり、しかも薄く軽い。さらに製品洗いをして、洗いざらしのような味のある風合いに仕上げています。ご家庭でも洗えるので扱いやすく、洗うほどに、着るほどに、色合いや風合いの味わいが深まっていくことを計算しています。3年後にはもっと愛着が湧いていると思いますよ。」

名紳士服技能士・令和の定番パンツ 本田三郎 ボトムス 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

28,600

名紳士服技能士・令和の定番パンツ 本田三郎 ボトムス 【ライトアップショッピングクラブ】

楽ながらもきちんと見える“令和の背広" 国内紳士服店の元祖のひとつとされる泉洋服店で修業し、元総理大臣や大物俳優・歌手など数多く知名の士の洋服を仕立ててきた紳士服製造技能士、本田三郎氏。卓越した洋服製造の技能により外務大臣賞を受賞するなど、ビスポークテーラーの泰斗といえる存在です。こちらは、TPOの必要から着るだけではない、快適かつ紳士の装いを格上げしてくれる“日常着"として本田氏が仕立てたジャケットです。「元来、注文服として誕生した歴史を持つスーツは、身体に合わせて仕立てれば一日中着ていても快適なもの。ビジネスシーンにおけるドレスコードのカジュアル化が進むなど、スーツ離れの傾向にある今こそご提案したいのは、日本人男性の体形に合いやすく、楽な着心地でありながらもきちんと見える一着です」と本田氏は話します。最大の特徴は、絶妙なフィット感が得られつつもゆったりと気品に満ちたシルエットにあります。仕立ての全工程を熟知し、一着をトータルで立体的に構築できる本田氏だからこそ、身体が包み込まれるような着心地と、“黄金比"ともいうべき秀麗なシルエットを両立できました。素材に選んだのは、イタリアの名門、ラルスミアーニ社の綿ポリウレタン。特に整理工程に定評のある同社において長年のベストセラーとなっているこの生地は、ストレッチ性があり柔らかな着心地で、ピーチスキン加工を施した薄起毛の滑らかな表情を堪能できます。55年にわたるキャリアをもって本田氏が辿り着いた、端正な見た目と快適性を体現する“令和の背広"を、価値を知る紳士にお届けします。 テーラード技術の粋を“日常着“として愉しむ。 こちらは、脚の部位ごとに最適なゆとり幅を計算して仕立てたパンツ。動きやすく、立ち姿も美しく決まる流行に左右されない仕上がりです。

近江の麻・半袖シャツ/五個荘金堂町・瓦模様 和の匠 トップス 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

16,500

近江の麻・半袖シャツ/五個荘金堂町・瓦模様 和の匠 トップス 【ライトアップショッピングクラブ】

古より伝わる至高の夏素材。近江の自然が育んだ涼美を纏う 近江商人の故郷として知られる滋賀県、五個荘金堂町。江戸時代に近江商人が築いた立派な蔵屋敷が現存するこの町は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、趣ある舟板塀や美しい白壁が往時の面影を今に伝えています。〈和の匠〉は、この蔵屋敷に風格を添える屋根の瓦模様に着想を得て、新たな意匠の半袖シャツをつくり上げました。注目いただきたいのは、手の込んだ精緻な織り柄です。桝目の中で斜めの線が山と谷のように連続する柄は、織り組織の表裏を交互に切り替えながら製織する「昼夜織り技法」で表現したもの。ドビー織機を駆使し、手間をかけて織り上げることで、美しい規則性と立体感のある表情を生み出しています。素材にはリネン(亜麻)の60番手単糸と、ラミー(苧麻)の80番手単糸という、風合いの異なる2種類の麻糸を用いることで、上品な光沢と奥行きのある質感を実現。独特のシャリ感が素肌に心地よく、風を通すような着心地をご堪能いただけます。重厚感のある柄行きに品格が漂い、涼を感じられる一着です。

シルク混デニムの軽やかジャケット 高木織物 アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

40,700

シルク混デニムの軽やかジャケット 高木織物 アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

シルクのよさを最大限に引き出した端正な〝顔〟のデニムジャケットです 国産デニムのルーツともいわれる備中小倉織の織元として、明治25年に創業した〈高木織物〉。厳選した天然素材だけを使い、レピア織機で時間をかけて織り上げることで、従来のデニム観を覆すほど柔らかでしなやかなデニムを生み出します。こちらは、同社オリジナルのシルク混デニムで仕立てたジャケットです。〈高木織物〉の三代目・高木茂氏は、「シルク混のよさを最大限に引き出す混率と製法を追求し、デニムとは思えないほど肌ざわりがよく、端正な“顔"を持ったデニムに仕上がりました」と話します。経糸は、表面をコンパクト加工によって整えた柔らかなスーピマ綿を、緯糸は贅沢にシルクを使用。これを綾目が美しい葛城組織に製織し、さらに毛焼きと水洗いを施すなどの手間をかけてシルク混特有の光沢を引き出しました。その表情は上品で美しく、デニムのカジュアルな印象との絶妙なバランスを形成。ドレスアップの際の一着としても、軽くて柔らかなオーバーシャツのようにもご着用いただける仕上がりです。また、袖口を折り返せばカジュアルに、胸ポケットの袋布を引き出せばチーフになり、より上品に装いを演出できるのもポイント。防縮加工を施しており縮みにくいのも魅力です。ジャケットの新定番として永くご愛用いただきたい一着です。

あたたかウール混ツイードジャケット 善布楽 アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

47,300

あたたかウール混ツイードジャケット 善布楽 アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

裾から覗く"銀座"でさりげなく洒落る 渋沢栄一は数百の企業の設立にかかわった“日本資本主義の父"としても知られています。明治7年には銀座通り沿いにガス街灯が点灯し、東京におけるガス事業が誕生しましたが、この事業も渋沢の手腕により発展したもの。こちらは、そんな渋沢が活躍した文明開化の時代に着想を得た特別な一着です。手がけたのは、和魂洋才をコンセプトにした紳士ウェアづくりをおこなう〈善布楽〉。ウールを主素材としたツイード生地はシックなヘリンボーン柄が銀座の街に似合う端正な雰囲気。しかし特にご注目いただきたいのは、裏地の裾部分。明治時代の銀座の風景を描いたオリジナルのプリントを施しています。ジャケットを脱いだときや風で裾がめくれた際、柄がちらりと覗いてさりげない粋を演出。さらに、裏地の素材には発熱・蓄熱素材「フィールサーモ®」を使用し、防寒対策に配慮しました。ちなみに、「フィールサーモ®」を手がける〈KBセーレン〉も、元を辿ると渋沢が創業に携わった企業から派生しており、現代を生きる私たちの身のまわりに、渋沢の志は脈々と受け継がれているといえます。紳士に相応しい風格を備えながらも、遊び心に溢れるこの一着で、ダンディな着こなしをお愉しみいただけます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク